2017年02月15日

第429回 キュウビズム






文●ツルシカズヒコ



 一九二三(大正十二)年九月一日、関東大震災発生時、平塚らいてう一家は豊多摩郡千駄ヶ谷町九〇五の借家に住んでいた。

 年初から伊豆山の旅館住まいをしていた平塚一家は、この年の四月に帰京、同地に居を定めたのである。


 平塚家にはらいてう、奥村、長女・曙生(八歳)、長男・敦史(六歳)、一家四人が居合わせていた。


 ちょうど昼食の仕度に台所に立って、シチューをこしらえようと肉の罐詰をあけたり、じゃがいもやにんじんの皮を剥いたりしていたときのことです。

 ふと、代々木方面から四、五台の自動車が続いて走ってきたかとおもわれるような地響きを聞きました。

 次の瞬間、その間違いに気づくと同時に……地震と……はっきり知られるほど家がゆれ出したのです。

 まっすぐ立っていられないほどの大揺れで、見る間に本棚の上の置時計や写真立てがころげ落ち、本棚が倒れて、本が飛び散りました。

 襖も障子も外れて、壁土が舞い落ち、一瞬にして家のなかは、滅茶々々になりました。


(『原始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(完結篇)』/大月書店・一九七三年十一月十六日)

noe000_banner01.jpg


 震動が少しおさまったので、らいてうが外に出てみると、あたりの家は軒並み瓦や壁が落ち、門や塀の倒れた家も少なくなかった。

 外に出たらいてうは、余震が続く中、立っていられないので道端の樹の幹に抱きついて身を守った。

 二、三時間すると、市内の勤め先から逃げ帰って来た近所の人々から、らいてうは市内の惨状を耳にした。


 そんな話の間にも、南の新宿の方角の空には、赤黒い煙が大きく広がってゆき、火勢の烈しさを物語るようでした。

 そして、夜とともに、東南の空いちめんが血の色に染められ……。


(同上)


 しかし、らいてう一家の借家は被害が少なく、壁の修理をした後、そのまま住むことができた。





 そのころ、辻潤は母・美津、長男・一(まこと)、愛人の小島キヨ(二十一歳)と、神奈川県橘樹(たちばな)郡川崎町に住んでいた。

 大地震発生時、辻は風呂屋にいた。


 裸形のまま夢中で風呂屋を飛び出して、風呂屋の前で異様な男女のハダカダンスを一踊りして、それでもまた羞恥(ダダはシウチで一杯だ)に引き戻されて、慌てて衣物を取り出してK町のとある路次の突き当りにある自分の巣まで飛びかへつてくるまでの間には久しぶりながらクラシックサンマァン(ママ/クラシックサンチマン)に襲われて閉口した。

 幸い老母も子供もK女も無事だつたが家は表現派のやうに潰れてキュウビズムの化物のやうな形をしてゐた。

 西側にあつた僕の二階のゴロネ部屋の窓からいつも眺めては楽しんでゐた大きな梧桐(あをぎり)と小さいトタン張りの平屋がなかつたら勿論ダダイズムになつてゐたのは必定(ひつぢやう)であつた。

 それから約十日程は野天生活をして、多摩川湯へはいりに行つた。


(辻潤「ふもれすく」/『婦人公論』一九二四年二月号/『辻潤全集 第1巻』 )





 死者行方不明者十二万余の被害をもたらした関東大震災。

 九月二日に東京市に戒厳令が宣告され、三日には東京府全域と神奈川県に、四日には埼玉県、千葉県に拡大された。

「朝鮮人、社会主義者が井戸に毒を入れた」などのデマが流布し、多数の朝鮮人や中国人が警察・軍隊・自警団によって虐殺される中、社会主義者の川合義虎平沢計七など十名が亀戸警察に連行され、習志野騎兵第十三連隊に虐殺されたのは九月三日〜五日だった(亀戸事件)。

 九月二日の朝、近所の川本(かわもと)の原に大勢の人が避難していると聞いた魯庵が様子を見に行った帰りに、大杉の家を訪ねると、大杉はまだ寝ていたのか魯庵の声を聞くと、起きて来た。

「よく家の中に寝たね」

 と魯庵が言うと、

「たいてい大丈夫だろうと度胸を決めて、家の中で寝た。もっとも……」

 と言いながら、大杉は塀の外を指して、

「あそこへ避難所をこしらえておいて、いざとなったらすぐ逃げ出す用意はしていた。アナーキストでも地震の威力にはかなわない」

 と笑った。


 九月の上半は恐怖時代だつた。

 流言蜚語は間断なく飛んで物情恟々(きょうきょう)、何をするにも落付かれないで仕事が手に付かなかつた。

 大杉も引籠つて落付いて仕事をしてゐられないと見えて、日に何度となく乳母車を押しては近所を運動してゐたから、表へ出るとは(ママ)番毎(ばんこ)に邂逅(であ)つた。

 遠州縞の湯上りの尻絡(しりからげ)で、プロの生活には不似合ひな金紋黒塗(きんもんくろぬり)の乳母車を押して行く容子は抱への車夫か門番が主人の赤ちやんのお守をしてゐるとしか見えなかつた。

 地震の当座、私の家の裏木戸は大抵明け放しになつてゐたので、能く裏木戸からヒヨツコリ児供を抱いてノツソリ入つて来ては縁端へ腰を掛けて話し込んだ。


(内田魯庵「最後の大杉」/初出は『読売新聞』一九二三年十月二日〜六日、八日に掲載された「此頃の大杉の思い出」/『思ひ出す人々』・春秋社・一九二五年六月)





 乳母車を押しながら、自宅近辺を徘徊していた大杉は、安成の家にも声をかけて行った。


 野枝さんの叔母さんが福岡へ連れて行つてゐた三番目の子のエマちやんも彼等の懐ろに帰つて来てゐた。

 児煩悩な大杉はその子と四番目のルイズちやんと、二人を乳母車に乗せては、夕方になるとそこらを歩いてゐた。

 そして何時も私の門口から声をかけた。


(安成二郎「かたみの灰皿を前に」/『改造』一九二三年十一月号/『無政府地獄 - 大杉栄襍記』収録時に「かたみの灰皿」に改題)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 01:04| 本文
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(432)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)