2017年02月09日

第426回 ネストル・マフノ






文●ツルシカズヒコ





 一九二三(大正十二)年八月八日、野枝は橘あやめに葉書(官製)を書いた。

 ペン書きで、宛先は「静岡市下二番町一五番地 伴野医院内」。


 転居

 東京市外淀橋町柏木三七一 野枝

 宗坊の病気は大したことはないさうだから心配しずに、御自分の体を大事になさい。

 いづれ勇さんのところへ行つて様子を見てからおしらせしたいとおもひます。


(「書簡 橘あやめ宛」一九二三年八月八日/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)

noe000_banner01.jpg


 八月九日、野枝が長男・ネストルを出産した。


 野枝さんはお産は何時も軽く済んださうだが、今度のネストル君は少し早産で、いつもよりは重いと言つていた。

 早産をしたのは、その二日程前の晩に、縁側でルイズちやんにお湯を使はせて、その盥の湯を庭へ捨てる時、『盥と一緒に庭に落ちて、ドシンと尻もちをついちやつたんだもの』と、野枝さんがあとで笑つて話した。


(安成二郎「かたみの灰皿を前に」/『改造』一九二三年十一月号/『無政府地獄 - 大杉栄襍記』収録時に「かたみの灰皿」に改題)


 当時、大杉は「無政府主義将軍 ネストル・マフノ」(『改造』一九二三年九月号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第二巻』/『大杉栄全集 第7巻』)を執筆中で、ネストルという命名は、この名にあやかったのである。

 この命名についても、安成は書き記している。


 ……名前はついたかと私がきくと、傍にゐた野枝さんに、ネストルにしようかネと、何度目かの相談といふ調子で大杉君が言つた。

 ネストルつて何だときくと、さういふ無政府主義者がゐるんだ、その人のことを此の間書いたからと彼は答えた。


(「大杉君の遺児達」/『改造』一九二四年十月号/安成二郎『無政府地獄 - 大杉栄襍記』)





 魯庵が銭湯で大杉に会ったのは、大杉一家が来訪した四、五日後だった。

 魔子を連れた大杉は、洗粉や石鹸などの七つ道具をそろえて、洗い場で体を洗っていた。

 この子煩悩のお父さんが、官憲から鬼神のように恐れられている大危険人物だとは、番台の娘も流しの三助も気がつかないだろうななどと思いながら、魯庵が表に出ると、湯屋の角の交番で飛白(かすり)の羽織を着た尾行が張番をしていた。


 ツイ眼と鼻の間にをりながら夫(そ)れぎり大杉は来もしなかつたし、私もお産があつたと聞いたが見舞ひにも喜びにも行かなかつた。

 が、大杉は始終乳母車へ児供を乗せて近所を運動してゐたから、能く表で出会つては十分十五分の立話しをした。

 魔子は毎日遊びに来たから全家(うちじゆう)が馴染になり、姿を見せない日は殆んど無かつたから、大杉や野枝とは余り顔を合わせないでも一家の親しみは前よりは深かつた。

(内田魯庵「最後の大杉」/初出は『読売新聞』一九二三年十月二日〜六日、八日に掲載された「此頃の大杉の思い出」/『思ひ出す人々』・春秋社・一九二五年六月)





 一九二三(大正十二)年八月十日から十五日の間のある日、佐藤春夫が日夏耿之介(ひなつ-こうのすけ)と堀口大學と一緒に銀座に出て、尾張町に近いレストラン「清新軒」に入ろうとすると、店から出て来る大杉と遭遇した。

 大杉はヘルメットを被り白い洋服の洋装で、魔子の手を引いていた。

 佐藤は日本を脱出した大杉がフランスから帰国したことは新聞で知っていた。

 しかし、帰国歓迎会の招待状をもらったが出席はしなかった。

 そのせいか、佐藤には大杉がいつもより珍しかった。


「や!」と私は呼びかけた。

 彼は生き生きした血色であった。

 私は言った「ひどく顔色がよくなった。よく肥った。若くなったね」

「うん、健康はいい」

「どこにゐるのーーやっぱり鎌……、いや西巣鴨とか、新聞で見たが……」

「いや、四五日前越した。柏木だ」

 私たちは軽く頭を下げ合って、別別の方向へ歩き出した。

「君が大杉を知ってゐるのは妙だね」と日夏耿之介が清新軒の卓上で言った。

「うん」と私は答へた「僕は十年ほど前から大杉とは口を利く間柄だよ」

 大杉は殺された時、白いリネンの背広服だったと新聞に書いてあった。

 私が最後に逢った時に見かけたあの同じ服装であったのであらう……。


(「吾が回想する大杉栄」/『中央公論』一九二三年十一月号/『佐藤春夫全集 第十一巻』・講談社・一九六九年五月三十日)





●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 23:36| 本文

第425回 柏木






文●ツルシカズヒコ



 安成二郎「かたみの灰皿を前に」(『改造』一九二三年十一月号/『無政府地獄 - 大杉栄襍記』収録時に「かたみの灰皿」に改題)によれば、大杉一家が本郷区駒込片町一五番地の労働運動社から、豊多摩郡淀橋町字柏木三七一番地に引っ越して来たのは、一九二三(大正十二)年八月五日だった。

 この大杉一家の新居の住所は、現在の「北新宿一丁目十六-二十七」である(大杉豊『日録・大杉栄伝』)。

 内田魯庵「最後の大杉」によれば、大杉と野枝が魔子とルイズを連れて魯庵の家を訪れたのは、八月六日だった。

 魯庵と大杉の交流が始まったのは、赤旗事件で入獄していた大杉が出獄したころだったが、ここ数年ふたりは没交渉だった。

 ふたりが最後に言葉を交わしたのは数年前で、銀座で遭遇したふたりは十五分くらい立ち話をした。

 そのとき大杉は野枝と一緒だったので彼女を魯庵に紹介したが、野枝は離れて立っていたので、魯庵にとってこの日の野枝との対面は、初対面のようなものだった。

 突然の大杉一家の来訪は魯庵にとって思いがけないことだったが、家人に二階に通すように言うと、白地の浴衣姿の大杉が現われ、その後に子供を抱いた大きなお腹の野枝と新聞の写真でお馴染みの魔子がついて来た。

noe000_banner01.jpg


 之が魔子で、之がルイゼで、此外にマダ二人、近日お腹から飛出すのもマダあると云つて笑つた。

 以前から見ると面差(おもざし)が穏かになつて、取別けて児供に物を云ふ時は物柔(ものやさ)しく、恁(か)うして親子夫婦並んだ処は少しも危険人物らしくも革命家らしくも無かつた。

『イゝお父さんになつたネ、』と覚えず云ふと、野枝さんと顔を見合はしてアハゝゝと笑つた。

 ……昨日同番地へ移転(ひつこ)して来たと云つた。

 ツイそこの酒屋の裏だと云ふから段々訊くと、近頃まで何とかいふ女医が住んでゐた家だ。

『あの家(うち)は本はお医者さんで、移転(ひつこ)したてに家の塀の角へ看板を出さしてくれとタウルを半ダース持つて頼みに来た、』と云ふと、『そんなら僕も看板を出さして貰はうかナ』と云つた。

『アナーキストの看板ぢやタウルの半ダースぐらゐじや引受けられない』と云つて笑つた。

 魔子は臆面の無い無邪気な子で、来ると早々私の子と一緒に遊び出した。

 野枝さんの膝に抱かれたぎりのルイゼはマダあんよの出来ない可愛いゝ子で、何を云つても合点々々ばかりしてゐた。

 アツチもコツチもとお菓子を慾張つて喰べこぼすのを野枝さんが一々拾つて世話する処は矢張世間並のお母さんであつた。

 エンマ・ゴルドマンを私淑する危険な女アナーキストとは少しも見えなかつた。

『日本ばかりぢや騒がし足りないと見えて、仏蘭西までも騒がして来たネ。雀百まで躍りやまずで、コンナに多勢の子持になつても矢張浮気は止まんと見えるネ』と云ふと、『矢張時代病かも知れない』と大杉は吃りながら云つた。

『夫(それ)でも』と野枝さんは微笑みつゝ、『尾行が申しましたよ。児供が出来てから大変温和しくなつたと。』
 
 大杉が児供を見る眼はイツモ柔和な微笑を帯びて、一見して誰にでも児煩悩であるのが点頭(うなづ)かれた。

 野枝さんも児供が産れる度に、児供が長(おお)きくなる毎に青鞜時代の鋭どい機鋒が段々と円くされたらうと思ふ。


(内田魯庵「最後の大杉」/初出は『読売新聞』一九二三年十月二日〜六日、八日に掲載された「此頃の大杉の思い出」/『思ひ出す人々』・春秋社・一九二五年六月)


 野枝は子供を連れて先に帰ったが、大杉は昼になって迎えが来ても根を生やして、魯庵とあり合わせの昼食を一緒に食べ、三時ごろまで話し込んだ。

 大杉は思想上の立ち入った問題には触れず、フランスでの体験をしゃべった。





 中央線の大久保駅に近い大久保百人町の安成の家と、大杉一家の新居は三丁足らずの距離だった。

 八月二日に白馬山に登山に向かった安成が帰宅したのは、八月七日の早朝だった。

 安成の子供たちはまだ寝ていて、一緒の床に魔子も眠っていた。

 八月四日に野枝が魔子を連れて新居の掃除に来て、魔子はその日から安成の家に泊まっていた。

 八月八日、安成が大杉の新居を訪問すると、大杉は明るい二階の籐椅子に座り、落ち着いた顔で安成を迎えた。

 この日の訪問のことを安成は「二つの死」に記している。

「二つの死」はフィクションの形式で書いているが、安成自身が書いた解説によれば、文中の「杉村」は大杉、「近野」は近藤憲二のことである。





「これはなか/\好い家だね、探し方がうまいからね」と私は笑つて言つた。

「周囲に二階家が少いから、展望がきいて好いよ」と彼も愉快さうであつた。

「家主の方は簡単に行つたのか」

「ああ、近野の名で申込んだが、その時主人が留守だつたので、あとで電話できくと、住む人は近野さんで無く杉村さんでせう、杉村さんならお貸しゝます、といふ狐につまゝれたやうな返事なんだ」

「それは変だね、君のやうな男に好んで家を貸さうなんて、全く狐を馬に乗せたやうな話ぢやアないか、家主は何物かね」

「何んでも新潟県とかに寺を持つてる坊主ださうだが、何にしろ僕は人望があるよ」

 杉村はさう言つて、嬉しがつてゐた。

 裏庭には青桐が涼しさうな広葉を風にそよがせてゐた。

 前庭には大きな石などもあつて、何か四五本の植込みもあつたが、その石の傍に、一本の枯れ松が立つてゐた。

「あの枯れ松が下座敷から見るとそんなでも無いが、二階から見るとバカに目立つよ」

「さうだ、あいつはいけないね、切つて了へア好いぢやないか」

 が、とうたう最後まで、その枯れ松は切らずに立つてゐたのである。

 そんなことに、何かの不幸を予感するには、杉村の気持はあまりに明るかつたし、元々、私達は枯れ松などを担ぎはしなかつたが、やはり人智の及ばない何かゞこの世の中にはあるのかも知れないと、私はあとになつて其の一本の松の木にも心を暗くされたのである。


(「二つの死」/安成二郎『無政府地獄 - 大杉栄襍記』・新泉社・一九七三年十月一日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index




posted by kazuhikotsurushi2 at 19:49| 本文
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)