2017年01月12日

第413回 ポタアジユ






文●ツルシカズヒコ




 大杉を乗せた箱根丸が地中海を航行していた、一九二三(大正十二)年六月五日、第一次共産党事件が起き、堺利彦や荒畑寒村ら主要党員が検挙された。

 マルセイユから箱根丸で帰国の途についた大杉は、ポートサイドから林倭衛に手紙を出した。


 七日、地中海にて 栄

 倭衛兄

 いろ/\有りがとう。

 こんどの旅行では、君のためにすつかり助かつたわけだ。

 他の諸君にもよろしく。

 地中海は実に平穏だ。

 天気はよし、まだあまり暑くはなし、ほんとにいゝ航海だ。

 こんな具合で、ずつと日本まで行つてくれると有りがたいのだが。

 あしたの朝は早くポオトサイドに着く。

 が、上陸が出来ないんなら、どこに着かうと僕の大して係はり知つた事ぢやない。

 いろんなボウイ共が物好半分にキヤビンへ遊びに来る。

 ゆふべも極く若い、早稲田の工手学校を半分でよしたと云ふ男がやつて来て、いろ/\社会主義の質問をして行つた。

 又、御願ひがあるが至急日本に向けて、いつかもお願ひした事のあるフアブルの本を送つてくれないか。

 リオンで買つた筈なんだが荷物をしらべて見たらない。

 帰ると直ぐ翻訳しなければならないものなんだ。

 自叙伝の装ていを忘れるなよ。


(『改造』一九二四年六月号・林倭衛「仏蘭西監獄及法廷の大杉栄」/「大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』「脱走中の消息」/『大杉栄書簡集』一八三 林倭衛宛・一九二三年六月七日)

noe000_banner01.jpg

 
 大杉はコロンボから林に第二信を出した。


 出来まいと思つてゐた上陸がポオトサイドでは出来た。

 が、こんどはコロンボではとても駄目だらうとあきらめてゐる。

 紅海は実に静かだつたが、アデンの沖頃からそろ/\荒れだした。

 それでも、多少船に馴れたものと見えて、ごく弱い僕が二等の食堂の日本人として威張つて来た。

 マルセイユを出ると直ぐ買つた白葡萄酒の一瓶が、まだ半分と少ししか減らない。

 ポオトサイドで買ひこんだ煙草も此の四五日はちつとも減らない。

 けふは大分静かになつた。

 あしたはコロンボだ。

 これで先づ半分。

 六月十九日


(『改造』一九二四年六月号・林倭衛「仏蘭西監獄及法廷の大杉栄」/「大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』「脱走中の消息」/『大杉栄書簡集』一八四 林倭衛宛・一九二三年六月十九日)





 大杉が林に書いた手紙は、これが最後になった。

 林倭衛「仏蘭西監獄及法廷の大杉栄」によれば、林は大杉から七月に無事に帰国したという電報を受け取った。

 大杉のこの電報を受け取ってまもなく、林はリヨンにいるJから、大杉に関与したという理由だけでフランス政府から追放命令を受けたという、手紙を受け取った。

 Jはドイツに落ち延びることになり、林はパリで支那人の仲間とともに彼と晩餐をともにして見送った。

「仏蘭西監獄及法廷の大杉栄」は、こう結ばれている。


 僕は八月十日頃Jの追放された事を大杉に知らせたが、恐らくその手紙は今度の大震災に遭つて紛失したか、或は彼の手に這入らない前に、彼は殺されてゐたらうと思ふ。

 一九二三年 十二月三十日

 巴里にて


(『改造』一九二四年六月号・林倭衛「仏蘭西監獄及法廷の大杉栄」)





 野枝は六月末、大杉の次妹・柴田菊に手紙を書いた。

 宛先は「静岡市鷹匠町三丁目」。

 十ノ廿(二百字詰)松屋製原稿用紙五枚、ペン書き。


 お手紙ありがとうございました。

 ルイズは、もう殆どよくなりました故御安心下さいまし。

 正二さんはいかゞでございますか。

 あやめさんも病院に落ちつかれましたよし安心いたしました。

 しかしあなたの処から遠いのに始終お出かけになるのも、これからのおあつい時には大変でございますね。

 今日、ミートゼリイとスウプを三色ばかり亀屋から送らせました。

 あやめさんはだいぶ好き嫌ひが多いからどうかと思ひますが、持つていつてあげて下さいまし。

 もしお気に召すやうでしたらまたお送りいたします。

 一種類は固形になつて居りますから お湯でとかすのです。

 ゼリイは一寸(ちよつと)冷蔵庫ででも冷やしてから あがる方がよろしいとおもひます。

 これはカルプスの足からとつたので大変滋養にはなります。

 ミイトエキスも、嫌ひでなければ幾種類もありますから送りますけれど。

 スウプはお申し越しのやうにしておつくりになれば 申分はあるまいと存じます。

 一番いゝのは たべてはまづい爪のはえた鶏を骨ごとブツ切りにして御飯を炊くお釜ででもとるのですが、冷蔵庫ででも貯へておくとしても、大変ですからね。

 骨と臓物だけでも かなりにいゝのがとれようと思ひます。

 野菜はなるべくウラごしにしてスープの中に入れてポタアジユにしてあげるとよろしいのですが、キャベヂでもジャガイモでも豆類でも。

 それから鰹節のスープは何よりも胃腸によろしいのですが。

 病院で食物の充分な世話をしてくれないのは本当に困りますね。

 何しろあの体で胃腸が弱くてはとても充分な健康の回復は出来ませんから、極力胃腸に気をつけなければいけませんね。

 胃腸が整つて営養が充分にとれさへすれば、あの位の程度なら、医者の手を借りずとも、ひとりでに、自分で体の調子をとる事を覚へて、なをしてしまへるのです。

 それからあの位の病状では病院に長くゐるのは考へものですから、何卆なるべくいゝ家が早く見つかりますようにお骨をりを願ひます。

 体をいたはるのは必要ですが、あまりに自分の体に臆病になり、自信をもつことが出来ないのも困りものだと存じます。

 とにかくいゝ加減の時機には 自分の意志を働かして 病気に打ち克つてゆくことが大事なのですから。

 胃腸の方が整ひましたら、また送つておあげすることの出来る食物もいろ/\ありますが、今の処では流動食としては何んにも思ひつきが御座いません。

 スープやゼリイならば、いつでもお送りします。

 お気に召したら一寸しらせて下さるやう、序(つい)でにお申添へを願ひます。

 とりいそぎ用事のみ、申しあげます。

 末筆ながら柴田様へ何卆よろしく。

 六月廿五日

 野枝 

 菊子様


(「書簡 柴田菊宛」一九二三年六月二十五日/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)


『定本 伊藤野枝全集 第三巻』解題によれば、「正二さん」は菊の長男、「亀屋」は大杉栄「コズロフを送る」に出てくる「コズロフをお得意にしていた亀屋と云ふ鎌倉の西洋食料品屋」で、当時は長谷に店舗があり、芥川龍之介などもひいきにしていたという、「カルプス」は仔牛のこと( calf の複数形である calves)。




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 01:18| 本文
ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)