2017年01月06日

第409回 似たもの夫婦






文●ツルシカズヒコ




 一九二三(大正十二)年五月十七日、野枝は林倭衛に手紙を書いた。

 日仏間の郵便物は届くまで四十日ぐらいかかったようなので、林が三月末に出した手紙が五月十日ごろ野枝の手許に届き、野枝が返信したと推測できる。

noe000_banner01.jpg


 久しぶりのお手紙拝見。

 三月末リオンからたよりがあつて、それでほぼあなたの消息も分つてゐました。

 でも、お体のいいのは何よりです。

 私もひとりで留守をしてゐる間にすつかり肥りました。

 なか/\お帰りになりさうもないやうですね。

 しかし、帰れる手筈がついたら、つまらなくそちらにゐらつしやるよりは早く帰つてゐらつしやい。

 あなたも、今度はいい事が待つてゐるかも知れませんよ。

 もうお互ひに三十になるのですね。

 一寸(ちよつと)考えますね。

 二、三日前の新聞で見ると、二科会と春陽会で、あなたをひつぱりだこにしてゐるやうですね。

 あなたも、すばらしい人気者になつたわけですね。

 あんまり出鱈目をやらないで描いてゐらつしやい。

 半月ばかり前に浅枝(次郎)さんがひょつこり出て来ました。

『もう七八年目ですね』と云つたら苦笑してゐました。

 あの人も随分フケましたよ。

 びつくりする位に。

 あなたも、今度はちつとは苦労しましたか。

 お金が大ぶ不自由のやうですのね。

 これだけはどうも私共の力の及ばない事ですから、いい知恵も出ませんけれど。

 何にしろ、いやになつたらさつさと帰つてゐらつしやい。

 やっぱり日本人だから、日本での方がいい事が待つてゐる可能性がありますよ。

 若い女の人達も此の一二年の間にびつくりする程キレイになりましたよ。

 私は暫くひつこんでゐましたけれど、今度東京に住んで見てつく/″\さう思ひました。

 あなたのわるい噂なんて、何にも聞きませんよ。

 尤も、パリでは、酒と女とケンカで暮してゐらしたといふ事は聞きましたが、そんな事は格別悪事でもないやうですね。

 私は、あなたが人殺しをしたつて聞いても、別に驚きはしませんよ。

『信じやしないと思ふから』なんて、つまらない事を云つちやいけません。

 あなたがたとへ絵が描けなくなつたつて、どんなになつたつて、私共だけはちやんとあなたを知つてゐます。

 つまらない事を気にするひまに、いいけしきでも楽しんで見てゐらつしやい。

 絵なんか、描けない時に無理に描く事はありません。

 あなたも、一枚のお土産絵を持たずに帰つて来た、なんて事になると一寸痛快ですけれどね。

 やっぱり正直に描かうとしてゐるのでせう。

 Oがメーデーにパリで捕つたという通信が此方の新聞にありました。

 いろんな事情からおして多分本当だらうと思ひますの。

 それで、リベルテール社の方からも何んとか云つて来てくれる事と思つて、実は待つてゐるのですが、何んの沙汰もなし、新聞にも其後なんの通信もはいらないと云ふ事です。

 勿論放還される事と思ひますが、でも、何かの理由で暫くでも牢にでも入れられる事も、ないとは云へません。

 事情がいくらか分るやうでしたら、知らして下さいませんか。

 それと、五月七日に正銀銀行から二百円だけ電報為替でリベルテール社内エイ・オスギとして送りました。

 其の金が本人の手に入つてゐるかどうかを知らして頂きたいのです。

 その金は日仏銀行支払となつてゐます。

 リベルテールは、前とアドレスが違つてゐます。

 あなたがパリにゐらつしやらないとすれば、厄介ですが誰か知人の方にでも頼んで、日仏銀行を調べて貰つて下さい。

 送つて寄越す通信がまるで来ないので、金もなか/\送れません。

 捕つた時には多分無一文だつたのではあるまいかと思つてゐます。

 和田(久太郎)さんも、近藤(憲二)さんも、村木(源次郎)さんも、相変わらずです。

 よそのグループには、どん/\と目まぐるしい変化がありますが、今度の社ばかりは十年一日で、そして皆んな若い/\と思つてゐるうちに、いつかもう三十がらみの者ばかりになつて、若い元気のいい人達から煙(けむた)がられはじめてゐるのです。

 本当に今更ながら、月日といふものは早いものですね。

 今年二十九といふ私共の同年は可なり多いので、今年の暮には、一つ三十代忌避の会でもしようではないかと云ふ相談が持ちあがつてゐます。

 まだなか/\だと思つてゐた三十といふ年が、目の前までおし寄せて来たのです。

 本当にいやになりますね。

 それから、五月中旬に着く筈の伏見丸で、二つの小包がリオンに着きます。

 Oの体の成り行き次第では、その処分もあなたにお願ひします。

 五月十七日(大正十二年)

 野枝


(大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』「消息(伊藤)」/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』「書簡 林倭衛宛 一九二三年五月十七日」)





『定本 伊藤野枝全集 第三巻』の「解題」によれば、浅枝次郎は「関西美術協会研究所の設立者。大杉栄の仏蘭西文学研究会(一九一五年)に林倭衛とともに参加している」。

 近藤憲二は「野枝の素顔」について、こんな回想を残している。


 野枝さんは、礼服はもちろん、よそ行きの着物というほどのものは持たなかった。

 出かけるときにも、着物を着かえているのを見た記憶はない。

 私がそういうことに無関心だったせいだろうか。

 新しい着物をこさえても、それはその日からのよそ行きであり、ふだん着であった。

 髪は無雑作にたばねていただけだったし、白粉をつけたのなど、むろん一度も見たことがない。

 雑誌『青鞜』ごろのいわゆる「新しい女」時代の野枝さんについては知らないのでなんともいえぬが、私の知ってからの野枝さんは、芝居にも映画にも行ったようには思わぬ。

 寄席へ二、三度行ったくらいのものだ。

 三味線が押入れの隅にころがっていたから、そういう趣味はあったらしいが、ひいているのを見たことはない。

 泳ぎは得意だったという。

 郷里今宿の海(福岡県)できたえた遠泳であろう。

 字は、力のはいった男のようなのを書いた。

 負けぎらいの性格がよく出ている。

 きょう五円の金を借りに出かけたかと思うと、あすはどこかへうまいものを食べに行くといった調子で、あるときでも無いときでも、そのとき勝負、そこは大杉と似たもの夫婦であった。


(近藤憲二『一無政府主義者の回想』・平凡社・一九六五年六月三十日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 00:23| 本文
ファン
検索
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)