広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年05月20日

第200回 福岡日日新聞






文●ツルシカズヒコ




 一九一六(大正五)年五月二十日、野枝は『福岡日日新聞』に掲載された「この頃の妾」を脱稿した。

 叔父・代準介に宛てた手紙形式の原稿である。

『定本 伊藤野枝全集 第二巻』「この頃の妾」解題によれば、『福岡日日新聞』のはしがきには、こうある。

「新しい女として知られた雑誌『青鞜』伊藤野枝は五年間の結婚生活を弊履の如く棄て其夫辻潤と二人の子を棄てゝいよ/\新しい女に成り澄ましました。

 斯して彼は何が故に大杉栄の許に走つたか左の一文は其行為に関する内的経過を彼の伯父(※叔父の誤記)なる人に彼女自身書き送つた消息である」。

noe000_banner01.jpg


 お手紙を拝見しますと直に返事を書きたいと思ひながら今日まで失礼いたしました。

 此度の事件の内容は毎日新聞に書きますのに可なり委(くわ)しく書きますが、叔父様には……今迄そのことについて、一口も云つたことはありませんが今夜は少し長く書いて見たいと云ふ気がいたしますから一と通り書きます。

 今更ながら叔父様の寛大なお心に向つては何と云つてよいか分りません。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p385)





 野枝はまず、辻との離婚を考え始めたのは今日この頃ではなく、一年以上前からだったと書き始めた。

 辻には天分があり、今日の自分があるのは彼の助力があったからであり、感謝していたからこそ、野枝はいろいろな苦労を忍べたのだった。

 別れた今となっても、天分を発揮して偉くなることを望んでいると辻への心情を述べた。

 世間も上野高女もそう見なかったが、辻とは家出をするまで肉体関係はなかったこと。

 辻の望みは野枝の天分を伸ばすことにあり、野枝自身もそのつもりだったこと。

 義侠心により辻が失職し、野枝が責任を感じたこと。

 そして生活の窮乏に直面したことなど、順を追って書き進めた。


 ……私が青鞜を引き受けて多少の名を出すやうになりますまでの三年間と云ふものは、それは、お話するさへはづかしいやうな、境遇に居りました。

 母を他所にあづけて、私達二人、丁度一(まこと)坊がおなかにゐます頃、芝の或る家の二階を借りて居りました時分など、私が青鞜の編輯をしてとる、十円ばかりの金の他には何の収入もなくなつて僅かな書物まで売りつくして四ケ月と云ふもの、パンで生活したやうな、みぢめなことさえありました。

 けれども、私たちはそれでも決して失望するやうなことはなくて、一生懸命に勉強し励まし合ひました。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p386)





 そのうち野枝は徐々に名が知られるようになったが、引っ込みがちの辻にはなかなかその機会がめぐって来なかった。

 世間は野枝を褒める一方で辻を蔑視するようになり、野枝は意気地なしの夫に仕えているという風評が立ち、それは野枝にとっても屈辱であった。

 野枝は夫が失職した原因が自分にあると責任を感じていたし、嫁が働き息子に収入がないという状況は姑にも嫁によけいな気を使わせていた。

 義母は息子に働くことをすすめたが、野枝は辻に不本意な仕事でわずかな金を稼ぐことより、自分をしっかり保ち世に名を出してもらいたかった。

 しかし、辻は野枝のそういう願いを冷たい顔で受けるようになった。

「俺はどうせ駄目なのだ」と言っては、自分の才能を隠し強いて下らない人間のように振る舞うようになった。

 辻の才能が世間に認められさえすれば、野枝の侮辱は雪(そそ)がれるはずだった。

 野枝は辻が嘲笑され軽侮される屈辱に耐え、辻をかばい続けたが、辻は野枝が望むような方向から外れていくばかりだった。

 そのうち家の全生活を野枝が背負わざるを得ないようになった。

 一方で野枝も自分のことも考えねばならない大切な時期でもあった。





 私にとつては今、一番大切な時なので御座います。

 今、お調子にのつてうか/\してゐれば、私はそれでもうお仕舞なのです。

『少し何か出来ると思つたけれどあれつきりなのか』と、見捨てられなければならないのです。

 それを考へますと、私はどうしても三十くらいまではまだ/\人一倍の勉強をしなければならないのです。

 殊に、学校を出たまゝの私には、何の智識もないのです。

 組織的な勉強などは何にもしないのですから、本当に心細いのです。

 私は本当に、何故、こんなにはやく結婚生活にはいつたかと後悔ばかりしました。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p387)





 子供ができてから、義母は野枝にいい母であること、いい主婦であることを望んだ。

 子供は可愛かったが、自分を捨てることもできなかった。

 そのうち家事も仕事も中途半端にしかできなくなった。

 野枝は家族のために犠牲にならなければならない状況に追いこまれた。


 私がいまのまゝでゐては、とても、もう働くことも出来なくなつて仕舞ふことは解りきつてゐます。

 何故なら、あの女はもう駄目だ、いゝものは書けないと云ふことになりまりますから。

 本当に考へなければならなかつたのです。

 けれども私は子供の愛や良人の愛に引かされて一刻でもこのことを考へることを避けやうとしてゐました。

 けれども叔父様も既に御承知と存じますが彼の女と、辻の間に妙なことがありましたときは私はすべてをすつかりあきらめて、此度を機会にして一人で生活したいと思ひました。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p388)





 野枝が別居の話を辻にすると、辻はどうしてもそれを許そうとはしなかった。

 野枝が流二を妊娠中でもあり、話はそのまま進展しなかったが、以後、野枝と辻のふたりの生活は少しも潤いのあるものではなくなった。

 野枝は二月に大阪に向かったと書いている。

 代準介のところに金策に行ったようだが、このとき野枝は代に辻との別居のことを切り出すことができなかった。


 けれども、私が、大阪で八十円の金をこしらへるのにどの位つらい思ひをしたかと云ふこと、それからまた、あの叔父様に、あんな苦しいお金まで拝借したことを、話しませうと、大急ぎで帰りましたら、叔父様、まあ何と云ふことでせう、辻は私がたちました夜、お友達を誘つてお酒をのんだり、それから私と一緒になつてからは遂に行つたこともない吉原などへ行きましたさうです。

(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p388)





 野枝はそれを咎めはしなかったが、野枝の友達は野枝に泣いて別れるように忠告した。

「あなたのようなお人好しはない、あなたは馬鹿だ」と言って怒った。

 このまま家庭生活を続ければ、自分の持つている天分を殺してしまわねばならないと思った野枝は、家を出る決心をしかけた。


 丁度そのとき、私は大杉栄、と云ふ人ーー一二度位は叔父様にお話したことがあるやうにも思ひますが現在の日本で社会主義者の第一人者です、ーーに会ひました。

 ずつと前からよく知つて始終遊びに来てゐましたが、そのとき丁度会ひました。

 その人には前から尊敬をもつてゐますし、向ふでも、私を大変に認めてくれましたのでいろ/\なことを話し合つてゐました。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p389)




 野枝と大杉はお互いの家庭のことも話題にした。

 大杉は近いうちに妻と別居することになるだろうと言った。

 そして、妻が自分の仕事に理解のないことなど不満を並べた。

 野枝も自分の家庭のことを少し話した。


 さうして勉強したいと云ふことも云ひました。

 氏は私のこの頃の生活に不安をもつて見てゐること等も話してくれました。

 そうして、私はどうしても大杉氏に引きよせられてゆくことを感じ出しました。

 これからはこの人を頼つて勉強するよりいゝことはないとおもひました。

 大杉氏が、私の将来にかけてゐる望みと、私が大杉氏の事業に向つて持つてゐる渇仰(かつぎょう)と同情が当然今のやうな関係にならなければならないと云ふことは、大杉さん及び私を知つてゐる人達は早くから云つてゐたことださうです。

 私丈けはそれに気がつかずにゐました。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p389)





 野枝は大杉とそういう妙な関係になった時点で、辻とは別れる決心がついたが、大杉との関係ができたから辻と手を切ったという世間の誤解を避けるために、一旦、大杉との関係を絶ち、まずは辻との別居を決行しようとした。

 野枝は大杉に対する自分の感情を辻に話し、さらに野枝、辻、大杉の三人で話したこともあった。

 大杉は野枝が自分の思想や事業のパートナーになってくれることを長い間望んでいたとも言った。

 野枝は苦しんだ。

 大杉との関係にはひとまず距離を置き、自分の感情を冷静に判断する時間を持ちたいと考えていたからだ。

 大杉も野枝が苦しんでいるのを見て、野枝への愛を諦めようとして苦しんでいた。

 野枝は大杉のその苦しむ顔を見て、ついに大杉の愛を断ることができなくなったという。





 さうして私はこれから、大杉氏の伴侶として、勉強することを決心しました。

 さうして、私はそれを直(すぐ)に辻に話して、直ぐにその次の日に家を出ましたのです。

 私の思つたとほりに世間ではいろ/\なことを云ひ出しました。

 誰れ一人として本当のことを云つてゐる人はありません。

 大杉氏は卅二(さんじゅうに)、外国語学校仏語科出身、夫人は四十堀保子と云ふ方です。

 もう一人の女の人は津田英学塾出身神近市子、この間まで東京日々の記者をしてゐました、私が大杉氏に就いて持つ心持は単なる愛と云ふものよりはもう少し違つた指導者と云ふやうなことを考へさせられて居ります。

 私は勿論もう、結婚生活と云ふものゝ中にはいることは出来まいとおもつて居ります。

 これから本当に一生懸命に勉強をしたいとおもひます。


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p390)






 子供については、どこか預けられるところを探していると野枝は書いた。


 ……こちらで駄目のやうだつたら九州にに連れてゆかうとおもつてゐます。

 叔父様にはぜひお目に懸りたいとおもひます。

 近いうちに、大阪の方へもゆくことにいたします。

 何しろ、子供の事がどうにかならないうちは誠に困りますので一寸(ちょっと)動けません。

 叔母上様にもよろしく、早岐(はいき)の皆さまおさはり(※ママ)は御座いませんか嘉代子様さぞお可愛ゆくおなりのことゝと存じます。

(五月二十日夜記す)


(「この頃の妾」/『福岡日日新聞』1916年6月4日・6月6日・6月9日/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p390)


 嘉代子(一九一四年生)は代千代子の長女である。



★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)





●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 20:07| 本文

第199回 私達の関係






文●ツルシカズヒコ




 一九一六(大正五)年五月九日。

 麹町区三番町の下宿、第一福四万館で夕飯をすませた大杉に、堀保子からすぐ来てくれという電話がかかってきた。

 大杉が四谷区南伊賀町の保子の家に行くと、何か用事があるわけではなかった。

 保子は涙ぐんでいた。

 大杉は野枝の生い立ち、気風、嗜好などいろいろ保子に語った。

 保子に野枝に対する親しみを持たせたかったからだ。

 大杉はすぐ帰るつもりだったが、泊まった。

 翌朝起きてからも、ふたりはしんみりといろいろ話した。

 大杉は保子について野枝にこんなふうなことを書いている。

noe000_banner01.jpg


 保子は無学な女だ。

 しかし、生じつか学問のある女よりは、余程よく物の分る女だ。

 しかし、保子の今の地位は、僕やあなたや神近の事に就いてとなると、保子をして殆ど一切の事に盲目ならしめてゐる。

 あれ程しつかりした女が、只だ自分のゐる地位のために、こんなにまで眩まされようとは、一寸思ひがけなかつた。

 あなたが保子と会つて十分話しして見たいと云ふのは、あなたの心持に於ては、甚だ結構な事だ。

 けれども僕にはまだ、其の結果が恐い。


(「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月九日夕/『大杉栄全集 第四巻』_p614~616)





 五月十日、昼すぎに保子の家を出た大杉は、馬場孤蝶のところに寄り、夜の十一時までおしゃべりをした。

 深夜、下宿に帰ると野枝からの二通の手紙が来ていた。

 二通とも六銭ずつの料金不足だった。

 神近からの手紙も来ていた。

 神近は五月いっぱいで東京日日新聞社を退社するという。





 五月中旬、大杉は再び野枝に会うために御宿に行き、五月二十七日まで滞在した。

 大杉が上野屋旅館に来たとき、野枝は安成から依頼された原稿を執筆中だった。

『女の世界』六月号に掲載された「申訳丈けに」である。

 大杉との関係について「申訳丈けに」の末尾で、野枝はこう書いている。





 大杉さんとの愛の生活が始まりました日から、私の前に持つてゐた心持がだん/\に変つて来るのが、はつきり分りました。

 前に云ひましたような傲慢な心持で、保子さんなり、神近さんのことを考へてゐました私は二人の方のことを少しも頭におかずに大杉さんと対していることに平気でした。

 さうして私がその自分の気持に不審の眼を向けましたときに、また更に違つた気持を見出しました。

「独占」と云ふ事は私にはもう何の魅力も持たないやうになりました。

 吸収する丈けのものを吸収し、与えるものを与へてそれで、お互ひの生活を豊富にすることがすべてだとおもひましたときに、私は始めて私達の関係がはつきりしました。

 例へ大杉さんに幾人の愛人が同時にあらうとも、私は私丈けの物を与へて、欲しい丈けのものをとり得て、それで自分の生活が拡がつてゆけば、それでずん/\進んでゆければ私にはそれで満足して自分の行く可き道にいそしんでゐられるのだと思ひます。


(「申訳丈けに」/『女の世界』1916年6月号・第2巻第7号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p380/安成二郎『無政府地獄 - 大杉栄襍記』_p111~112 ※「申訳丈けに」は『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』では、冒頭と末尾の安成二郎宛ての手紙分の部分をカットし「『別居』に就いて」と改題し収録されている)



★『大杉栄全集 第四巻』(大杉栄全集刊行会・1926年9月8日)

★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)

★安成二郎『無政府地獄- 大杉栄襍記』(新泉社・1973年10月1日)

★『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』(大杉栄全集刊行会・1925年12月8日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 19:54| 本文

第198回 金盞花 (きんせんか)







文●ツルシカズヒコ



 五月八日、野枝は午前中に十枚ほど原稿を書いた。

 午後は流二のお守りをして過ごした。

 前日の嵐がひどかったので、別荘の掃除が大変だと言って、婆やが午後から暇をもらったからである。

 この日の御宿の夕方は風がなく、野枝が御宿に来て初めての静かな夕方だった。

 妙に憂鬱になった野枝は支店のおかみさんを呼んで、女中たちと一緒にお酒を飲んで騒いでみたけれど、少しも酔えず、気がめいるばかりだった。

noe000_banner01.jpg


 今もう一時近くですが……あなたの事ばかりが思はれて仕方がないのです。

 今頃はいい気持に眠つてゐらつしやるでせうね。

 私がかうやつてあなたの事を思つてゐるのも知らないで、憎くらしい人!(八日夜)


「書簡 大杉栄宛」一九一六年五月九日・一信/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p361/「恋の手紙ーー伊藤から」/『大杉栄全集 第四巻』)





 五月九日、この日の御宿は野枝と大杉が勝浦へ行った日(五月五日の可能性が高い)のような、いいお天気だった。

 野枝は午前中、大杉宛ての手紙を書いた。


 私達のことが福岡日日新聞へも九州日報へも出たさうですよ。

 板場の話しではにも出たさうです。

 大ぶ騒がれますね。

 何んだか、何を聞いてももう痛くも痒くもありませんね。

 隅から隅まで知れた方がよござんすね、面白くつて。

 辻と二人の間こそ少しは自由でもあり、可なり意識的に考へる事も出来ましたけれど、其他の私の五年間の生活は……本当にいやになつて仕舞ひます。

 自覚どころの騒ぎではなかつたんです。

 まあ本当にどうしてあれでいい気になつてゐたかと思ふのです。

 あなたは私のさうした暗愚を見せつけられながら、どうして嫌やにおなりにならなかつたのでせう。

 私はそれが不思議で仕方がありません。

 本当に私はあなたによつて救ひ出されたのです。

 そして、まだこれからだつて一枚々々皮をはいで頂かなくてはなりません。

 これからは真直ぐに歩けさうな気がします。


「書簡 大杉栄宛」一九一六年五月九日・一信/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p361~362/「恋の手紙ーー伊藤から」/『大杉栄全集 第四巻』)


『定本 伊藤野枝全集 第二巻』の解題によれば、『九州日報』(五月一日)には「伊藤野枝の家出ーー新しい恋人の許へ」という記事が掲載された。





 手紙を書き終えた野枝は、浜に出てみた。

 浜には人が大勢出ていて、一昨日(五月七日)の嵐で浜に打ち上げられたカジメなどを、みんなで獲っていた。


 皆な裸で海の中に飛び込んであげているのですよ。

 女も男も夢中になつて。

 それから帰つて、あんまりいいお天気ですから、ひとりで夕影の松の所に行つて見ました。

 そして、帰りに下のお寺金盞花(きんせんか)が綺麗に咲いてゐましたので、それを買つて来てさしてゐましたら、安成さんがゐらしたのです。


「書簡 大杉栄宛」一九一六年五月九日・二信/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p364/「恋の手紙ーー伊藤から」/『大杉栄全集 第四巻』)





 安成はこの日(五月九日)、両国橋駅発午前八時の汽車に乗り、御宿駅に着いたのは十一時二十分だった(安成二郎「御宿行」/『女の世界』1916年6月号/堀切利高『野枝さんをさがして』_p54)。

 上野屋旅館に着いた安成は女中に名刺を渡し、野枝に取り次いでくれるように言った。

 安成の名刺を見た野枝は当惑した。

 野枝は当初、取材に応じることも原稿を書くことも断るつもりだったが、安成の原稿依頼に応じた。

 野枝は「申訳丈けに」の冒頭で、原稿依頼に応じた理由を安成へ宛てた手紙文の形式でこう書いている。


 ……それでもあんな、いやな汽車に四時間も揺られながら、わざ/\お出になつたと云ふこと丈(だ)けでも、何だか、お断はりすることが、大変むづかしいやうに思はれました。

 さうして少しお話をしてゐます間(うち)に、『仕事で来た』とお断りになつた程、あなたは記者商売の人達のもつ熱心さと執拗さを少しもお見せにならないで、どうでもよくはない癖に、どうでもいゝやうな顔をしてすまして、お出になるのが、単純な意地つ張りの私には、大変うれしかつたのです。

 それでとう/\書くことを承知致しました。


(「申訳丈けに」/『女の世界』1916年6月号・第2巻第7号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p373/安成二郎『無政府地獄 - 大杉栄襍記』_p102 ※「申訳丈けに」は『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』では、冒頭と末尾の安成二郎宛ての手紙分の部分をカットし「『別居』に就いて」と改題し収録されている)





 安成は三時の汽車で帰った。

 安成が帰ってから、野枝はこの日二通目の大杉宛ての手紙を書いた。


 今、安成(二郎)さんがお帰りになつたところです。

 あなたのけんかの話を伺いました。

 どうしてそんな乱暴なことを事をなさつたの。

 堺さんまでひどい目にお合はせになつたのですつてね。

 虫の居所でも悪かつたのですか。

 野依さんは何を云つたのですか。

 何だか気になりますわ。

 私の名も出たんですつてね。

 何んだかお目にかかつてお聞きしたいやうな事が沢山ありますわ。


「書簡 大杉栄宛」一九一六年五月九日・二信/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p363/「恋の手紙ーー伊藤から」/『大杉栄全集 第四巻』)





 安成に会ったことにより、野枝の堀保子に対する考え方に変化が生じた。


 ……保子さんのことを昨日の手紙に書きましたが、あれは取消しませう。

 今日、安成さんから少しばかりお話を伺ひました。

 私の想像してゐる方とは大ぶ違うやうですから。

 もしさうでしたら、会ふだけ無駄だと思ひますから。

 本当に平凡な理窟ですけれど、神近さんと云ひ保子さんと云ひ私と云ひ、ただあなたを通じての交渉ですから、あなたに向つての各自の要求がお互いにぶつかりさへしなければ(何だか他に云ひ方があるやうな気がしますが)皆なインデイフアレントでゐられる筈だと思ひます。

 けれども、私はまだ恐れています。

 今、私があなたの愛を一番多く持つてゐると云ふ事に、自分の安心があるのではないかと云ふ事を。

 絶えずさう思つて注意してゐますけれど、今のところでは、別にそんな感情を少しも混つてゐないやうですけれど、その反省だけは怠らずに続けてゐます。

 あの松の木の下ではもつと/\種々(いろいろ)な事を沢山考へてゐたのですけれど、思ひ出せなくなりました。

 また思ひ出した時に書きませう。

 さびしいからお手紙だけは書いて下さいね、毎日。

 お願ひします。

 では左様なら。


「書簡 大杉栄宛」一九一六年五月九日・二信/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p363~365/「恋の手紙ーー伊藤から」/『大杉栄全集 第四巻』)



★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)

★『大杉栄全集 第四巻』(大杉栄全集刊行会・1926年9月8日)

★安成二郎『無政府地獄- 大杉栄襍記』(新泉社・1973年10月1日)

★『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』(大杉栄全集刊行会・1925年12月8日)

★堀切利高編著『野枝さんをさがして 定本 伊藤野枝全集 補遺・資料・解説』(學藝書林・2013年5月29日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 16:17| 本文

第197回 カンシヤク玉






文●ツルシカズヒコ


 五月八日の夕方、読売新聞社を訪れた大杉だったが、荒川義英も同社に来ていたので、大杉、土岐、安成、荒川の四人は一緒に社を出た。

 すると一行は道で荒畑寒村に遭遇した。

 ともかくみんなでカフェ・ヴィアナに入った。

 いろんな話のついでに、野依秀一の話になり、彼を呼ぼうということになった。

 当時の野依は二年前に起こした愛国生命保険恐喝事件の保釈(仮出獄)中の身だったが、不謹慎活動により禁固4年の実刑が確定し豊多摩刑務所に入る直前だった。

 大杉と野依は一年ほど前から絶交状態だった。

noe000_banner01.jpg


 野依が仮出獄で出獄し、更に新しい事件が始まった時、荒畑や僕などと交際してゐては、裁判官の心証を悪くするからと云ふので、僕等二人に自分の社への出入をことわつて来た。

 其時の向うの出かたが少々シヤクにさはつたので、その後、堺(利彦)を介して二度ばかり和解を申込んでも来たが、こちらでは不承知でゐた。


(「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月九日夕/『大杉栄全集 第四巻』_p611)


 野依が入獄するまで十日ほどしかなかったので、大杉は野依と直接会って話をつけようと思ったのである。

 安成が野依に電話すると、野依は木挽町の待合・野澤家を指定してきたので、土岐を除いてみんなでそこに行った。

 野澤家では松本悟郎、堺利彦も加わり会食、懇談した。

 この席で大杉が荒れた。





 だが、とうたうしまひに、僕のカンシヤク玉を破裂さす言葉が、野依の口から出た。

 あいつ、人を侮辱する事を平気でやれる人間なのだ。

 殴つて、蹴つて、うんと罵倒して、それで謝らして漸く少々の腹いせが出来た。

 皆んなはアツケラカンとして、只だ黙つて見てゐた。

 所が、再び叉、僕のカンシヤク玉を破裂さす事にぶつかつた。

 それは例の堺(堺氏をそこへ呼んだのだ)の冷笑だ。

 いきなりコツプを額にぶつけた。

 向うでも徳利をほうつた。

 皿が飛ぶ、ぼんが飛ぶ。

 遂に二人は起ちあがつたが、其の間に座つてゐた二三人に抱きとめられて了つた。

 芸者共も女中共も、ビツクリして逃げ出した。

 堺はすぐ帰つた。

 堺と僕とのイキサツは、『生の闘争』の中にある「正気の狂人」以来の、叉いつもあの意味の事なのだ。

 いつかも、矢張り同じやうな事で、平民講演で口論した。

 それが遂に、此処までに進んで来たのだ。


(「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月九日夕/『大杉栄全集 第四巻』_p611~612)






 夜も更け、午前一時近かった。

 他の皆は帰ったが、大杉と野依は野澤家に泊まった。

 大杉にとって、待合に上がるのはこれが初体験であった。

 野依秀市『人物は踊る』によれば、大杉と野依が喧嘩になったのは、野枝のことが原因だった。





 ……野枝が或る日私の社に訪ねて来て、原稿を買つてくれないかと云ふ話なのである。

 ……まあ考へておきませうが多分駄目でせうと云ひ、そのついでに大杉といゝ仲になつてゐるので多少ひやかしの気分も交へて……何か多少話した。

 その話の中に野枝にとつて面白く思はれないことがあつたと見え、それを大杉に野枝が話したものと思はれる。

 そこで大杉が自分のイロ女をひやかされたといふやうなことで含むところがあつたので……そこで原稿一枚一圓五拾銭位としても七八十圓になるやうな計算になるので、そこで大杉が、君は野枝が行つた時にからかつておき乍ら大事な原稿は買はないぢやないか、だから七八十圓出せというやうな言ひ掛りを言つて、私がそれを拒絶したので腕をふり上げたといふことになつたのである。

 つまり大杉としてはイロ女に対して、色男の強さをわれ/\の前で見せつけたかつたのであらう。


(野依秀市『人物は踊る』_p)


『人物は踊る』によれば、野沢家に泊まったのは大杉、荒畑、野依の三人で、大杉と野依は握手をしてその夜のことは水に流したという。



★『大杉栄全集 第四巻』(大杉栄全集刊行会・1926年9月8日)

★野依秀市『人物は踊る』(秀文閣書房・1937年1月)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:24| 本文

第196回 豆えん筆






文●ツルシカズヒコ



 大杉栄、堀保子、神近市子、伊藤野枝ーー当事者たちに会って、今回の騒動の真相を知りたいと考えたジャーナリストがいた。

『女の世界』編集長の安成二郎である。

 安成の視点は新聞記事から一歩踏み込んだ、雑誌ジャーナリズムの視点だった。

 安成は大杉が保子という正妻がありながら、神近という愛人を持ったことにはジャーナリストとしての関心はほとんどなかったが、野枝の出現にもかかわらず大杉と神近との関係が途絶えていないあたりに、なにかこの事件の「核心」を嗅ぎつけたのだった。

 そして、辻潤の妻であり二児の母である野枝が、夫と子供を捨てて正妻がいてかつ愛人もいる大杉の許に走ったという事実。


 ……其の家出はノラの家出よりも或る点に於て重大な意味の存在する事を思はざるを得なかった。

 此の考が僕の職業に対する考と結びついたのである。


(「大杉栄君の恋愛事件/『女の世界』1916年6月号/安成二郎『無政府地獄ーー大杉栄襍記』_p58)

noe000_banner01.jpg


 一九一六(大正五)年五月七日、安成は久しく会っていなかった大杉に電話をかけた。

 この日は平民講演会があるというので、安成も行ってみることにした。

 夜七時から牛込区横寺町の芸術倶楽部の洋貸室で平民講演会が催されたが、大杉の準備不足のために雑談になった。

 大杉の準備不足は、御宿に行き野枝と会っていたからだった。

 大杉に会いに来た安成は、保子に対する大杉の気持ちを『女の世界』に書いてほしいと用件を伝えたが、大杉は断った。

 それはともかく、会場に神近が来ていることに安成は驚いた。

 会は夜十時に閉会になった。

 安成は大杉、神近と大杉が下宿している麹町区三番町の第一福四萬館に行き、ふたりから話を聞いた。





 翌五月八日、安成は東京日日新聞社を訪れ、神近から二時間ばかり詳しい話を聞いた。

 五月八日正午ごろ、中村狐月が大杉を訪ねた。

 大杉と狐月の間にひと悶着起きていたからである。

 五月五日、五月六日の『読売新聞』「読売文壇」欄に、中村狐月が「幻影を失つた時」を書き、個人名は出していないが、糟糠の妻を捨てた大杉と妻に愛着のある夫を捨てた野枝を真っ向から非難した。


 ……一人の男が、他の一人の男と共同生活を為(し)ている女を伴(つ)れて行く場合に、其女と男との同意を得なくして伴れて行く時には、全然掠奪者の行為である。

 同じ如(やう)に女が愛着の有る男と生活して居る場合に、他の女が其男を伴れて行くことも惨忍である。

 其れにもかゝはらず新しく恋の成り立つように見える男と女が、其等の愛着して居る人間に、苦悶と悲痛とを負はしめて去るならば、明かに其等の人間は、道徳的でも、共生的でも、人情的でもなく、多数の人間の許す可らざる敵である。


(中村狐月「幻影を失つた時」/1916年5月6日『読売新聞』「読売文壇」)


 大杉が野枝に宛てた「大正五年五月六日午後九時の手紙」の末尾に書いてある「狐月は『幻影を失つた』のだね。余計な幻影などをつくつたから悪いのだ。あきれ返つた馬鹿な奴だ」というのは、この一件のことである。





 大杉はこの一件について野枝宛て書簡にこう書いている。


 狐月と強制妥協して、次ぎの如きハガキを読売へ送るつもりで書いた。

 ●中村狐月氏、去る五、六日、本紙所載『幻影を失った時』中の、某氏及び某女子にあてつけた項は、全く感違ひにつき、其の全部を取消すと。

 しかしまだ読売抄の締切前らしいので、土岐(善麿)へ其の旨電話したら、自分の領分の社会部で取扱はうと云ふ返事だ。

 いたづら者だね。

 又今、二郎が来て、とうたう書くことにした。

 あしたの朝八時の汽車で行くさうだから、此の手紙は持つて行つて貰ふことにした。


(「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月八日午後二時/『大杉栄全集 第四巻』_p609~610)


 この日、五月八日の夕方、大杉は安成と一緒に読売新聞社に行き、土岐の取材に応じてこの件は落着した。


 五月九日の読売新聞社会面(五面)「豆えん筆」欄に、こんなゴシップ記事が掲載されている。


 ……大杉栄君、『幻影を失った時』を読んで大いに抗議を申込み遂にあの文章の中『大杉伊藤両者にアテつけた項だけは全く感違ひに付全部を取消す』といふことにさせたといふが……

 その恋の勝利者大杉栄君もしかし保子夫人に対しては何やら気がすまぬところもあると見えて、安成二郎君が五月の『世界人』に載せた『妻よ、物も言はずにそんなに俺の顔を睨(にら)めて呉れるな、恐い』というウタにひどく共鳴してゐるさうな。


(1916年5月9日『読売新聞』「豆えん筆」)


 狐月は不満があったようで、「豆えん筆」は五月十日には狐月の話を入れて続報している。




★安成二郎『無政府地獄- 大杉栄襍記』(新泉社・1973年10月1日)

★『大杉栄全集 第四巻』(大杉栄全集刊行会・1926年9月8日)



 
●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:07| 本文
ファン
検索
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(209)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!! 2

新品価格
¥1,620から
(2019/1/5 23:38時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。