広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年05月17日

第187回 桜川






文●ツルシカズヒコ




 そして、弥生子はふとあることを思い出した。

 それはつい二、三日前、弥生子の耳に入った野枝が大杉と親密な関係だという噂だった。

 そんなことはありえないと考えていた弥生子は、冗談のつもりで言った。


「あなたはM(※大杉)さんと大層仲のいゝお友達だつてことを聞いてよ。本統ですか。」

「何を云つてるのですかね。下らないこと。」

 一言の許に斯う笑ひ捨てられるのを予期しながら。

 ーーすると結果は意外でありました。

 彼女の青く疲れた顔が瞬時にぱつと赤く染まつて、まごついたような目ばたきをしました。


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p321)

noe000_banner01.jpg


 野枝は弥生子に経緯を話し始めた。

 大杉から愛を告白されたのはひと月ほど前だったが、自分の中にも大杉を愛する芽が育っているのは否定できないと、野枝は語った。

 弥生子はこの別居問題が重大な一事件であることを知り非常に驚き、そして友達の秘密に対する秘かな好奇心も湧いてきた。

 弥生子の目は、先刻、膝の上の子供を見たときのような涙目ではなかった。

 まだ隠されていることがあるーーそれを探ろうとするように、弥生子は野枝の青い顔を見つめ、はきはきした声で聞けるだけのことを聞いた。


「ぢゃ、今度の別居問題はもと/\それに関係して起つた話なのですね。」

「決してそうぢゃありませんの。」


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p322)





 野枝は強く否定し、大杉には長く同棲している妻の保子もあり、神近とも親密であるから、容易(たやす)く彼に「許す」ようなことも決してしていないと答えた。

 弥生子は別居のことは仕方ないとしても、大杉とのことはもっと慎重であるべきだと言った。

 大杉に対する野枝の感情が本物かどうか冷静に判断できるまでには、二年ぐらいの時間が必要だと思った。





「私に忌憚なく批評さして頂けば、あなたの第一の結婚はそんな意味から考へて随分無反省なものだつたと思ひますよ。

 ーー初恋と云ふものはまあ誰もそんなものでせうけれど。ーー

 でも、今のあなたはもうその時の十八ぢゃありませんし、殊に、そんな点には普通の婦人以上に自覚した新しい婦人として立つてゐられるのですからね。

 だいいちあなたの別居だつて、誰のために計画した事でせう。

 皆んなあなた自身の成長のために、もうちつと、しつかりした根柢を造りたいために、面倒な家庭的葛藤を離れるといふのが目的だつたぢやありませんか。

 ね、然うでせう。

 それに恋なんかしてゐる隙があつて?」

 伸子は思ふ通りのことを遠慮なしに云つて笑ひました。

「子供までも一人は犠牲にしやうとしてゐるのぢゃありませんか。

 本統にしつかりしなくちやいけませんよ。

 この際思ひきつてエゴイストにおなんなさい。

 自分自身の成長のために。

 Mさんだつて誰だつて、あなた自身よりも大切なものがあなたにありまして?」

「どうぞ心配しないで下さい。私だつてその事は十分考へてゐのですから。」

 彼女はしほらしい程沈んでゐました。


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p312~323)





 弥生子は大杉の性格や学識については何も知らなかったが、彼が社会主義者の勇敢な戦士であることを思うと、野枝が惹かれたのは彼のその部分であると判断せざるを得なかった。

 そして、それは野枝が辻からは決して得ることのできないものであることも、弥生子は熟知していた。

 弥生子の胸中には三年前の野枝と木村荘太とのラブアフェアのことも浮かんできたーーあのとき野枝が妊娠中でなかったら、どうなっていただろうか?

 野枝に対してそれまで抱いたことのなかったある険しい感情が、弥生子の心中に生じたが、目の前にいる子供を抱いていかにも母親らしい野枝の姿を見ると、弥生子の感情はまたたちまち一転した。

 弥生子はまだ野枝を信じていた。

 野枝になんの罪があろうか。

 まだ若いのだ。

 やっと二十一だ。

 その一事によって許されてもいいはずだ。

 そのとき、座敷から弥生子にお呼びがかかった。

桜川」のシテを務めるはずだった人が不参加になったので、代わりに謡ってほしいという。

 弥生子が迷っていると、野枝も謡うことを勧めた。





「待つてゐますから謡つてゐらつしやいよ。」

 伸子は座敷へ行きました。

 人買ひに身を売つた我子を尋ねて、日向の国からはる/″\迷ひ出た昔の狂女の物語が、今一人の子供を残し、一人の子供を抱いて家を出やうとしてゐる母親のかなしい心持ちに思ひ比べられました。

 同時にそれ程の大事を相談するためにわざ/\尋ねて来た友達を部屋へ置きつ放しにして、大きな声を出して謡など謡ふ気になつた自分が如何にも軽薄のやうに顧みられました。

 待つている彼女に対してすまない気がしました。

 伸子は役をすますと早々に座敷を辷(すべ)り出て元の部屋へ帰りました。

 が、其処に見出した彼女の顔の表情には、その瞬間の伸子の心持とはそぐはない或物がありました。

 彼女は伸子とさし向ひに座つていた先刻よりもずつと晴れ/″\しい様子をして、夕飯代りに出した「重箱」の弁当を甘そうに食べてゐました。

 而して伸子が部屋へ這入つて来るのを見ると、

「あなたの声は本統にいゝ声ね。」

 と誇張した調子で褒めました。

 伸子は厭な気がしました。

 而して思ひました。

「今の大事の場合にこの人は何故あんなお世辞見たいな事を空々しく云へるのだらう。」

 と。

 そう云へば牛込の方へ行つてからの彼女には、世間的にくだけた態度が見えて、調子のいゝ話をしたりする場合のあるのが思ひ合はされました。

 すべてが生活上の弱味から生じた事だらうと思ふと、それも矢張り咎められない気もしました。


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p324~325)





 野枝が帰るとき、弥生子は一緒に門を出て小半丁先の植木屋の角まで見送った。

 星の暗い朧夜(おぼろよ)だった。

 夜の冷えを思って弥生子が赤ん坊の上からかけてやった大きなねんねこにくるまって、停車場の方へとぼとぼ歩いてい行く野枝の後ろ姿を、弥生子は立ち留まって見送った。

 弥生子は友達が臨んでいる大事な転機、これから出逢うだろう険しい道を想い、彼女を愛する心とよき運命を祈る心でいっぱいになった。



★『野上彌生子全集 第三巻』(岩波書店・1980年10月6日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:44| 本文

第186回 謡い会






文●ツルシカズヒコ




 野上弥生子「彼女」によれば、野枝が突然、弥生子に会いに来たのは一九一六(大正五)年の四月下旬のある日だった。

『女性改造』一九二三年十一月号に掲載された、野上弥生子の口述筆記「野枝さんのこと」では、野枝が訪れたこの日を弥生子は「大正五年の三月」(p158)と語っているが、ひとまずここではこの「彼女」の記述に沿ってみたい。

「彼女」の記述から推定すると、この日は四月二十三日と思われる。

 そのころ、野枝と弥生子は以前に比べればだいぶ疎遠になっていたが、友情のこもった手紙の交換は続けていた。

 野枝と辻の夫婦仲が芳しくないという噂は弥生子の耳にも入っていた。

noe000_banner01.jpg


 その日は弥生子の夫、野上豊一郎の友人が野上宅に集まり、謡い会を催すことになっていた。

 井出文子『「青鞜」の女たち』によれば、この日、野上家に集まったのは安倍能成木曜会の常連たちだった。

 日の暮れ方、座敷にメンバーが揃い、初番は豊一郎をシテとした「西王母」だった。

 地頭(じがしら)として家元が来ていたので、堂々たる謡になっていた。

 ちょうどそのとき、野枝が訪れた。


「御免下さい。」

 と云ふ聞き馴れた高い太い声が玄関に聞こえました。

 心待ちにしてゐたので伸子(※弥生子)は自分で出で行きました。

 久しぶりの彼女が格子戸の外に立ってゐました。

「お客様でせう。」

 彼女は大勢の謡ひ声と、明るい部屋々々の灯で、自分が折悪く来た事を感じたらしくありました。

「構ひませんの。……」


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p317)





 野枝が背中におぶっていた生後五ヶ月の流二を下ろし、弥生子が流二を抱きかかえて先に立った。

 下の部屋はみなふさがっていたので、弥生子は二階の自分の書斎で話そうかと思ったが、ちょいちょい用事で呼び立てられるたびに降りて行くのも億劫だったので、野枝を六畳の子供部屋に案内した。

 小型な子供机、お伽噺の本の詰まった書棚。

 壁には飛行機、鉄砲、背嚢、ラケットの類いが雑然と配列された部屋にふたりは座った。


「もういよ/\学校へゐらつしやるのねぇ。」

 本棚の横に、月曜=算術、手工、国語、遊戯と云ふ風に書いて貼り付けられてある小学一年生の長男の時間割を彼女は物珍らしげに眺めて云ひました。

 けれどもそんな呑気な子供の話なぞをし合ふために、今日わざ/\来たのでない事はその顔色が語つてゐました。

 彼女はびっくりする程、やつれ疲れて見えました。

 而して非常に沈んでゐました。

「決心していよ/\別れやうと思ふのですよ。」

 彼女はとう/\持って来た胸の中のかたまりを話し出しました。

「子供はどうする積りなの。」


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p318)





 お婆ちゃんに懐いている一(まこと)は家に置いて、流二を連れて行くつもりだと野枝は答えた。

 先のことを考えればふたりとも連れて行きたいが、そうすると子供の世話で手いっぱいになり自分の勉強どころではなくなるからだ。


「O(※辻)さんはそれでもう承諾なすつたのですか。」

「承諾はしました。でもね、又色んな事を云つて私の決心を止めさせやうとしてゐるのです。でもそんな事はもうこれまで何度繰り返したか知れないのですもの。今となつてどんなことを云つたつて、OはOの道しか行かない事は分つてゐますわ。今思ひきり別れて了ふのはOのためにもいゝのです。」


(「彼女」/『中央公論』1917年2月号・第32年第2号/『野上弥生子全集 第三巻』_p319)





 江戸文化の頽廃した血を受け継ぎ、スチルネルあたりの自堕落なデカダンスの影響を受けた厭世家、かつ精神病者であったという父方の遺伝……。

 辻が己の道を変えないだろうということには弥生子も同意ができた。

 弥生子は辻の吹く尺八の音色を思い浮かべた。

 それはいつも悠々と響いていた。

 家賃が滞って家を立ち退かなければならなくなったときでも、明日のパンを心配しなければならない夕方でも。

 一途に強いもの、美しいものを讃美したがる南国生まれの女の知的に伸びようとする欲望と、辻の厭世的傾向に距離が出てきたのは仕方がないことだとも、弥生子は思った。

 弥生子は辻が起こした「無反省な恋愛事件」も野枝から聞いていた。

 今までよく許し堪えてきたーー弥生子の同情は野枝の上にしかなかった。

 不幸なことだけれども仕方がないーーけれども、野枝の膝の上にすやすやと眠っている赤ん坊を見ると、弥生子は悲しく気の毒に思う心でいっぱいになった。

 弥生子は経済上の援助のこともふくめ、できるだけのことをしてあげたかった。


※「西王母2」※野上弥生子の成城の家


★井出文子『「青鞜」の女たち』(海燕書房・1975年10月1日)

★『野上彌生子全集 第三巻』(岩波書店・1980年10月6日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:49| 本文

第185回 別居について






文●ツルシカズヒコ



 一九一六(大正五)年二月から四月にかけての野枝の心境はどうだったのか。

 野枝が辻の家を出て別居を決行するのは四月末であるが、野枝はそこに到るまでの自分の心中を「申訳丈けに」に書いている。

 五年間の結婚生活は自分に無理を強いるものだったと、まず野枝は書いている。

 辻とふたりだけの生活ではなく、姑と小姑が同居している家庭は、たとえ彼女たちが寛大な人間であっても、野枝にとって忍従を強いるものだった。

noe000_banner01.jpg


 野枝にとって唯一の避難場所は辻であり、辻は信頼のおける避難場所たりえた。

 しかし、一年ほど前に例の不倫事件が起きた。

 一度失くしてしまった信頼を回復することはできなかった。

 野枝は別居を申し出たが、遂行することができなかった。

 ひとつは、種々の情実のため。

 そして自分自身の中に辻との生活に未練があったから。

 苦悩が始まった。





 過去への未練、現在の生活にからみついた情実、肉体に対する執着ーーかつてふたりが軽蔑した、男女関係に自分たちが陥ってしまっていることへの困惑。

 子供の問題もあった。

 自分の経験からして、子供は実の親のもとで育てることだけが幸福だとは言えないが、母親としての本能的な愛もやはりある。

 ともかく野枝は「どうにかしなければならない」という思いが募るばかりだったが、それは絶望ではなく焦慮だった。

 野枝の焦慮は実生活における家庭問題の解決に留まらず、自分にしっくりくる思考を追求していた。





 そこに大杉との接触が生じた。

 大杉との接触を通じて、それまで大杉との関係はフレンドシップ以外の何物でもないと思っていたが、そう言い切ることができない自分の感情があることに気づいた。

 そして、野枝は辻に対する自分の愛に疑いを持ち始め、辻とは別れてもいいという決心をするまでになった。

 しかし、その時点では大杉との関係もあくまでフレンドシップで通すつもりだったので、それを大杉に伝えに行くと、神近もいたので三者で話し合うことになった。

 宮嶋の家での三者会談で、野枝は自分はこの問題についてはしばらく持ち越すつもりだと言った。

 野枝はまず辻との別居を実行し、それから大杉に対する自分の態度を決めたいと考えていた。

 しかし、世間はそう見ないだろう。

 大杉との恋愛が生じたから、辻と別れたーーそう見られるのが必至であることが、野枝は口惜しかった。





 辻との別居は一年も前から考えに考え抜いた末の決断なのだと、辻や彼の家族に理解してもらうためにも、あるいは世間の無責任な風評を封じるためにも、今は大杉の自分への愛を拒み、自分の大杉への愛を封じることしかないと野枝は考えた。

 野枝はその決意を大杉に直接会って伝えることは伝えた。

 しかし、ますます大杉に対する愛は否定できなくなった。

 だが、大杉には堀保子もいる、神近市子もいる。

 野枝は保子と神近がいる以上、大杉との恋愛において自分は前に進めないということも大杉に伝えた。

 夫と子供を棄てた女、そして大杉の妻と恋人から大杉を奪った女ーーやはり、野枝も世間からの圧迫はできうるかぎり避けたかった。





 で私は、打(ぶ)つかる処まで行つて見る気になりましたのです。

 その時の私の気持は私がもう少し力強く進んで行けばその力で二人の人を退け得ると云ふ自惚が充分にありました。

 さうしてさう自分で決心がつきますと非常に自由な気持ちになりました。

 私の苦悶はそれで終りました。

 さうして辻の同意を得てその翌日家を出て仕舞ひました。


(「申訳丈けに」/『女の世界』1916年6月号・第2巻第7号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p379 ※初収録された大杉栄全集刊行会版『伊藤野枝全集』では、前後の安成二郎宛ての手紙部分を除き「『別居』に就いて」と改題して収録されている)
 

 ともかく野枝は世間からどう非難されようとかまわないと腹をくくり、つまり世間に対する虚栄心などきれいさっぱり捨て去り、自分が進むべきところに向かって行く決意をしたのである。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:38| 本文
ファン
検索
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(209)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!! 2

新品価格
¥1,620から
(2019/1/5 23:38時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。