広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年05月11日

第161回『痴人の懺悔』






文●ツルシカズヒコ




『青鞜』六月号「寄贈書籍」で、野枝は木村荘太訳『痴人の懺悔』(ストリンドベルヒ著)と青柳有美『美と女と』を紹介している。


 ストリンドベルヒの自伝の一部で氏の最初の結婚生活を書いたもので御座います。

 この小説は是非誰にも一読して欲しいものと思ひます。

 殊に多くの婦人達に……。


(「寄贈書籍」/『青鞜』1915年6月号・第5巻第6号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p230)

noe000_banner01.jpg


『痴人の懺悔』について、野枝はこう書いたが、野枝はこの小説をいたく気に入ったようで「私信ーー野上彌生様へ」でも話題にしている。

 野枝はそれまでストリンドベルヒの作品をいくつか読んだり、土曜劇場で戯曲「父親」を見たりしたが、彼女はストリンドベルヒの作品を憎悪していた。

 なんとか憎悪の念をもたずに読めたのは「女学生」だけだった。

 しかし、芥川龍之介の遺書でも言及されている『痴人の懺悔』は、野枝のストリンドベルヒ観を一変させたという。


 私は無自覚な無知な女の醜さを染々と見せつけられました。

 一人の女の生活が一瞬にすぎた考へまでが真面目な最も率直な筆で隅からすみまで描き出されてゐます。

 さうして、私自身の中にもさうした、無自覚な、女の習性が沢山うごめいてゐるのを否定する勇気はどうしてもありませんでした。

 さうして私はそれが決して少数に属する特異の女でなく多数を占めた普通の女でしかないと思つたときに、本当に、しみ/″\嫌やな気持になりました。

 さう云ふ女が一ぱいうよ/\世界に充満してゐると思つて御覧なさい、本当に、たまりませんわ……本当に、私ストリンドベルヒと云ふ人を、えらいと思ひましたわ、何と云つても真実なものには叶ひませんのね……。


(「私信ーー野上彌生様へ」/『青鞜』1915年6月号・第5巻第6号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p225~226)





 ところで、『痴人の懺悔』は木村荘太が野枝に寄贈したわけだが、二年前の例の一件でふたりの仲は気まずい関係になってはいなかったのだろうか。

 荘太は野枝にこの本を寄贈した意図を、こう書いている。


 ……私のほうからの和解の意志は、これに篭れというこころを含めて、「青鞜」に送ったら、これはそのころ、野枝の単独経営になっていたその誌上で、全部的に好意のある紹介がされ、そんなふうにしては通じるものがいまはありそうに思われて、明るい気がした。

 あの、それから文学とは遠い生きかたをした女性の書くもののうちにたまたまされた文学者への想起にも、その後ストリントベルグぐらいしかあまりされていなかったのを見たりしたのにも。


(木村艸太『魔の宴ーー前五十年文学生活の回想』/『日本人の自伝18 木村艸太・亀井勝一郎』_p228)





『青鞜』六月号「編輯室より」の野枝の発言を拾ってみる。


 ●毎号々々意に満たないものばかり皆様にお目に懸けなければならないのを本当に残念に思ひます。今月はまた、私の体が重くて少しも思ふやうに動きませんので毎日々々怠けてゐましたので思ふ程の原稿も書けずにこんなうすいものが出来ました。

 ●……一人で私はもがいてゐます苦しくてたまらないのです。私は今年の八月号をやすんで九月の紀念号からすこし変つたものにしたい、もつとひきしまつた、むだのないものにしたいと思つてゐます。

 ●此の頃婦人矯風会の決議で見ますと、六年間を期して公娼を全廃すると云ふやうな項目が見えました。

 ●一寸考へた丈けでも何百年と云ふ歴史をもつた、一つの職業として認められて来たものを、そして必要に応じて存在してゐるものを、さう一朝一夕に根こそぎの止(とど)めをさすと云ふ事が出来得るであらうかと云ふことを考へて見ますと実にそうした決議が滑稽に思へます。 あの人たちがとても六年間で、全廃さすと云ふ確信があるわけではなくたゞさうした熱心さとか意気込みとかを見せる魂胆かと思はれます。 あの人たちが一生かかゝつて或は一代も二代もかゝつて公娼を廃止したとて更に盛んな勢ではびこる私娼をどうするつもりなのだろうと私は思ひます。 私娼の流す害毒は公娼のそれにまさるとも決しておとると云ふことはない筈です。それは明かな事実です。 あの人たちは、もつと根底に横はつてゐるものをとりのぞくことをしないでゐるのです。

 ●この頃の社のさびしさつたらありません。どなたもお見えになりませんのでポツネンとしてゐます。在京の方でおひまの方は少しくお話にお出で下さいまし。


(「編輯室より」/『青鞜』1915年6月号・第5巻第6号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p227~229)





 野枝と公娼についてだが、野枝の妹・ツタが瀬戸寂聴『美は乱調にあり』の中で、興味深い発言をしている。

 ツタは再婚したのだが、その再婚相手は二十七も年上の男で、大阪と下関で廓(くるわ)をやっていた。


「姉は、あんな主義だったけれど、そのことで、私たちの商売をとやかくいったことはありません。 大杉もそうでした。そのかわり、当然みたいにお金だけはとられましたが。下関の私の家へもよく来ました。私の主人は年が年ですし、はじめは、姉や大杉を全然理解せず、つきあうことも嫌ってましたので、私は姉の手紙でいつでも駅までゆき、駅で金をわたして、つもる話をするという方法で逢っていたくらいです。でもしまいには主人もしだいにわかってきて、姉も大杉も出入りするようになりました」

(瀬戸内寂聴『美は乱調にあり 伊藤野枝と大杉栄』_p46~47)


※木村荘太『痴人の懺悔』/国立国会図書館デジタルデータ



★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)

★木村艸太『魔の宴ーー前五十年文学生活の回想』(朝日新聞社・1950年5月30日)

★『日本人の自伝18 木村艸太・亀井勝一郎』(平凡社・1981年12月10日)

★瀬戸内寂聴『美は乱調にあり 伊藤野枝と大杉栄』(岩波現代文庫・2017年1月17日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 11:28| 本文

第160回 堕胎論争






文●ツルシカズヒコ




『青鞜』一九一五(大正四)年六月号は発売禁止になった。

『青鞜』にとっては三度めの発禁である。

『定本伊藤野枝全集 第二巻』「私信ーー野上彌生様へ」の解題によれば、原田皐月が書いた「獄中の女より男に」が「風俗壊乱」だとされたからである。

「獄中の女より男に」は、生活苦のために堕胎した女性の内面を相手の男性に宛てた手紙形式で描いた小説だった。

『東京日日新聞』(六月七日)の「青鞜の発売禁止」という記事には、野枝の談話が掲載された。

 野枝はこの一件について『青鞜』にこう書いている。

noe000_banner01.jpg


 先月号は風俗壊乱と云ふ名の下に発売を禁止されました。

 忌憚にふれたのは原田さんのらしいのです。

 私は少しもそんなことを考へずに、可なりさうした考へが誰の頭にも浮かぶことを思つて立派な一つの問題を提起するものとしてのせました。

 けれども私は不注意な編輯者としてしかられました。

 けれども私は可なりあの堕胎とか避妊と云ふことについて男の人たちの意見は聞きました、けれども女の意見は聞きませんから知りたいと思つたのです。

 今でもその考へはあります。


(「編輯室より」/『青鞜』1915年7月号・第5巻第7号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p247)





 これが発端となり堕胎論争が起きた。

 原田は胎児は自分のお腹にあるのだから、自分の体の一部であり、自分の腕一本切り落とすのと堕胎は同じである、その自由は認められるべきではないだろうかという問題提起をしたのである。

 野枝は避妊はよしとしているが、堕胎は反対の立場である。

 野枝は原田の「獄中の女より男に」を読んだ感想を「私信ーー野上彌生様へ」に書いた。

「私信ーー野上彌生様へ」と「獄中の女より男に」は両方とも『青鞜』六月号に掲載されているので、野枝は原田が書いた生原稿を読んだ後に書いたのである。





 皐月さんは自分の腕一本切つたのと同じだと仰云つてゐます。

 腕は別に独立した生命をもちません、人間の体についてゐてはじめて価値あるものですものね、それを切りはなしたと云つて法律の制裁をうけるやうなことはすこしもないのです。

 ……ところが腕を一本他人のを切つて御覧なさい、それこそ大変ですわ、直ぐ刑事問題になるでせう。

 それと同じですわ、たとえお腹を借りてゐたつて、別に生命をもつてゐるのですもの、未来をもつた一人の人の生命をとるのと少しもちがわないと私は思つてゐます。

 皐月さんはお腹の中にあるうちは自分の体の一部だと思つていらつやるらしいんですけれども私は自分の身内にあるうちにでも子供はちやんと自分の『いのち』を把持して、かすかながらも不完全ながらも自分の生活をもつてゐると思ひます。

 其処に皐月さんの考へと私の考への相異があるのですわね。


(「私信ーー野上彌生様へ」/『青鞜』1915年6月号・第5巻第6号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p223)





 生活の窮迫と堕胎については、実際に窮乏から堕胎するケースがあったら同情するという前提で、野枝は自分が窮乏していたころに出産した体験を踏まえてこう書いている。


 私も子供を産むことを恐れながらとう/\産んだ一人である。

 そうして産まれると云ふことが分つた頃は、一番苦しかった頃であつた。

 私はその頃矢張りあゝした恐ろしい事の空想を幾度か経験した。

 私はどうかして産まれないことを願つた位愚かな考へを持つた。

 私の体の中の他の生命がずん/\育つて気味わるく勝手に動くやうになつても、私はまだどうかして産まれなかつたらと思つた。

 若しも私がその頃決して困つてゐなかつたらそんな考へを起しはしなかつたらうと思ふ。

 何時かはかうした事件が本当に持ち上つて来るであらう。

 いくつも/\。

 考えれば本当にいたましい事である。

 けれども私の考へを云へばこれは疑ひもなく一つの圧迫にまけた事になる。

 罪悪であるとかないとか云ふことを無視して、さうである。

 例えはつきりと子供の上に愛が目覚めなくても何処かにかくれてゐるのだ。

 さうしてそのかくれた力が矢張りその生命に保護を加へてゐる。


(「雑感」/『第三帝国』1915年6月25日・第44号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p239~240)





 野枝はこのとき、一歳半の幼児を持つ母であり、そして第二子を妊娠中だった。

『定本 伊藤野枝全集 第二巻』収録「雑感」解題によれば、『第三帝国』では松本悟朗、『青鞜』では山田わか、らいてうが加わるなどして、堕胎論争に発展した。

 野枝は「私信ーー野上彌生様へ」の中で、一歳半の一(まこと)の子育てについての考えも述べている。


 静かなあなたのやうな方にはそんなことがないかもしれませんけれど私のやうに感情の動揺のはげいし者には殊にかなしい情ない子供に対して申しわけのない絶望の時がちよい/\見舞ひます。

 殊に、ひどくヒステリツクになつてゐる時などに、執念(しつこ)くまつわりついたり何事かねだつたりする時私の理性はもうすこしもうごきません、狂暴なあらしのやうに、まつわりつく子供をつき倒してもあきたりないやうな事があります、けれども直ぐ私は、自分でどうすることも出来ないその、狂暴な感情のあらしがすぎると理性にさいなまれるのです。

 そのかなしい感情をどうすることも出来ないと云ふことが私には情なくも腹立たしくもあり絶望させられるのです。

 そして子供が可愛さうでたまらなくなります。

 子供がそれをどういう風に感受するかと思ひますと、私は身ぶるいが出ます。

 けれどすぐ私はそんな時に思ひます。

 あゝ、私はまた間違つた教育者を衒(てら)はふとしてゐると。

 私のこの突発的な感情を今によく理解させさへすればいゝのだ。

 そのうち子供の方で理解するやうになる、と思ひ返します。

 自分の醜い処を覆はふとするやうな卑劣なまねは子供に見せたくないと思ひます。

 たゞ醜い自分の欠点に対して自覚を持つてゐないと子供に卑しまれると思ひます。


(「私信ーー野上彌生様へ」/『青鞜』1915年6月号・第5巻第6号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p224~225)



★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 11:06| 本文
ファン
検索
<< 2016年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(168)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!! 2

新品価格
¥1,620から
(2019/1/5 23:38時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。