広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月23日

第43回 南郷の朝






文●ツルシカズヒコ






 青鞜社内からも非難され追いつめられた紅吉は、らいてうの短刀で自分の腕を傷つけた。


 いったいどういう激情に動かされたものか、自分を責めようとする激動の発作からか、紅吉は自分の左腕に刃物をあてたのでした。

 厚く巻いた繃帯をほどいて、その傷を眺めたとき、それはわたくしに対して示された、紅吉のいじらしい愛の証しを語るもののようでありました。


(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』_p379)


 と、らいてうは後に淡々と語っているが、らいてうが紅吉に繃帯を取って傷を見せてもらう場面をリアルタイムで書いた文章には、らいてうの紅吉への強い「愛情」が表れている。


「見せて、見せて、ね、見たい。見たい。」

 私の心は震えた。

 ……紅吉は只一人を守らうとする恋の為に私の短刀で……柔らかな肉を裂き、細い血管を破ったのだ。

 私は何でもそれを見なければならない。

 長い繃帯が一巻/\と解けて行く。

 二寸ばかりの真一文字に透明な皮膚の切れ目からピンク色の肉が覗いている。

 もう血は全く出ない。

 私は膓(はらわた)の動くのを努めて抑へた。

 そしてぢつと傷口を見詰めながら、真直に燃える蝋燭の焔と、その薄暗い光を冷たく反射する鋭利な刀身と熱い血の色とを目に浮べた。

「血はどうしたの? すすつて仕舞つた?」

「とつてあります。」

 傷口は石灰酸で消毒された。

 私は又もとのように心を入れて繃帯した。

 私は自分の身体の震へるのに注意した。


(らいてう「円窓より」/『青鞜』1912年8月号・第2巻8号_p80~81)

noe000_banner01.jpg


 そんな折りも折り、結核を発病した紅吉は、茅ヶ崎の南湖院に入院した。

 一九一二(大正元)年七月十四日のことである。
 
 南湖院は日本女子大の校医である高田畊安(こうあん)が経営するサナトリウム(結核療養所)で、らいてうの姉である孝や保持も入院したことがあった。

 地名の南湖は「なんご」と読むが、高田が濁音を嫌い「なんこいん」と命名した。

 保持は青鞜社の仕事をやりながら、南湖院の事務の手伝いなどをしていたので、紅吉の入院中の面倒をみることになった。

 らいてうも茅ヶ崎に来た。

 当時、南湖院の付近には旅館がなかったので、見舞う人や予後を養う人のための貸間があり、らいてうは南湖下町の「良助」という漁師の家に一間を借り、九月発行の『青鞜』一周年記念号を編集することになった。

 そこへ荒木郁が訪れ、『青鞜』創刊の肝いりと言われる生田長江が妻を伴い避暑にやって来た。

 さらに、らいてうの日本女子大・家政科時代からの親友で、尼崎で教師をしていた木村政子も学校の夏休みを利用してやって来た。

 入院中の紅吉も、らいてうが借りている部屋に押しかけてきたので、あたかもその部屋は『青鞜』編集部が移ってきたような賑わいになった。

 紅吉はらいてうのそばにいられる幸福にひたっていた。


 毎日五時頃から紅吉は遊びに行きます。

 食事と診察と深夜(よなか)だけ病院にゐて、あとは、みんならいてうの家で邪魔ばかりしてゐる。

 毎日海岸に寝ころむでゐるものですから真黒になつて丁度「ぐるみ」の様になつてゐます。

 らいてうも紅吉のおかげで大変に日に焼けました、東京に帰つたらきつとみんなが驚くでしよう。

 今こんな暑ついのに毎日一生懸命に一葉全集を読むでゐます。

 その内になにか書くつもりなんでしょう。


(紅吉「南湖便り」/『青鞜』1912年9月号・第2巻9号_p223)


 らいてうが一葉全集を読んでいたのは、『青鞜』十月号に寄稿した「女としての樋口一葉」の原稿を執筆するためだった。





 そうしたある日、生田先生御夫妻を誘ってみんなで馬入川(ばにゅうがわ)の河口に出かけ、船遊びや釣りをたのしんで半日を賑やかに遊びました。

 その日、南郷(馬入川が海へそそぐ河口あたりの地名)の弁天さまの境内で、記念写真をとったものが、大正元年九月の一周年記念号に載っております。


(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』_p380)


 船遊びや釣りに行く前に弁天さまの境内で撮った写真は、「南郷の朝」と題して『青鞜』一周年記念号である九月号に掲載された。

 長江夫妻、らいてう、荒木郁、紅吉、保持、木村政子が写っている。

 青鞜社の伸び伸びとした自由な雰囲気が伝わる写真である。

「醜聞」にも負けず、創刊一周年を前に溌剌としている青鞜社の空気が感じ取れる。

 明治天皇の崩御は七月三十日であるが、それからまだひと月も経っていないころ、『青鞜』は青春の真っ只中にいた。

 らいてうはこう回想している。


「天皇」を意識することも、社会に目を向けることも少ないこのころのわたくしたちでしたから、茅ヶ崎の海べの香にみちた一周年記念号には、世を挙げての諒闇(りょうあん)色といったものは、なにひとつ反影されていないのでした。

(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』_p390)





 らいてうはこの「南郷の朝」という写真を見ると、思い出すことがあると書いている。

 船遊びや釣りをした後、らいてうたちは長江夫妻と別れて、らいてうが借りている部屋に集まった。


 そのとき荒木さんが「生田先生はどうもわるい病気らしい」といい出しました。

 生田先生が毎月一回くらいお留守になられ、帰ってこられるときっと顔のどこかに小さな、小さな絆創膏の貼られていることや、手先の動きがどこかぎこちなく不自由そうなのを、先生御自身がふだん「リューマチ」というふうに説明されていることは知っていました。

 けれども荒木さんのいう意味の「病気」とは考えおよばなかっただけに、「そんなこと軽率にいうもんじゃない」と、みんなで荒木さんをたしなめました。

「だって、あのマッチをする手つきを見たら分かることでしょう。確かにそうです」と、荒木さんはいつまでも自分のいい出した「病気」説を主張してやまなかったのでした。


(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』_p390)


 荒波力『知の巨人 評伝 生田長江』(p119)によれば、長江がハンセン病を発病したのは一九一〇(明治四十三)年の夏ごろだった。





 紅吉「南湖便り」によれば、らいてうたちが写真撮影をし、船遊びをしたのは八月二十一日か二十二日ごろだった。


 …生田先生と一所に弁天さまの境内で写真を写つしたのです。

 漁師の子供がうぢやうぢや出て来て、いろんなことをからかふものだから紅吉は本気になつて怒りだしたのです、そんな時パチンとやられたもんだから紅吉は不良少年のようにとれたのです。

 らいてうは、毎日不良少年、不良少年つて呼むでゐます。

 らいてはまるつきりロゼツチの描く女の様です、白雨は一番叔母さんらしくすましこむだのです。

 写真を写すとすぐ馬入川に出かけました。

 あつちこつちの岸に舟をつけて釣りをやつたのです。

 荒木さんは鰻ばかり釣り出すので、その度に紅吉は蛇だ蛇だと云つて真青にになつてゐました。

 いつも釣れそうになつたり、魚が集りそうになつたら紅吉は水を動かしたり場所をがたがた換へて仕様がないことをやり出すのです。

「はぜ」が一匹はねたといつちや、ばたばた動くのでみんなが大弱りしてゐました。

 この日一日で生田先生もらいてうも、叔母さんも荒木さんも真赤に焼けてしまいました。


(紅吉「南湖便り」/『青鞜』1912年9月号・第2巻第9号_p223~224)


南湖院 ※馬入川



★『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』(大月書店・1971年9月6日)

★荒波力『知の巨人 評伝 生田長江』(白水社・2013年2月10日)





●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:59| 本文

第42回 吉原登楼






文●ツルシカズヒコ



 紅吉こと尾竹一枝は菊坂の女子美術学校を中退後、叔父・尾竹竹坡の家に寄寓していたが、一九一一(明治四十四)年十一月に実家のある大阪に帰郷していた。

 紅吉がらいてうの存在を知るきっかけとなったのは、森田草平が『東京朝日新聞』に連載(一九一一年四月二十七日〜七月三十一日)した小説「自叙伝」だった。

 森田は塩原事件(煤煙事件)を題材にして小説「煤煙」を『東京朝日新聞』に連載(一九〇九年一月一日〜五月十六日)したが、「自叙伝」は「煤煙」の続編である。

『青鞜』創刊前から、紅吉は塩原事件(煤煙事件)のヒロインのモデルであるらいてうに憧れ、崇拝の念を持っていた。


 私が一番最初平塚さんを知つたのは草平氏の自叙伝を読んだ時なんです。

 その時私は随分、様々の好奇心を自叙伝通して平塚さんの上に描いておりました。

 そしてどうも不思議なすばらしい人だとも考へ、恐ろしい人のやうにも考へ、女として最も冷つこい意地の悪い人のやうにも思つてをりました、そして読み終つた日などは、すぐにでも東京に出て面会して私の解釈がどうだか見きはめたいとまで好奇心を一ぱいもつてをりました。


(尾竹紅吉「自叙伝を読んで平塚さんに至る」/『中央公論』1913年7月増刊・婦人問題号「平塚明子論」_p175~176)

noe000_banner01.jpg


 紅吉は大阪から、青鞜社の社員になりたい旨の熱い手紙をらいてうに書いた。

 らいてうが入社了承の返事を出し、紅吉が社員になったのは一九一二(明治四十五)年一月だった。

 それからたびたび、らいてう宛てに熱い手紙が来るようになり、編集部では大阪の「へんな人」と見られていた。

 一九一一年十二月に社員になった小林哥津は、知り合いを通じて紅吉と面識があり、紅吉の印象をらいてうにこう語っていた。


 ……小娘のような口振りだが男のようなたいへんな大女、声が大きくてあたりかまわずなんでもいう女(ひと)、白秋の詩が大好きな十九歳の娘ーー「そりゃあずい分変わった女(ひと)よ、恐い女だわ」

(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下)』_p364)


 大阪から上京した紅吉が哥津に連れられて、らいてうの書斎を訪れたのは一九一二年二月十九日だった(らいてう「一年間(つづき)」/『青鞜』一九一三年十二月号・第三巻第十二号)。

 尾竹紅吉「自叙伝を読んで平塚さんに至る」によれば、「東京にロダンの展覧会を見に来たとき平塚さんに初めてお目にかゝつたのです、丁度二月の十八日でした」。

 らいてうは二月十九日と書き、紅吉は二月十八日と書いている。

「ロダンの展覧会」というのは、白樺主催第四回展覧会のことである。

『白樺』一九一〇(明治四十三)年十一月号は特集「ロダン号」だったが、ロダンから白樺同人に彫刻作品三点が贈られ、一九一二年二月に白樺同人が公開したのである。

『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下)』(p366)によれば、らいてうに初めて面会した紅吉は以後、青鞜社の事務所にも顔を出すようになり、編集の手伝いや表紙絵やカットの仕事などをするようになった。

 久留米絣に袴、あるいは角帯に雪駄ばきと粋な男装で、風を切りながら歩き、言いたいことを言い、大きな声で歌ったり笑ったり、因習とは無縁な生まれながらに解放された人、紅吉。

 らいてうは紅吉に好感を抱き、紅吉は他の社員からも可愛がられた。





 一九一二年五月、尾竹越堂は一家で上京し、中根岸に居を構えた。

 紅吉は第十二回巽画展に「陶器」と題する二曲一双の屏風を出品し、褒状三等を受けた。

 五月十三日、紅吉は『青鞜』の仲間を中根岸の自宅に招き祝いの会を開いた。

 その祝いの席でらいてうと紅吉は抱擁し接吻した。

 紅吉は『青鞜』にらいてうへの想いを書いた。


 不意にあらわれた、年上の女、

 私は只それによつて、生きて行きそうだ、又、行かねばならぬ、

 冷たいと思はせて泣かせられる時も来るだらう、けれど私は、恋しい、

 私は如何なる手段によつて私自身の勝利が傷けられても、
 
 その年上の女を忘れる事が出来ない、

 DOREIになつても、いけにへとなつても、

 只、抱擁と接吻のみ消ゆることなく与へられたなら、

 満足して、満足して私は行かう。


(「或る夜と、或る朝」/『青鞜』1912年6月号・第2巻第6号_p115~116)





 らいてうも「ふたりの紀念すべき五月十三日の夜」のことを書いた。


 紅吉を自分の世界の中なるものにしやうとした私の抱擁と接吻がいかに烈しかつたか、私は知らぬ。

 知らぬ。

 けれどあゝ迄忽に紅吉の心のすべてが燃え上らうとは、火にならうとは。


(「円窓より」/『青鞜』1912年8月号・第2巻第8号_p82~83)


 紅吉は五月十三日の「青鞜ミーチング」で、みんなで日本酒、麦酒、洋酒を飲んだことも書いた(「編輯室より」/『青鞜』一九一二年六月号・第二巻第六号_p121)。

 たちまち『読売新聞』や『中央公論』で非難された。

 さらに追い打ちをかけるように、紅吉が絡んだふたつの「醜聞」が報道された。

 当時、日本橋区小網町鎧橋筋にあったレストラン兼バー、メイゾン鴻の巣は若い文士や画家たちに人気があった(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』p373)。

 六月、紅吉は『青鞜』に載せる広告を取りにメイゾン鴻の巣を訪れ、比重によって色わけされるカクテルを見せられて「五色につぎ分けたお酒を青いムギワタの管で飲みながら」(『青鞜』第二巻七号_p109)と書いた。





 そして七月の初旬。

 紅吉、らいてう、そして青鞜社発起人のひとり中野初が吉原見学に出かけた。

『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』(p374~375)によれば、そういうところを見ておくのも、社会勉強になるのではないかと誘ったのは紅吉の叔父・尾竹竹坡だった。

 竹坡のお膳立てで吉原でも一番格式が高い妓楼「大文字楼」に上がり、「栄山」という花魁(おいらん)の部屋に通された。

 寿司やお酒が出て、栄山を囲んで話をした。

 その夜、らいてうら三人は花魁とは別の部屋に泊まり、翌朝、帰った。

 堀場清子『青鞜の時代』(p112~113)によれば、七月十日の『万朝報』が「女文士の吉原遊」を記事にした。

『国民新聞』は「所謂新しい女」のタイトルで四回連載(七月十二日〜十五日)を組み「五色の酒」や「吉原登楼」に言及したが、それは噂話を面白おかしく暴露的に綴った中傷記事だった。

 世間は青鞜社を非難した。

 得体の知れない男が面会を強要したり、脅迫状が届いたり、らいてうの家には石のつぶてが投げられた(『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』_p376)。

 青鞜社の社員からも、紅吉と彼女をかばうらいてうへの非難の声が起こった。

 塩原事件で受けた心の痛みを知るらいてうは、紅吉をかばい叱咤激励した。


 私の少年よ。

 らいてうの少年をもつて自ら任ずるならば自分の思つたこと、考へたことを真直に発表するに何の顧慮を要しよう。

 みずからの心の欲するところはどこまでもやり通さねばならぬ。

 それがあなたを成長させる為めでもあり、同時にあなたがつながる青鞜社をも発展させる道なのだ。


(らいてう「円窓より」/『青鞜』1912年8月号・第2巻第8号_p85)





 発起人のひとりで、らいてうが雑誌創刊を最初に相談し、青鞜社の事務を一手に引き受け、社員から「おばさん」と親しまれていた保持研子(やすもち・よしこ)からも、らいてうに叱責の手紙が届いた。


 君達三人は吉原に行つたさうだ。

 随分思ひ切つた惨酷な真似をしましたね。

 私は君達が行つた深い理由は知らないが、何だか自分が侮辱されたやうで悲しかつた。

 さうしてたまらなく不快だつた。


(らいてう「円窓より」/『青鞜』1912年8月号・第2巻第8号_p78)


『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』(p378)によれば、小学校や女学校の教師からは職を失うことを恐れ、『青鞜』の購読中止を申し出る人もいたし、青鞜社の事務所を置くことを家の人から断られた物集和子が、藤岡一枝というペンネームを使い始めたのもこのころからだった。



★『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝(下巻)』(大月書店・1971年9月6日)

★堀場清子『青鞜の時代ーー平塚らいてうと新しい女たち』(岩波新書・1988年3月22日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 11:38| 本文
ファン
検索
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(46)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。