広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月13日

第11回 湯溜池






文●ツルシカズヒコ





 一九〇九(明治四十二)年、周船寺高等小学校四年在学中の野枝は三月の卒業が間近になっていたが、野枝とクラス担任の谷先生との親交は深くなっていった。

 野枝は十四歳、谷先生は二十歳だったが、ふたりの親交は年齢差や教師と生徒という関係を超えたものになった。

 我がままで強情で小さな反抗心に満ちた不遜な生徒だった野枝は、多くの教師たちから愛想をつかされ憎まれていた。

 強情で不遜な生徒である野枝に対する非難は、受持教師である谷先生に集中した。

 職員室で不良生徒として野枝の名前が出るたびに、谷先生は辛そうに頭を下げていたが、彼女は野枝に訓戒がましいことを言ったことは一度もなかった。

 谷先生はいつも何か考えごとをしていた。

 授業中に生徒の机の周りを歩きながら、目にいっぱい涙をため、何か考えごとをしているようなこともしばしばあった。

 基督教の信仰に救いを求めたこともあったが、それも彼女を捉えることはできなかった。

 谷先生の自宅の前には溜池があり、その溜池は周囲が山になっている高台にあった。





 私は学校の帰りに、よく彼女に連れられて、其処にゆきました。

 堤に座つては、私達はよく歌ひました。

 彼女は私にいろいろ自分の好きな賛美歌などを歌はせては、黙つて何か考へながら、遠くの方を見てゐました。

『ね、本当に立派な人つて、どんな人だとあなたは思ひます?』
 
 不意に彼女は、こんな事を問ひかけて、私を困らすことが、時々ありました。

『他人から賞められる人が本当に立派な人だとは限りませんよ。賞められなくつてもいゝから本当に立派な人になつて頂戴。決して世間の人から賞められやうなんて思つちやいけませんよ。』

 本当に、染々(しみじみ)と、私の顔を見ながら、涙をためて云ひ聞かされた事が、二三度や四五度ではきゝません。

 もし私が彼女から先生らしい言葉を受け取つたとすれば、その言葉位のものだと思ひます。

『あなたは、随分強情つぱりで、強いくせに、私と一緒のときには、どうしてそんなにをとなしいの。いけませんよ、私を見習つちや。私と一緒にゐるときには、他のときよりは倍も倍も強情を張つていゝのよ、我まゝになる方がいゝのよ、私の真似なんかしては本当にいやですよ。私は弱虫で泣き虫で、意気地なしなのよ、私のやうに弱虫になつたら生きては行けなくなりますよ。』

 思ひがけない熱心さで、よくそんなことも云つてゐました。


(「背負ひ切れぬ重荷」/『婦人公論』1918年4月号・第3巻第4号/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』_p36)

 
 谷先生と野枝がよく足を運んだ溜池は、湯溜池(現・福岡市西区周船寺)だと思われる。

 野枝が周船寺高等小学校を卒業した後も、野枝と谷先生の親交は続いた。

 しかし、野枝が女学校五年生の春に起きたある出来事によって、野枝と谷先生との交流はあっけなく終わりを迎えることになるのだった……。





 岩崎呉夫『炎の女 伊藤野枝伝』には、この時期の野枝についての同級生の証言がある。

 授業中、野枝は「机の下に文学書を隠して読み耽り、教師にさされるとスラスラ答えるので級友たちはみな驚いた」(p64)という。

「あの先生ね『良人の告白』の主人公の白井さんによう似とらっしゃる」(p64)という野枝の発言も、級友たちの記憶に残っていた。

『良人の告白』は一九〇四(明治三十七)年から一九〇五(明治三十八)年にかけて、『東京毎日新聞』に断続的に連載された木下尚江の自伝的長編小説であり、若き弁護士・白井俊三が主人公である。

 男女の愛憎小説として大衆の人気を獲得したが、日露戦争への非戦というオピニオンを含んだ小説でもあった。

 単行本は上編、中編、下編、続編と発売されたが、一九一〇(明治四十三)年に発禁になった。

 岩崎呉夫は、野枝が白井俊三に似ているという「あの先生」に淡い初恋をしたのではないか、その先生はテニスやオルガンを教えてくれた先生ではないかとの推測をしている。

 とすれば「あの先生」は「嘘言と云ふことに就いての追想」に出てくる、H先生ということになるが……。

noe_ph01.jpg 
 
 一九〇九(明治四十二)年三月二十五日、野枝は周船寺高等小学校を卒業した。

『定本 伊藤野枝全集 第一巻』の口絵に卒業証書と卒業記念写真が掲載されている。

 野枝、満十四歳の写真である(前列中央)。

 掲載した写真は『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』からの引用である。

 これが現存する野枝の最も年齢の若い写真ということになるのだろう。

 卒業後、今宿の谷郵便局に就職し事務員として勤務する。

 田中伸尚『飾らず、偽らず、欺かずーー菅野須賀子と伊藤野枝』によれば、今宿郵便局は現在もあり「(野枝の)育った家からわずか一〇〇メートルもない往還に沿った角地の建物」(p125)である。

 野枝の妹の武部ツタが、このころの野枝について語っている。


 ……こんなところにいるのが厭で厭で、東京へ行くことばかり考えていました。

 郵便局もこんな田舎町に勤める気ははじめからなく、熊本の逓信局の試験をうけたんです。

 学課は一番で通ったけれど、指先が不器用で、あのツツートンを打つ手先の試験がうまくいかず、おっこちたんです。

 ええまあ、手先は不器用な方だったでしょうね。

 でもきものくらいは縫えましたけどね。

 娘時代には恋愛なんて、見むきもしやしません。

 ここらの男なんかてんで頭から相手にしてやしませんでしたよ。

 そりゃあ、学校はよく出来たし、きれいな方だったし、目立つ娘で、向うから好いてきた人は何人かいましたけどね。

 とにかく、娘のころは勉強勉強で、男なんか目もくれてやしませんでした。

 気の強い方で、今じゃ私はこんなおしゃべりになりましたが若い頃はとても無口で、姉の方は思ったことを誰にでもぽんぽんいって、よくしゃべりました。

 それが大人になると、すっかり向うは無口になりました。


(瀬戸内晴美「美は乱調にあり」/『文藝春秋』1965年4月号〜12月号/瀬戸内晴美『美は乱調にあり』・文藝春秋/瀬戸内晴美『美は乱調にあり』・角川文庫/『瀬戸内寂聴全集 第十二巻』・新潮社/瀬戸内寂聴『美は乱調にあり 伊藤野枝と大杉栄』_p37・岩波現代文庫)



★『定本 伊藤野枝全集 第三巻』(學藝書林・2000年9月30日)

★岩崎呉夫『炎の女 伊藤野枝伝』(七曜社・1963年1月5日)

★『定本 伊藤野枝全集 第一巻』(學藝書林・2000年3月15日)

★『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』(大杉栄全集刊行会・1925年12月8日)

★田中伸尚『飾らず、偽らず、欺かずーー菅野須賀子と伊藤野枝』(岩波書店・2016年10月21日)

★瀬戸内晴美『美は乱調にあり』(文藝春秋・1966年3月1日)

★瀬戸内晴美『美は乱調にあり』(角川文庫・1969年8月20日)

★『瀬戸内寂聴全集 第十二巻』(新潮社・2002年1月10日)

★瀬戸内寂聴『美は乱調にあり 伊藤野枝と大杉栄』(岩波現代文庫・2017年1月17日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index





posted by kazuhikotsurushi2 at 16:11| 本文

第10回 大人の嘘






文●ツルシカズヒコ




 しばらくして、校長先生がやって来た。

 校長は黙って講堂のプラットフォームに立ち、大きなテーブルの前の椅子に腰をかけた。

 野枝は瞬時に校長からも叱られると思った。

 野枝はもう泣かなかった。

 野枝の小さな体は激昂に災(も)えていた。

 野枝はじっと校長の顔を睨んだ。

 校長も黙って野枝を睨んでいた。

 T先生が消え入るような声で「校長先生のお前にいらっしゃい」と言った。

 野枝は体中を反抗の血で一杯にしてわくわくさせながら校長の前に立った。

 野枝の頭は、プラットフォームの上の椅子に座っている校長の膝のあたりまでしかとどかない。

 校長はちょっと前にT先生が野枝にした同じ順序で同じことを尋ねた。

 野枝は同じことを答えた。

noe000_banner01.jpg


 最後に校長は云ひました。

「あなたの云ふのはうそではないかもしれないけれども父母の許もうけずに他へ泊るなどといふことは大変わるいことです。お父さんやお母さんがどんなに御心配なさるかもしれません。第一さういう遠い処に学校のかへりにあそびにゆくと云ふのがまちがひです」

「でも先生、何時でも行くんです。そしてK先生と一所に何時でもかへりますから家ではよく承知してゐるのです。昨日もあすこに行つたことは家でも知つてゐますから、あんなあらしになつてとてもかへれなかつたと云ふことは家の人にもわかつてゐますし、K先生もおかへりになつてはゐませんから」

「まあお待ちなさい。あたたは一体つゝしみをしらない。私がまだ話して了(しま)はないうちに何を云ふのです、私はあなたの先生ですぞ」

 校長先生はまつ青になつて怒りました。

「女はもう少し女らしくするものです。第一もうあなた位の年になれば遊ぶことよりも少しでも家の手伝ひでもすることを考へなくてはならない。昨日のことは仕方がなかつたとしてももしあなたがもつと女らしい、心がけのいゝ人ならあんな処に遊びに出かけることもないだろうしそうすればあんな間違ひはおこらない。それにあなたは何だつてHさんの学校へなどあそびにゆくのです。あなたはあすこの学校へ何の関係があります。関係のない処に遊びに行つて泊るなどゝ実にけしからん事です。あなたはどんなに悪い事をしたのか分つてゐますか?」

「私は何にも悪いことは一つもしません、悪いことなんか一つもしません」

 私はせき込んで漸くそれ丈け出来るかぎりの力をこめて叫びました。

 私はわるいことなんか一つもした覚えはない!

 もう一度自分の心の中でさう叫びながら私は真青になりました。

 立ってゐる足が体をさゝえきれない程に震へるのでした。

 「それ、そんな傲慢なことをまた云ふ。これがどうして悪いことでないと云へます。あなたは少しも物の道理をしらない、長上を尊敬することをしらない。いくら、学科が出来やうと何しようと慎しみのない女は人の上に立つ資格はありません。以後再びこんなことがあれば決して、許しておけませんからそのつもりでーー」

 校長が出てゆくと私の頭の中は一時に真暗になつてガン/\鳴り出しました。


(「嘘言と云ふことに就いての追想」/『青鞜』1915年5月号・第5巻第5号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』_p208~209)





 教室に戻った野枝は、椅子に腰をかけ机に突っ伏した。

 涙があとからあとから湧き出てきた。

 二十分もそうしていると、野枝はふと日が暮れたことに気づいた。

 机の中のものをすべて包みの中に入れ、机の中を反古紙で拭いた。

 野枝はこの不条理の叱責を公平な父に告げ、明日から学校に行かない決心をした。

 外に出ると日はすっかり暮れ、寒気が強く、低い下駄では満足に歩けないほど道はぬかるんでいた。

 人通りのない道を一里以上も泣きながら帰って行った。

 野枝は帰宅すると袴もとらずすぐに、明るいランプの下で近所の人と世間話をしていた父の前に座って、不法な先生の態度や叱責を詳しく話し、明日からもうあの学校には行かないと言った。

 父は一言も返事らしいことも言わず黙っていた。

 K先生は約束通り家にわけを説明しに来てくれた。

 家のものもあの嵐ではと、少しも気にかけていなかった。

 そしてかえってこの日の帰りの遅いことに気をもんでいた。





 野枝は翌日もその翌日も、友達が誘いに来ても断って学校には行かず、終日、古い本箱のふたを開けたり、犬をいじったりして祖母・サトのそばで過ごした。

 登校を拒否していた二日目の夕方、野枝は夕飯前に犬をからかいながら松原に遊びに出るた。

 その間、野枝の留守中の自宅を訪れたT先生が野枝の父と話した後、松原にいる野枝に会いに来た。

 T先生はいきなり野枝の手を握ってどもりどもり詫びた。

 T先生によれば、大勢の先生がいる職員室でS先生がT先生を非難したという。

 野枝のような子供を訓戒も何も与えず放っておくのはおかしい、担任の責任だと。

 T先生が訓戒できないのであれば、校長にで出てもらうしかないということになり、気の弱いT先生はそれに同意してしまったが、そのふがいなさを涙を流して詫びた。

 T先生がどうか明日から学校に出てくれと懇願するので、野枝は出る気になったが、以後、野枝にとって学校は楽しいところではなくなり、二度と職員室になんか入るものかと思った。





 しばらくして、H先生に会った野枝は彼の口から耳を疑うような話を聞いた。

 H先生がS先生に会った際、S先生はT先生のことをこう語ったというのだ。

 ーー波多江のYにH先生と野枝が泊まったことにT先生は大変怒っているが、野枝さんがかわいそうだ。野枝さんはK先生と泊まったと言っているのに、T先生は野枝さんが嘘をついていると決めつけている。しかも校長にまで訓戒をさせるとは、あんな優しそうな顔をしているのに本当にえらいことをおっしゃいます。

「僕はあの晩はC君と一緒に学校に泊まりました。Kさんと野枝さんがYに泊まったのです」

 とH先生が言うと、

「そうでしょうね、私はきっとそうなんだというのに、T先生は聞く耳を持たないいんですよ。T先生はあんまり下らないことにまで干渉しすぎます」

 とS先生が答えたという。

 醜い嘘までついて自分を保ち、善良なT先生を貶めているS先生に、野枝は驚いて言葉を失った。

 野枝が周船寺小学校を卒業して時が経ち、野枝はS先生の嘘は忘れかけていたが、校長にまで叱責されたことの理不尽さは消えなかった。





 野枝はあるときふっと思いついて、S先生も校長もH先生もT先生もよく知っている人に、このことを話をしてみた。

 その人は突然、皮肉な声で哄笑しながら言った。

「ああSですか、なに、あの女の例のやきもちからさ。あなたはまだ小さくてわからなかったろうがいい迷惑さね。あなたがあの女には大人並みに見えたまでさ。ハハハハハハ、いい目にあいましたね」

 嘲るような目つきをその人はした。

 これを聞いて、野枝の心中に刻まれたS先生の嘘の不快な印象はさらに深みを増した。

 すべてに淡白でたいていのことは忘れてしまう野枝だったが、S先生の嘘だけは一生涯忘れ去ることができないものになった。

 嘘とは、本当のことを言うと叱られるので叱責を逃れるために、子供がない知恵を絞って大人に吐く他愛のないものだと、幼少期の野枝は考えていた。

 しかし、いやしくも学校の教師でありながら、度外れの嘘言を弄して生徒や同僚教師を貶める「大人の嘘」に直面した野枝は、大人の汚い心をまざまざ見せつけられ、小さい心は怒りと驚きとに震えた。

 なお野枝は「遺書の一部より」「背負ひ切れぬ重荷」でもT先生に言及している。

『定本 伊藤野枝全集 第三巻』の「背負ひ切れぬ重荷」解題(『定本 伊藤野枝全集 第三巻』_p442)によれば、T先生は野枝が周船寺高等小学校四年時の担任「谷先生」である。




★『定本 伊藤野枝全集 第二巻』(學藝書林・2000年5月31日)

★『定本 伊藤野枝全集 第三巻』(學藝書林・2000年9月30日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index




posted by kazuhikotsurushi2 at 14:08| 本文
ファン
検索
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(46)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。