2016年04月17日

第91回 C子






文●ツルシカズヒコ



 野枝は荘太の話に耳を傾けながら、自分が書いた最後の手紙について考えていた。

 野枝は辻との関係を破綻させることなく、荘太ともう一度会いたいと願ったのだが、荘太は自分の思いよりずっと強い意味に解釈したのだろう。

 野枝は態度が不明瞭で誤解を招く手紙を書いた自分が一番悪かったという自責の念に駆られたが、しかし、ありのままの感情を書く習慣をつけているので、ああ書かずにはいられなかったのだ。

 日を改めて三人で話し合うのが一番よいと思った野枝は、荘太の話を黙って聞いていたが、時々、可笑しくなった。

 荘太が野枝のことを、かなり安価なわからずやに値踏みしているように思えたからだ。
 
 辻と荘太、どっちを選択するか?

 野枝の中では迷いの余地はなかった。

noe000_banner01.jpg


 ……木村氏が矢張り(辻と)同様に私を愛してくれて、辻と一緒にゐるよりも真に幸福に私自身の生活に向つて思ふやうに行けるのなら、私はたとひ、辻と十年一緒に生活してゐたからといつても、どんなに辻が私の為めに高価な犠牲を払つてくれたとしても、それからまた辻からはなれる事がどんなに周囲の反感と、圧迫をうけるにしても、私は断固として辻からはなれる位の自信はあります。

 その位の事が出来なくてどうして辻と同棲してゐる事が出来ませう。

 辻は私の全生活を肯定し同情しまた理解してくれます。

 そして一緒に、私共の道を開拓してくれます。

 私の全体を自分の愛で包んでくれます。

 ですから私は少しも不便を感じません。

 強いて辻からはなれ去る必要を感じません。

 たとひ、木村氏が同様に或は以上に私を遇してくれるにしても今の場合私は自分がさまで必要を感じないかぎり私自身の内生活の上に、動揺を与へるような事をしたくはないのです。

 ……けれど何れにしても、自分に対して持たれた愛を却けるといふ事は苦しいものだと思ひました。


(「動揺」/『青鞜』一九一三年八月号・第三巻第八号/『定本 伊藤野枝全集 第一巻』)





 野枝は福士幸次郎の手紙を読んで、荘太をおだてている周囲の人や、その手紙を得意そうに見せる人が無邪気なのか人が悪いのかよくわからなかった。

 荘太はそういう手紙を見せて、野枝になんらかの暗示を与えたいのだろうが、自分がそんなつまらない人間だと思われていることに腹が立たった。

 福士幸次郎の手紙の中に、白樺派の武者小路実篤と宮城房子の恋と荘太と野枝のそれを比較する下りがあった。

 房子は青鞜社に関わりがあった女である。

 野枝はまた青鞜社の名でも出されたら、困惑するだろうなということまで考えた。

 野枝はひと通り話を聞くと、

「今晩、帰って考えてみます」

 と猶予をもらう逃げ口上を言った。

 時計が午後十時を告げたころ、野枝は荘太の下宿を辞した。

 赤坂に行くという荘太と一緒に出て、麹町の停留所まで行ったが電車が来ないので、半蔵門まで歩いた。

 野枝と別れた荘太は反対の側を十ばかり歩いてゆくうち、今家を出てから通りで、ふと何かの拍子に初めて野枝が浮ベた微笑を思い出した。

 途端に荘太は直ぐ引き返して、野枝の後を追おうとした。

 そして野枝を固く腕に抱かうとした。

 二、三十間、荘太は走ったが真っ暗でそれらしい姿は目にはもう入らなかった。





 野枝と荘太の一対一の対面について、らいてうはこう書いている。


 第二の会見に於て木村氏は女の前に見事に落第した。

 それは木村氏から受けた野枝さんの直接印象は手紙を透して感じたそれとはあまり相違してゐたといふことだ。

 木村氏の人格そのものゝ価値が書いたものゝよりも遥に劣つてゐるやうに思はれたといふことだ。

 なほこの会見に於て野枝さんの自尊心を傷け、ひいて木村氏に対する尊敬の念をひどく減じさせたことがある。

 それは木村氏が案外自分を解してゐないのみならず自分の真価を認めてくれてゐないらしいのに気付いたことと、木村氏の友人によつて、自分が軽蔑してゐる「世間知らず」の女主人公のC子と比較されてゐたことだ。

 是等のことに或る腹立たしさと、気まづさを感じたのは野枝さんとしていかにもさうありさうなことだ。

 付言しておくが、C子の如き思切つて、しかも不快なほどセンシュアルな感じを人に与へる女は異性によつてのみ或価値を見出されるもので、同性からは多くの場合軽蔑される種類の女だ。

 殊に野枝さんの如き女からは軽蔑にも値しない女のやうに見えるかもしれない。


(平塚らいてう「『動揺』に現はれたる野枝さん」/『青鞜』一九一三年十一月号)


木村荘八展によせて〜兄荘太から解き明かす荘八




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 15:36| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)