広告

posted by fanblog

2016年04月11日

第76回 中央新聞






文●ツルシカズヒコ



 野枝が男からの手紙を青鞜社事務所で受け取ったのは、六月十三日の朝だった。

 野枝がこの日、青鞜社事務所に来たのはこの日が金曜日であり、毎週金曜日は読者と交流を持つ日だったからであろう。

 差出人の名は「木村荘太」。

 野枝はこの名前に見覚えがあった。

 辻と本郷を散歩したとき、本屋で手に取った『フュウザン』という雑誌の中に、この名前があったからである。

 手紙を読んだ野枝は、何かに躓(つまず)いたような気持ちになり、当惑した。

 保持にその手紙を見せた野枝は、

「困った困った」

 と言いながら、青鞜社の事務所にしている八畳間の座敷に寝転んでいろいろ考えた。

 野枝がまず考えたのは、この手紙を辻に見せるべきか否かーーということだった。

 この手紙に自分がどう対処すべきかということより、この手紙に辻がどんな感情を抱くかーーそれを考えると、悩ましくなり困ったものをもらってしまったと思った。

noe000_banner01.jpg


 野枝は最良の対処法が見つかるまで、ひとまずこの手紙を保持に預けることにした。

「染井より」(『青鞜』一九一三年七月号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)によれば、野枝はらいてうに相談しようと思い、らいてうが事務所に来るのを待った。

 保持と無駄話をしたり昼寝をしたりする間にも、野枝は考えていた。

 気持ちが落ちついてくると、この悩ましさをひとりで持ち続けることができそうにないような気がしてきた。

 野枝はどんなつまらないことでも辻に話した。

 ふたりの間にはなんの秘密もなかった。

 辻に隠しごとをするより、打ち明けた方が気持ちがさっぱりするような気がした。

 午後四時まで待ったがらいてうはこの日、事務所には来なかったので、野枝は保持から手紙を返してもらって帰宅した。

 いつもの崖の道を歩いていると、林の前の叢(くさむら)の真っ青な笹や草が目にしみて、ツンツンした青い薄(すすき)が頭の中を突き刺すようでいやないやな気持ちになった。

 その日だけは林の中に入ってみる気になれなかった。





 帰宅すると辻は出先からまだ帰宅していなかった。

 ぐったりして机の前に座った途端、辻の妹の恒(つね)が部屋に入ってきた。

 この日の朝の『中央新聞』に青鞜社の記事が載っていて、野枝の私行上のことも書いてあるが、まったくのでたらめであるという。

「染井より」解題によれば、「屏息(へいそく)せる新らしい女」というタイトルで、『中央新聞』が記事にした。

 記事は六月十二日付に(上)、六月十三日付に(下)、二日連続で掲載された。

 野枝のでたらめなプライバシー記事が載ったのは六月十三日付の(下)である。


 伊藤野枝は巣鴨小学校の教師後藤清一郎と好い交情(なか)になつて二三日前に安産があつたので既に家庭の人である

(「染井より」解題/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)





 恒からだいたいの記事の内容を聞いた野枝は激怒した。

 野枝はすぐに岩野清子の家を訪れ、清子に付き添ってもらい中央新聞社に行った。

 抗議に行ったのであろう。

 名誉毀損だから「訂正記事を載せて謝罪しろ」ぐらいは言ったであろう。

 野枝はこの一件について、こう書いている。

 
 この間中央新聞の白田天坡といふ記者が事務所に来て皆に会ひ度いと云つたさうです。

 ……小母さん一人だつたので断りますと、その記者は玄関先きに立つて、いつまでも一人で勝手な事をシヤベツて出て行つたさうです。

 その日私は頭痛がして臥つてゐますと、矢張りその記者が来ました。

 勿論私も断りました。

 らいてうもるすで会はなかつたさうです。

 ちつとも種がとれなかつたわけです。

 十二三日頃に……出た、「屏息せる新しい女」といふ題の……青鞜社の記事は滅茶々々なものでした。

 本当に世の中に新聞記者ほど下等な、度し難いものはありませんね、後で私はその記事を読んで見ましたが実に下等な記事なのです。

 あらん限りの悪意を持つて書いたものです。

 私の事にしろ小母さんの事にしろ、まるで間違つた事を書いてあります。

 純然たる名誉毀損なのです。

 数多い新聞の中でも最も俗悪な低級な中央にあんな愚劣な記者がゐるのもふしぎではありませんね、私は本当に会はないでよかつたと思ひますよ。

 ……あの記者は私たちが会はなかつたと云ふ事を非常に不快に思つたんですよ、で何も種がとれなかつたので自分勝手にいゝかげんな事を綴り合はして記事をこしらへたんですね。


(「染井より」/『青鞜』一九一三年七月号・第三巻第七号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)



 

 中央新聞社を出てからも銀座の方で用を足してきたので、帰宅したのは夜の十一時ごろだった。

 辻は起きていて仕事をしていた。

 野枝は辻の傍らに座り、木村荘太の手紙を見せた。

 辻は黙って読み終えて、こう言った。

「返事を書いたらよかろう」

 野枝は木村の手紙の文面が真面目なところに引かれていたが、笑いながら返事をしなかった。

 手紙を熱心に繰り返して読んだ辻が言った。

「返事を書かなければいけない……」

 辻は木村の書いたものを読んだことがあり、野枝よりはよほど木村のことについて知っていた。

 それからふたりはいろいろな話をして十二時すぎに臥せった。


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:49| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。