広告

posted by fanblog

2016年04月09日

第73回 瓦斯ラムプ






文●ツルシカズヒコ



 一九一三(大正二)年六月、巣鴨の保持の住居兼青鞜社事務所の庭には様々な花が咲いていた。

 らいてうも、清子も、野枝もホワイトキャップに殺されずに生きていた。

 関西から帰京した奥村が、曙町のらいてうの自宅を訪れたのは六月七日だった。

 奥村は門の前まで来たが、入りかねて、「関西旅行から一昨日戻りました」という置き手紙をポストに入れて帰った。

 それを読んだらいてうは、すぐに大塚窪町の新妻莞気付で返信をした。


 私の家の門はあなたのためにはいつでも開いている筈でございます。

 西嶋という方は、あなたのお歌を《詩歌》で拝見したときお見受けした方のようにも記憶しますけれど、初めての方に逢うということは、また手紙を出すということには私は妙な不安と恐怖をもっております。

 それで同氏へはあなたからよろしくおっしゃって下さいまし。

 ではお待ちしておりますから。

 六月八日 昭


(奥村博史『めぐりあい 運命序曲』)

noe000_banner01.jpg


「西嶋」つまり新妻莞に関する文面は、『原始(下)』によれば、新妻がらいてうの家を訪れ面会を申し入れたが、らいてうはその意図がわからず面会を断ったという意味であり、らいてうが奥村に宛てた手紙を新妻が密かに開封していたことを知ったのは後のことだったという。

 らいてうに置き手紙をして二、三日して、奥村は大塚窪町の新妻の下宿を訪れて預け物を受け取り、そしてらいてうから届いているという小包と手紙を渡された。

 奥村はまずらいてうが六月八日に書いた手紙を読み、そして小包を開け『円窓より』にはさんであった小さい紙切れに書いてあった文面を読んだ。

 この日も奥村は曙町のらいてうの自宅を訪れたが、彼女が留守で会えず、「しかし、どうして西嶋の所などをご存じなのか、それが不思議でなりません。表記の所に居ります」と住所を明記した手紙を出した。

 さらに奥村は、新妻に対する自分の疑惑や不信感を綴った手紙をらいてうに書いた。

 奥村が曙町のらいてう宅を訪れ、九ヶ月ぶりにふたりが再会したのは、六月十三日の夜だった。


 取次の女中が彼を案内したのは、内玄関につづく別棟の数寄屋ふうのふた間つづきの昭子の部屋である。

 隣りの部屋は客の応接に使われ、水屋に当たるこの書斎は、東の円窓近く机が北壁に面して置いてあり、廊下からはいった横ーーつまり机に向って左寄りの壁には浩の自画像が掛けてある。

 机のそばに座布団を進められて、浩が腰を下すとまもなく、女中と入代りに袴姿の昭子がはいって来た。

 そして彼と差向いに坐ったとき、しばらく、とふたりの口から同時にかすかな言葉が漏れて、互に顔を見交したままいっときどちらからも口が利けなかった。

 泪にうるんだ四つの瞳が瓦斯ラムプの光に耀(かがや)いた。

 ーーおからだはもう?

 ーーええ、すっかりいいの……。


(同上)





 らいてうは、こう記している。


 梅雨の夜空の重くたれこめた、静かな晩でした。

 その夜、円窓の灯影のなかに、ややはにかみを浮かべながら、ひたむきにわたくしを見つめる彼の目(まな)ざしは、どれほど多くのことを語りかけたことでしょうか。

 純な、ひたむきな、そしてなにか哀愁を湛えた彼の瞳を、わたくしもまた力をこめて自分の瞳のなかに包みました。

 もはや、燕の手紙も、恨みも、疑惑も一瞬にして消え去り、向かい合う二人の心の絆は、どうしようもない力で、つよく、かたく結ばれてしまったのです。

 もう言葉は、なんの必要もないのでした。


(『原始(下)』)





 野枝がらいてうの書斎を訪れると、奥村は大阪から帰って来て円窓の部屋へたびたび来ているらしく、奥村が描いた見慣れない海の絵が三枚置いてあった。

 絵に対する批評眼を持たない野枝だったが、紅吉の侮蔑の的になった油絵の自画像とは比べものにならないと思った。

「気が弱いっていうのかおとなしいっていうのか、そりゃ本当にかわいそうなくらいよ。ここに黙ってじっと坐っているんですよ、いつまでもいつまでも。そうしちゃあ、奥から、あんまり遅くなりますからもうお帰りになってはいかがでございますかなんて、女中が言ってくるんです。でも別に気持ちを悪くするでもなく、黙って帰るんですよ。原田さんとはだいぶ長く千葉の方にいたらしいわ」

 野枝は聞き役だったが、話題が変わったので紅吉のことを話した。

「このあいだ紅吉のところに行きましたらね、たいへん綺麗な方がいらっしゃいましたよ。市川さんとかって、少しませた嫌な表情をする人ですけれどね」

「ああ、そう、それは今、紅吉の愛の対象になっている人でしょう。なんでも美術学校かなにかの方」

「ええ、そうですって、このあいだからだいぶ方々連れて歩いているんですって。哥津ちゃんのところへはおしゃくみたいな姿で連れ込んだんですって。かなり夢中らしいわ」

「そう、私はまだ見ないけれど、このあいだ手紙を寄こしてたいへん綺麗な人だって自慢してきましたよ。ぜひ見たいものですね」

「紅吉があなたのところへ? 手紙なんか寄こすんですか」

「ええ、寄こしてよ」

「ずいぶんね、私はまあ、どのくらいあなたの悪口を聞かされたか知れませんよ。まったくあの人は可愛い人ね」

「あの人の機嫌を気にしていたらたいへんだろうから、うっちゃっておく方がいいんですよ。まあ夢中になっていられる間だけは夢中にさしとくんですね」

「でも奥村さんの帰ってらしたことを聞いたら、なんで言うでしょうね」

「自分のことで一杯だから、そう気にはならないでしょう」

 ふたりは何とはなしに一緒に笑った。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 19:52| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。