広告

posted by fanblog

2016年03月24日

第49回 若い燕(一)






文●ツルシカズヒコ


 らいてうが奥村から受け取った手紙の文面は、こんなふうだった。


 それは夕日の光たゆたっている国のことでした。

 その国の、とある海辺の沼に二羽の可愛い鴛鴦(おしどり)が住んで居りました。

 それはそれは大そう睦まじく……いつもいつも一緒でないことはありませんでした。

 そして姉の鴛鴦は口癖のように《私の子供》と言っては妹鳥のことを話す程でした。

 とある夏の日のことでした。

 何処からともなく若い美しい一羽の燕がその沼に訪れて来ました。

 燕はその夏の幾日かをこの姉妹の鴛鴦の沼に来ては共におもしろく遊んでは帰りました。

 ある日のこと、みんなして海へ行って帰りが遅くなってしまって、とうとうその沼のほとりに泊まることになりました。

 雷と稲妻のとてもとても烈しい晩でしたので燕は眠られずに居りましたら、姉鴛鴦が迎いに来て《私の巣に来ておやすみ》と言うのでした。

 それから燕はそのまま伴われて姉鴛鴦の巣まで来てしまいました。

 そうしてその夜は明けたのでした。

noe000_banner01.jpg


 しかし燕はその夜のことをもうよく覚えては居りません。

 心の稚ない燕には、それを覚えているには余り荷がかち過ぎたのでした。

 そしてとある嶋に渡ってしまったのでした。

 そして燕の淋しさは姉鴛鴦から貰う手紙やいろいろの本などに嶋の秋を慰めて居りました。

 するとある日のこと、突然思いがけなく妹の鴛鴦からてんで見当違いの手紙が舞い込みました。

 それは燕に宛てた絶交状でした。

 燕は一度は怒りました。

 一度は悲しみました。

 が、……やがてものを落着いて思わせられるようになりました。

 かれこれしているうちに秋も半ばになりました。

 ……燕は、もうその頃には昔のままの燕ではありませんでした。

 で、時にはこんなふうに考えることがありました。

《さてさてこうした呑気な日もいつまで続くことだろう。いやいやこんなくだらぬ騒ぎに捲き込まれてぐずぐずしている間に、自分の仕事はどんなふうになるのだろう。自分は男だ。自分の仕事が何より大事だ。殊に自分が手を引けば変になった姉妹の仲もまた甦ろうというものだ》

 そしてこのことを長い手紙に書いて姉妹の鴛鴦に送り、自分というものーー燕というものを忘れてもらうように二人に頼みました。

 燕は……しじゅう鴛鴦のことを思い出さぬ日とてはありませんでしたが、……鴛鴦たちはやがて……燕のことなど忘れてしまって、《燕とはいったい何処の野良鳥だろう》などと言うようになりましたとさ。

 九月十七日 嶋を去る日に H生

 そのかみのロゼッチの女の君へ


(奥村博史『めぐりあい 運命序曲』)





 これを読んだらいてうは奥村に小包を送って来てた。


 浩が急いで包みを解くと前田夕暮の新刊歌集『陰影』が出た。

(おや?)と思いながら開いてみると見返しの中央にーー

 あれは、あの美しい鳥が燕というのでしたの。

 けれどほんとうにね、私の知っている、そうして愛している燕なら、きっとまた季節が来ると気まぐれにでも街中のあの酒屋の軒を訪れることをよもや忘れやしないでしょうね。

 きっときっとまた季節が来ると。

 と書いてある。

 そして頁を返すと、裏にまたーー

 おしどりが時たま沼の水を濁したからって、何でそれがあの若い燕の艶のいい翅をよごすのですか。

 燕はいつまでもいつまでも蒼空に清い美しい夢を描いていればいいじゃありませんか。

 ほんとうにね。

 私の知っている、そうして愛しているあの燕なら、そうそう小利口な分別くさい鳥じゃない筈ですが。

 ……と書いてある。

 昭子はあの燕の手紙の怪しいことを、その上それが彼の本心から出たもので無いことまで、既にはっきり見抜いてしまっているもののように思われた。

《火種はまだ残っている。しかし、そうは言っても……いや、そうじゃない……》


(奥村博史『めぐりあい 運命序曲』)





 結局、らいてうと奥村の関係はひとまず途絶えるのだが、らいてうはこの一件をこう回想している。


 その手紙というのは「池の中で二羽の水鳥たちが仲よく遊んでいたところへ、一羽の若い燕が飛んできて池の水を濁し、騒ぎが起こった。この思いがけない結果に驚いた若い燕は、池の平和のために飛び去って行く」というような筋で、いろいろのことが巧みに寓話のなかに織りこまれていました。

 わたくしにはあまりに奥村の人柄にそぐわない技巧的な、気取った文章がどうも気にかかりました。

 あとでわかったことですが……新妻さんが仕組んだ筋書だったのです。

 ……このときから「若い燕」ということばが時の流行語となり、いまなお生きているようです。

 これは若き日の新妻さんの創作から生まれたことばなのでした。


(『原始(下)』)




 
 このらいてうの回想について、堀場清子が気になる指摘をしている。


 この記述は、二つの点で首をかしげさせる。

 まず「水鳥」が、原文(「めぐりあい」)では「鴛鴦(おしどり)」だが、この言い換えで「鴛(えん)」と「鴦(おう)」のセクシャルな含みが消え、意味が通らない。

 流行語となるには、世間に拡めるプロモーターが不可欠だが、紅吉を庇って指摘を避けているため、流行語となった経過が納得されない。

 後に再会した恋人たちは、紅吉が「方々へ行って若い燕の話をばらまきましたからね」(同前)と語りあうのだが。


(堀場清子『青鞜の時代』)


「(同前)」は『世界』一九五六(昭和三十一)年二・三月号に掲載された座談会「〈青鞜社〉のころ」である。

 この堀場の指摘については、話をもう少し前に進めてから、言及してみたい。


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:22| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。