広告

posted by fanblog

2017年02月06日

第424回  Science






文●ツルシカズヒコ



 一九二三(大正十二)年八月一日、大杉と野枝の共訳書『科学の不思議』がアルスから出版された。

 ファーブルが子供のために書いた「ファーブル科学知識叢書」の第一編である。

 野枝は同書を辻一(まこと)に送った。

 一(まこと)は九月に満十歳になろうしていた。


 野枝さんは殺される少し以前に、アルスから出た大杉君と共訳のファーブルの自然科学をまこと君に送つてくれた。

 それが、野枝さんのまこと君に対する最後の贈り物で、片見になつたわけだ。


「ふもれすく」/『婦人公論』一九二四年二月号/『辻潤全集 第1巻』 ・五月書房・一九八二年四月十五日)

noe000_banner01.jpg


『科学の不思議』は大杉と野枝が虐殺された後、『大杉栄全集 第九巻』に収録されたが、その編集後記(執筆は近藤憲二であろう)にはこう記されている。


 ……フアブルが児童のために書いた易しい科学書を、『フアブル科学知識叢書』として、大杉君が計画し、アルスから発行された叢書の一つで、野枝さんが原書 “Le Livre d' Histoires”(Récits Scientifiques)を英訳の“The Story Book of Science” から訳し、大正十二年八月に出版された。

 これは原稿を、大杉君がフランスに出かけるとき持つて行つて、上海滞在中に目を通したのである。


(大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第九巻』/一九二六年三月二十日)


「Le Livre d' Histoires」の英訳は「The Book of Stories」、「Récits Scientifiques」は「Stories Scientists」。

『定本 伊藤野枝全集 第四巻』解題によれば、The United State Catalog--Books in Print(Fourth edition, N.Y., 1928)で確認すると、野枝が和訳した英訳本は『 Story- book of Science』(trs. by Bernard Maill, N.Y., London: Century, 1912)である。

 野枝は「訳者から」に、こう書いている。





 学問といふものは、学者といふいかめしい人達の研究室といふ処にばかり閉ぢこめておかれる筈のものではありません。

 今までの世間の習慣は、学問といふものをあんまり崇(あが)めすぎて、一般の人達から遠ざけてしまひすぎました。

 何の研究でも、その道の学者だけが知つてゐれば、他の者は知らなくてもいゝやうな風に極められてゐました。

 いや、知らなくてもいゝ、ではなくて、知る資格がないやうにきめられてゐました。

 けれども此の習慣は間ちがつてゐます。

 非常にこみ入つた六ヶ(むずか)しい研究は別として、誰れでも一と通りの学問は知つてゐなければなりません、子供でも大人でも。

 子供の為めのお伽話(とぎばなし)の本は、沢山すぎる程あります。

 けれども、お伽話よりは『本当の話が聞きたい』と云ふ、ジユウルのやうな子供の為めのおもしろい本を書いてくれる学者は日本にはあまりないのか、一向に見あたりません。

 私は此のフランスの親切な叔父さんのお蔭で、お伽話ばかりおもしろがつてゐる日本の子供達に『本当の話』がそんなにおもしろいものかと云ふ事が分れば本当にうれしく思ひます。

 そして又、沢山のお父さんや、お母さんや、叔父さんや、叔母さんや、姉さんや、兄さん達が、此の本で、小さい人達の目にうつるいろんな謎を、どういう風に片づけてやるべきものか、と云ふ事、またその事柄をも併せて学んで下されば大変しあはせです。


(アンリイ・ファブル著 大杉栄・伊藤野枝共訳『科学の不思議』/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第九巻』/『定本 伊藤野枝全集 第四巻』)





 野枝が下訳をして大杉が手を入れて仕上げたのだろう、この共訳本はたしてどんな案配だったのか、興味があるので、英文原文とその和訳を対比してみよう。

 以下は「THE YEAR AND ITS SEASONS」という章の原文からの抜粋引用である。


 THE YEAR AND ITS SEASONS

"You told us," said Claire, "that at the same time the earth turns on its axis it travels round the sun."

"Yes. It takes three hundred and sixty-five days for that journey; it makes three hundred and sixty-five pirouettes on its axis in accomplishing a journey round the sun. The time spent in this journey makes just a year."

"The earth takes one day of twenty-four hours to turn on its axis; one year to turn round the sun," said Jules.

"That is it. Imagine yourself turning around a circular table the center of which is occupied by a lamp representing the sun, while you represent the earth. Each of your walks around the table is one year. To represent things exactly, you must turn on your heels three hundred and sixty-five times while you circle the table once."

"It is as if the earth waltzed around the sun," Emile suggested.


(『The Story Book of Science 』by Jean Henri Fabre)





 野枝と大杉はこの部分を、こう訳している。


「一年と四季」

『地球は自分で廻りながら、太陽のまはりを廻つて行くんだと云ひましたね。』とジユウルが云ひました。

『さうだ。其の一とまはりするのに三百六十五日かゝる。だから太陽のまはりを廻る間に、地球は自分で三百六十五回廻るのだ。そしてこの一まはりする間に過す月日が丁度一年になるんだ。』

『地球は自分が廻るには二十四時間の一日かゝつて、太陽のまはりを廻るには一年かゝるんですね。』とジユウルが云ひました。

『さうだ。お前が地球になつたとして、太陽の代りにランプを置いた丸テーブルのまはりを廻ると思つて御覧。お前がテーブルを一廻りするのが一年だ。そしてそれをもつと正確にやれば、テーブルを一と廻りする間に、三百六十五回踵(きびす)でグル/\廻らなければならないのだ。』

『まるで地球が太陽のまはりで踊つてゐるやうなものですね。』とエミルが云ひました。


(アンリイ・ファブル著 大杉栄・伊藤野枝共訳『科学の不思議』/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第九巻』/『定本 伊藤野枝全集 第四巻』)





 「科学の不思議」はポオル叔父さん(Uncle Paul)が姪のクレエル(Claire)、ふたりの甥のジユウル(Jules)とエミル(Emile)に、科学の話を平易に語って聞かせるというスタイルの本である。

 抜粋引用した英文の冒頭は「said Claire」だから「クレエルが云ひました」が正しいのだが、訳文では「ジユウルが云ひました」と記されている。

 これは訳者のミスなのか、単行本や全集に収録する際のミスなのか不明だが、ケアレスミスであろう。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:52| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。