広告

posted by fanblog

2017年01月25日

第418回 白の洋装






文●ツルシカズヒコ




『読売新聞』(七月十二日)によれば、箱根丸が神戸へ入港したのは、一九二三(大正十二)年七月十一日午前十一時だった。

 兵庫県警の刑事たちがランチで箱根丸に近づき、船内に入った。

 その十分後に刑事連に取り囲まれた大杉が「卵色の夏服に白のヘルメット帽を被り元気さうな顔で船橋を降り待受けた写真班の前に平素に似ずニコ/\顔で立つた」。

 大杉は刑事連とともにランチに乗り込み、三菱倉庫の前から上陸、記者団の包囲を巧みに避けて、刑事たちに護られ姿を消した。

 大杉が連行されたのは林田署で、そこで取り調べを受けた大杉は拘留されることなく、午後二時四十分に釈放された。

 魔子を連れ、安谷寛一とともに波止場で待機していた洋装の野枝は、刑事たちが乗り込んだランチに同乗することを禁止されたので、第三突堤で大阪から来た同志三十名あまりと大杉の上陸を待っていた。

 しかし、大杉は林田署に連行されたので、取り調べが終わるまで、野枝たちは大杉に面会できなかった。

 釈放された大杉は、野枝と魔子が宿泊していた須磨の松月(しょうげつ)旅館に入り、七ヶ月ぶりで妻子と対面した。

noe000_banner01.jpg


『東京朝日新聞』(七月十二日)は、「宿屋よりも結構と大杉栄氏牢獄生活を語る 『戦後は無政府主義より共産派が優勢だ』と 釈放されて今夕着京」という見出しで報じている。

 同紙によれば、林田署から釈放された大杉は、安谷と人力車で松月旅館に向かい、野枝や魔子と一時間ほど談合した後、往訪の記者団と面会。

 白背広の大杉は、野枝、魔子、末弟・進らと大いに寛いだ。

 障子にもたれて煙草をふかしながら、「警察に随分引っ張り廻されたから貴方がたも予定が狂ってお困りだったでしょう、お楽に」と記者団を迎えた後、記者団の後方に陣取った刑事四、五名に対し「警察の方へは先程御話もしてあります、今記者団の方々と一緒に君達へ話をする約束はしてなかつた筈です」と、あっさり追っ払った。

『読売新聞』(七月十三日)と『東京朝日新聞』(七月十二日/七月十三日)によれば、大杉と野枝と魔子の一行は七月十二日神戸発午前八時十三分の特急列車の一等車に乗車、午後七時三十五分に東京駅に着いた。





 大杉氏は……野枝夫人と娘の魔子さんと共に顔を出す、それツと人波がどよめいて、口口に讃辭を浴びせる、

 純白の背広にヘルメットを被り、以前よりはズット太つて海風(かいふう)に見舞はれた黒い顔から例の光る目を覗かせて、

 葉巻をふかしながら大杉氏は「やあ、達者で帰つたよ、事新しく話すこともない、神戸からの途中は暑さに弱らせられた」と元気で語る

 白の洋装した野枝さんも帰り着いた喜びにニコ/\する、

 大杉氏は魔子さんを抱いて夫人と各社の写真班のレンズに入る、

 それがすむと二八六五号のタクシーに乗るまで群集がたかる、

 車夫までが「大杉ツて随分豪(えら)い奴だね」などと関心してゐた

 ーー自動車の尾行を随(したが)へて三人は自宅へーー


(『読売新聞』一九二三年七月十三日)





「浴衣掛けで寛いだ大杉栄 妻子と祝盃を揚ぐ」という見出しの『東京朝日新聞』は、帰宅後の様子も報じている。


 ……特急列車は予定の如く……東京駅に着いた、

 構内は加藤一夫……を初め主義者の一団に多数の見物人を交へその間を異様な目つきで私服が泳ぐ、

 古羅馬(ローマ)の英雄が都入りのやうな歓呼に迎へられ三両目の一等車から妻子と共に莞爾(にこにこ)と降れば主義者は慈父の帰国した如く我先と争つて握手を求め我事の如く健康を喜ぶ、

 ……氏は吾家(わがや)に恙(つつが)なく帰る事が出来た喜びを包(つつみ)きれずに早速窮屈な洋服を浴衣に着かへ打ちくつろいで家の者と三鞭(シヤンペン)代りにサイダーを抜いて簡単な祝盃を挙げた


(『東京朝日新聞』一九二三年七月十三日)





 その夜のことを、当時六歳だった魔子は十二年後にこう回想している。


 父がフランスから帰つて東京に着いたその晩……駒込の家で父は浴衣に着替へ、(私も珍しく浴衣をきてゐた、その模様もぼんやり乍ら覚えてゐる)サイダーを飲んでゐた。

 おしかけて来た新聞記者連が二階の私達のゐる部屋まで上がつて来て、しきりに写真をとつた。

 その時あのうつす度にバーン! と云ふマグネシュームをたく音に、私は持つてゐるコツプがわれやしないかとはら/\した事を覚えてゐるのだ。

 そして父は平気で飲んでゐたが、私はバーンと云ふ度にコツプを後ろにかくす様なかつかうをした。

 あとでその時の写真を見たらちやんとコツプを持つて飲む所がうつつてゐた。

 父にその話をしたかどうかは覚えてゐないが。


(伊藤真子「父大杉栄の記憶」/『婦人公論』一九三五年七月号)


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 10:54| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。