広告

posted by fanblog

2016年09月12日

第347回 バートランド・ラッセル(一)






文●ツルシカズヒコ


 バートランド・ラッセルが、営口丸で神戸に到着したのは一九二一(大正十)年七月十七日だった。

 ラッセルは前年十月に二番目の妻となるドーラ・ブラックとともに中国を訪問、この年の七月まで北京大学客員教授を務めていたが、イギリスへの帰途、改造社の招待に応じて来日したのだった。

 七月二十六日、午前十一時から帝国ホテルでラッセルと日本の思想家、学者、ジャーナリストらとの懇親会が催された。

『東京朝日新聞』が報じている。

noe000_banner01.jpg


 定刻前から青い壁紙(へきし)と竹や蘭に飾られた涼し気な広間に明るい露台(バルコニー)を背にし乍(なが)ら麻の背広を着込んだラッセル氏は

 白絹の下着に支那模様の黒チョッキを羽織つたブラック嬢と深い弾椅子に坐つて話しつゝ客を待つてゐると、

 ……ドヤドヤと大杉栄、堺利彦、昇曙夢諸氏がやつて来た

 大杉氏に紹介されたラッセル氏は満面に愉快そうな笑みを湛へて強い/\握手をした

「君はゴルドマンベルグマンを知つてゐますか」とのラッセル氏の問ひに大杉氏は独特の可愛いゝ羞(はにか)みをしながら「えゝ、人としては知らぬが彼の獄中記なぞを読んで知つてゐます」

「私はロシアで逢つて来ました」

「彼等米国の無政府主義者は過激派だからどんな待遇を受けてゐますか」

「個人としては仲々優遇をされてゐるやうですね、しかしゴルドマンは主義としてはボルシエビズムに慊(あきた)らず過激派でも彼等の説に不満を持つてゐるやうです」など追々雑談が深味を加へて行く頃

 広間にあちこちに散らばった小綺麗な椅子には…阿部次郎、和辻哲郎……鈴木文治、杉村楚人冠……与謝野晶子…の諸氏が見えた

 やがてラッセル氏は大杉氏に「どんな無政府主義者もこの爆裂弾軍にはかなはない」と大笑ひして来朝以来貴族的だと避難されて居るやうな容子は少しも見えず、思想家との会談で心も和らいだのであらう……


(『東京朝日新聞』一九二一年七月二十七日)





 ラッセルが「爆裂弾軍」と言っているのは、写真撮影のために光るフラッシュのこと、あるいはフラッシュをたくカメラマンたちのことである。

 十二時半に昼食になり、食事の後にラッセルのスピーチがあり、二時に散会した。

『東京朝日新聞』二面にはラッセルと大杉のツーショット写真が掲載されている。

 この写真について、江口渙はこう書いている。

 
 それを見て暁民会の青年社会主義者川崎悦行が、うれしそうにつぎのようなことをいった。

 「いままで日本人と西洋人と名士がならんで写真をとると、きまって日本人の方が貧弱に見えたのが、こんどの写真だけはラッセルより大杉さんの方が段ちがいに堂々としていますね。じつにうれしかったなあ」

 川崎のこの言葉には私も心から賛成だった。

 とくに写真でさえも彼の風采がそのようにまで堂々として見えるのは、たんに顔や体の形がすぐれていたからではない。

 やはり大杉の全身におのずからに湧きあふれている革命家的気魂のたくましさ、人間的魅力の底しれぬ豊かさとおおらかさ、それが写真の上でさえ自然と人を打つのである。


(江口渙『続 わが文学半生記』/春陽堂書店/一九五八年)





 ラッセルと面談した大杉の談話が『改造』九月号に掲載された。

 大杉が向かい合ってラッセルと話したのは、五分間ぐらいだった。

 大杉は帝国ホテルの建物の中に入るのは初めてだったので、ちょっと面喰らいながら、こわごわ玄関から入って行った。

 改造社の関係者が大杉をラッセルのいる部屋に案内した。

 大杉はそこで初めて実物のラッセルの顔を見た。

 ラッセルは誰か人を紹介されていた。


 写真で見たあの通りの顔ですね。

 頬と云ふよりは寧ろ、口の両角のすぐ上あたりが、神経質らしく妙に痩せこけてゐるのが、病後のせいか猶目立て見えましたがね。

 あれは、あの人の顔の中で一番いやなところですね。


(「苦笑のラッセル」/『改造』一九二一年九月号/日本図書センター『大杉栄全集 第14巻』)





『ラッセル自伝』によれば、ラッセルは中国滞在中に肺炎になり三月下旬に危篤状態に陥った。

 大杉が「病後」と言っているのは、そのことである。

 ドーラがラッセルの看病に忙殺されていたころ、日本の新聞記者が病院に押しかけ、彼女を困らせたあげく、ラッセル死亡という誤報記事が日本の新聞に載った。

 この誤報がアメリカへ流れ、そしてアメリカからイギリスに流れた。

 ラッセルは日本の各新聞に誤報訂正記事を掲載することを要求したが、日本の新聞社はこれを拒絶した。

 ゆえにラッセルとドーラは、来日当初から日本の新聞記者には好感を持っていなかった。

 ラッセルとドーラをさらに怒らせたのは、新聞社のカメラマンが一斉にたくフラッシュライトだった。

 フラッシュライトが「爆発」するたびに、妊娠中のドーラはおびえた。

 流産するのではないかという、ラッセルの心配がふくらんでいった。

 ラッセルとドーラは滞日中、終始不機嫌だった。





 大杉がラッセルに紹介される番になった。

「ミスター大杉、え、ジャパニイス、バクーニン……」なんて紹介をされたので、大杉はまた面喰らった。

 ラッセルと大杉が向かい合って椅子に座ると、十幾人かの写真屋が代わる代わるポンポンとフラッシュをたいた。

 ラッセルは例の口の両角の上に濃いくまを見せて、「堪りませんな」というような意味のことを、そのポンポンのたびに目をつぶっては言った。

 そして「いくらわれわれがアナーキストだって、こんなに爆裂弾のお見舞いを受けちゃね……」などとふざけながら苦笑いしていた。





「苦笑のラッセル」によれば、大杉はラッセルとの会話の内容や印象について、こう語っている。


エマ・ゴオルドマンを知つていますか。」

「えゝ、其の著書で。」

ベルクマンは?」

「え、やはり其の著書で、と云つても『一無政府主義者の獄中生活』しかないやうですがね。」

「さうです。しかし大変面白い本ですね。」

「二人は今ロシアでどうしてゐます?」

「二人とも昨年モスクワで会いましたがね、別にする事がないんで、革命博物館の為めの何かのコレクションをしてゐましたよ。ボルシェヰ゛キ政府からの待遇に就いては、十分満足しているやうでしたが、政府のいろんな施設に対しては勿論大いに議論があるやうでした。」

 要するにたゞこれだけの事ですね。

 印象と云ふ程のあらう筈がないぢやありませんか。

 あの人の社会改造論に就いてゞすか。

 さうですね、一言で云へば、一種のアナアキスト・コンミュニストでせうな。

 が、あまりにどうもインテレクテュアル過ぎるやうですね。


(同上)


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:09| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。