広告

posted by fanblog

2016年09月05日

第343回 花札






文●ツルシカズヒコ



「男女品行問題号」である『女の世界』六月号は、アンケートへの回答も掲載した。

「良人が不品行をした場合、妻は如何なる態度を採るべきでせうか? その場合妻も亦良人と共に不品行をする事を許されるでせうか?」という質問を葉書で出し、その回答を求めたのである。

 四十七名が回答を寄せているが、野枝も回答している。

 野枝の肩書きは「社会主義者 大杉栄氏同棲者」である。

noe000_banner01.jpg


 不品行といふのが、どんな事をさすのか知りませんが、一緒にゐる人間が自分の気に入らない不愉快な行為をし、それがどうしても我まんが出来なければ、早速別れることです。

 いろんな事情で別れる事が出来なければ、我まんする事です。

 その二つより他にしかたはないようですね。

 こんな問題の返事をハガキで取るなどは大間違ひです。


(「良人がもし不品行をしたなら……?」/『女の世界』一九二一年六月号・第七巻第六号/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)


 野枝は『女の世界』(実業之世界社)編集部の安易な「葉書アンケート」を叱責しているが、同誌の名編集者だった安成二郎は二年ほど前に実業之世界社を退社し、読売新聞社に転じていた。





♬わたしゃ水草 風吹くままに

♪流れ流れて 果て知らず

♩昼は旅して 夜は夜で踊り

♫末はいずくで 果てるやら


 これは北原白秋・作詞、中山晋平・作曲、『さすらいの唄』の四番の歌詞だが、矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、野枝はよくこの歌詞を口ずさんでいたという。

 一九一七(大正六)年、島村抱月の芸術座がトルストイ『生ける屍』を上演したが、『さすらいの唄』はヒロインを演じた松井須磨子が歌った劇中歌だった。

『さすらいの唄』はレコード化されヒットした。





 大杉一家が鎌倉に住んでいたころのある思い出を、近藤憲二が書き記している。

 大杉と野枝は夫婦仲がよかった。

 いつも、オシドリのように一緒だったが、たまには喧嘩もした。

 喧嘩になるきっかけは、たいてい根も葉もないつまらぬことだった。

 ある日のことだった。

 そのときは、みんなで花札を引いていた。


「あら、あなた、いま菊をうつ手はないでしょう」

「いいじゃないか」

「いいじゃあじゃ(ママ/筆者註/「いいじゃないかじゃ」の誤記であろう)ありません。あちらにができかかっているんですよ」

「知ってるよ」

「知っててうてる訳ないじゃありませんか」

「いいんだよ。それッ! あッ、しくじった! 僕にも野心があったんだがなア……」

「あなたはいつでも、そんな無茶ばかりする」

「無茶じゃないよ、計画がはずれただけさ。そこがおもしろいんだ」

「おもしろいもないもんだ。第一そんなルールってありゃしない」

「ルールもヘチマもあるもんか」

「あなたはエゴイストだ」

 なおも二こと三ことを言い争っていたが、

「じゃやめりゃいいだろう」といって、大杉が花札を片づけてしまった。

 まあこういった、つまらないきっかけからだ。


(近藤憲二『一無政府主義者の回想』・平凡社・一九六五年六月三十日)





 喧嘩になると、ふたりとも口をきかなくなった。


 一日でも、ときには二日でも三日でも口をきかない。

 食事のときなど、二人ともほかの者とは普通に話すが、お互いは黙っている。

 大杉が野枝さんをからかい半分に、私たちにわざと面白おかしい話をする。

 野枝さんは笑いたくも、じっと我慢して、一層むずかしい顔をする。

 結局、二日目か三日目には大杉の方が負けて、先に口をきく。

 そういう点では野枝さんの方がねばった(おかしな話をして、ご免なさい)。


(同上)


「おかしな話をして、ご免なさい」と近藤は書いているが、喧嘩をして口をきかなくなるなんて、まるで子供みたいで、なんとも微笑ましい逸話ではないか。

 おそらく花札の才は野枝の方が大杉より数段上だったのであろう。

 高い手を仕込んでいた野枝さんは、大杉の「場を読めない」下手さにカッとなったのであろう。


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 20:13| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。