2016年09月03日

第341回 赤瀾会(二)






文●ツルシカズヒコ




『改造』一九二一年六月号に「赤瀾会の真相」が掲載されたが、山川菊栄「社会主義婦人運動と赤瀾会」とともに、野枝も「赤瀾会について」を寄稿している。

 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、『改造』同号には「赤瀾会の人々」という紹介記事も掲載されたが、五月一日のメーデーに初めて婦人団体として参加した赤瀾会が一躍注目を浴びたからである。

 三千字ぐらいの原稿のうち、三分の二ぐらいが当局の検閲によって削除され伏せ字にされている。

noe000_banner01.jpg


 赤瀾会は現在五十人たらずの婦人達を擁する小さなグルウブです。

 本年のメエデーは、赤瀾会によつて最初の婦人参加者を得ました。

 しかし此の少数の婦人達は、日本の婦人団体としては前例のない圧迫を被(こうむ)りました。

 そして警察の檻房に打ち込まれ、二人の同志の婦人は東京監獄に拘禁されまでしました。

 赤瀾会員の大部分は、現在の日本の社会運動の実際運動にたづさわつてゐる人々の家族であり、縁故の深い人々です。

 従つて何よりも、みんなは、其の思想の上でよりも、先づ或る深い家庭的友情で結びつけられて居ります。

 又その周囲の雰囲気が永い間に大きな訓練をみんなに与へて居ります。

 或る人は、赤瀾会には思想がないと云ふ非難をしたさうです。

 それは或は事実かも知れません。

 一寸(ちよつと)指を屈して見ても、机の前に座つて本をよむ事の好きな人、或はさういふ事を楽しむといふ人は非常に少いやうです。

 それが非難さるべきものだとすれば、赤瀾会員は多分よろこんで此の非難に屈するでせう。

 しかし、本の上で覚えた理屈をこめる事を『思想的背景』があると云ふのなら、赤瀾会員は……彼女達は、いろ/\な立派な理屈を知つてゐ、云つてゐ、書いてゐながら、それを自分のものにして生活することを知らない卑怯者の尊大な誇りは持ちません。


(「赤瀾会について」/『改造』一九二一年六月号・第三巻第六号/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)





 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、「前例のない圧迫」とはメーデーに参加した赤瀾会会員が全員検挙されたことで、「二人の同志の婦人は東京監獄に拘禁」は、山川菊栄が書いた「婦人に檄す」というメーデー参加を呼びかけるビラを配った秋月静枝と中名生(なかのみょう)いね子が、出版法違反で検挙され、それぞれ罰金三十円に処せられたこと。

「赤瀾会員の大部分は、現在の日本の社会運動の実際運動にたづさわつてゐる人々の家族であり、縁故の深い人々」は、例えば堺真柄は堺利彦の長女、橋浦はる子は橋浦時雄の妹、秋月静枝は中名生幸力(こうりき)の伴侶、仲宗根貞代は仲宗根源和の伴侶。

 当局の検閲によって原稿が大幅に削除され伏せ字にされた件に関して、野枝は『改造』次号七月号に「親愛なる読者よ」を寄稿。

「……編輯締切後に於て其筋より抹殺されたものであります、どうか読者もかくの如き事情でありますから御許しを願ひます」と事情を説明している。





 野枝は『労働運動』二次十二号に「婦人の反抗」を寄稿したが、これは第二回メーデーに参加した赤瀾会への応援歌であり、『労働運動』同号の一面トップに掲載された。

 野枝はまず五月二日の『読売新聞』の記事に触れている。

『読売新聞』はアドバタイザー社の婦人記者、ビリー女史が上野精養軒裏で目撃した官憲の赤瀾会会員への暴行に関するコメントを載せている。


「日本の警官は何んと云ふ非道い事をするのでせう、あんな繊弱(かよわ)い婦人を捉へて打つたり蹴つたりするとはーー又、群集は婦人が侮蔑されてるのに傍観してゐるとは何んと云ふ事でせうーー私迄が大なる辱めしめを受けてゐるように感じます。

 日本は野蛮な国です、野蛮国です


(『読売新聞』一九二一年五月二日)


 野枝はこのビリー女史(野枝は「ビズレー女史」と表記)の上から目線のコメントに対しては、チクリとひと刺ししている。


 私は此の話を外国への恥だなどと問題にするのでない。

 警官が民衆を打つたり蹴つたりするのが日本ばかりだとは思ひもせず、又、ビズレー女史のようにアメリカやヨオロツパの文明国でそんな事が決してない等とも思はない。

 お互様に何(ど)の国の政府でもしてゐる事だ位は知つてゐる。


(「婦人の反抗」/『労働運動』一九二一年六月四日・二次十二号/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)


 そして、赤瀾会の勇気と行動力に賛辞を送っている。


 巡査共に云はせれば『女のくせに余計なところに出しやばるからウンとこらしめておかねば癖になる』と云ふにちがひない。

 しかし、如何に官僚的思想の彼等にしてもそんな暴行や侮辱を加へる事によつて、人間の心の奥底に萌え出した思想の芽をそう容易につみとつてしまへるものと信ずる事は出来ないにちがひない。

 事実赤瀾会の誰一人それにひるんだものはない。

 しかし、若い婦人が群集の面前で、髪を乱し、衣紋(えもん)をくづして巡査に引きづられると云ふ事が、どれ程痛ましい恥辱を与へるであらう?

 弱い精神の持主では到底忍べる事ではない。


(同上)





 赤瀾会に対する野枝と大杉の反応を、安谷寛一は四十四年後にこう回想している。


 大杉は乗り気のようだったが野枝さんは一向気がすすまなかった。

『ネ、君い、セキランカイとか何とかって、ご婦人連中えらそうなこと云うが、女なんて新しくたって古くたって皆んなコレだよ!』と、大杉は右手でつまらない形を作って見せた。

 野枝さんは険しい目で大杉をにらんだ。

 だが大杉の男女関係観は決して怪しいものではなかった。

 女は生殖器である。

 その働きは排泄作用である。

 男女平等では男はひどく不平等だし女はそれ以上不幸だ、と思っていた。

 不思議な大自然の摂理、大調和、大杉はそんな方面を考えること、ファブルの本能論に魅せられた彼の思いは、ミミっちい社会運動とは異なった世界に進もうともしつつあった。


(安谷寛一「晩年の大杉栄」/『展望』一九六五年九月・十月号)


「野枝さんは一向気がすすまなかった」というのは、どういうことなのか、ちょっと気になる。

 赤瀾会は応援するが、自分がメーデーに参加することには「一向気がすすまなかった」という意味だろうか。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 14:32| 本文
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)