2016年03月20日

第31回 出奔(三)






文●ツルシカズヒコ



 金の問題もあった。

 着替えも持たず、お金も用意する暇もなく、不用意にフラフラと家を出てしまったのだ。

 三池の叔母の家で金を算段するつもりだったが、ついに言い出せなかった。

 そして、家出したことが知れそうになって、思案のあまり志保子の家に来たのだ。

 手紙を出して頼んだら、お金の算段に応じてくれそうな二、三人のあてはあった。

 その手紙の返事を待つ間に連れ返されそうなところは嫌だったので、志保子を頼ったのである。

 しかし、手紙を出して一週間になるが、どこからも返事は来ない。

 もうどうなってもいい。

 なるようにしかならないのだ。

 あの命がけでその日その日を生きていく炭坑の坑夫のようなつきつめた、あの痛烈な、むき出しな、あんな生き方が自分にもできるのなら、こんなめそめそした上品ぶった狭いケチな生き方よりよほど気が利いているかしれない。

noe000_banner01.jpg


 親も兄妹もみな捨てた体だ。

 堕ちるならあの程度まで思い切ってどん底まで堕ちてみたいというふうなピンと張った恐ろしく鳴りの高い調子のときもあるが、すべてのものに反抗して自分で切り開いた道の先は真っ暗で何もないかもしれない。

 自分を自由に扱える喜びに浸れたのは、このまま逃れようと決心した瞬間だけだった。

 今日まで一日だって明るい気持ちになったことはない。

 肉親という不思議なきづなに締めつけられて、暗く重苦しい気持ちが離れない。

 上京したら辻を頼るつもりだが、辻の気持ちだってどちらを向くかわからない。

 考えると不安なことばかりだ。

 どうせ人は遅かれ早かれ死ぬのだ。

 どこか人の知らないところへ行って静かに死にたい。

 どうにでもなれという気にもなる。

 考えに考えたが、疲れてしまった。

 もう何も考えまいと思うが、やはりそれからそれへと考えが飛んでいった。





「郵便! 伊藤野枝という人はいますか?」

「はい」

 野枝が出てみると、三通の封書を渡された。

 受け取った封書の一通は西原先生から、一通は辻から、あとの一通は鼠色の封筒に入った郵便局からので開けてみると電報為替だった。

 野枝は西原先生が送金してくれるとは思っていなかったので、目にいっぱい涙が溜まった。

 一昨日に届いた先生からの電報を見たときにも、自分のことを気にかけてくれる気持ちにやはり涙が溢れ、志保子に先生のことを話した。

 野枝はまず西原からの手紙を読んだ。


 御地からの手紙を見て電報を打った。

 ……金に困るのなら何処からでも打電して下さい……弱い心は敵である。

 ……自分の真の満足を得んが為に自信を貫徹することが即ち当人の生命である。

 生命を失つてはそれこそ人形である。

 信じて進む所にその人の世界が開ける。

 如何なる場合にもレールの上などに立つべからず決して自棄すべからず

 心強かれ 取り急ぎこれ丈け。


(「出奔」/『青鞜』一九一四年二月号・第四巻第二号/『定本 伊藤野枝全集 第一巻』)


 野枝はぐずぐずしていられないと思った。


 ……私は本当に一生懸命にこれから自分の道をどんなに苦しくともつらくとも自分の手で切開いて進んで行かなければならない。

 私は決して自棄なんかしない。

 勉強する、勉強するそして私はずん/\進んでいく。


(同上) 





 西原からの手紙を読み終えた野枝は、最後に辻の手紙を開けた。

 軽いあるうれしさに微かに胸が躍った。

「出奔」に収録されている、辻からの手紙には日付がある。

「八日」「十三日」「十四日」「十五日夜」である。


 俺は汝(おまえ)を買ひ被つてゐるかもしれないが可なり信用してゐる。

 汝は或は俺にとつて恐ろしい敵であるかもしれない。

 だが俺は汝の如き敵をもつことを少しも悔ひない。

 俺は汝を憎む程に愛したいと思つてゐる。

 勿論悉(あら)ゆる習俗から切り離されたーー否風俗をふみにじつた上に建てられた生活を送つてみたいと思つてゐる。

 汝の其処までの覚悟があるかどうか。

 そうしてお互ひの「自己」を発揮するために思ひ切つて努力してみたい。

 もし不幸にして俺が弱く汝が発展を障(さまた)げる様ならお前は何時でも俺を棄てゝどこへでも行くがいゝ。
 
(八日)


(同上)


「八日」の書き出しは「オイ、どうした。俺はやつと『S』を卒業したところだ」であるが、「S」はドイツの哲学者、マックス・シュティルナーのことだ。

 そして「明日から仕事が始まる」とあり、つまり四月九日から上野高女の新学期が始まるわけだ。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 22:51| 本文
ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(443)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)