2016年07月13日

第294回 労働運動の精神






文●ツルシカズヒコ


 月刊『労働運動』(第一次)第一号が発行されたのは、一九一九(大正八)年十月六日だった。

 タブロイド版十二頁、定価は二十銭。

 大杉が創刊趣旨を書いている。

noe000_banner01.jpg


 労働者の解放は労働者自らが成就しなければならない。

 これが僕らの標語だ。

 日本の労働運動は今、その勃興初期の当然の結果として、実に紛糾錯雑を極めてゐる。

 頻々として簇出する各労働運動者及び各労働運動団体の、各々の運動の理論も実際も甚だ明確を欠き、従つて又其の相互の間の理解も同情も殆ど全くない。

 局外者から観れば、日本の労働運動の現状は、全くの一迷宮である。

 そして恐らくは、これは、猶暫くの間の、大勢であらう。

 労働者の反資本家的感情が、混沌たる紛糾状態を描きつつ、向う見ずに狂奔して行くのも面白い。

 しかし又、其の間に、各々の力が自己の進路や他の力との衝突や平均を確実に意識して行きたいと云ふ努力を起すのも、やはり自然の事であらう。

 僕等は今、此の努力の促進を、日本の労働運動そのものの為めの僕等の首要な役目の一つだと考えてゐる。

 本誌は即ち其の機関なのだ。

 日本の有らゆる方面に於ける労働運動の理論と実際との忠実な紹介、及び其の内容批判、これが本誌の殆ど全部だ。


(「本誌の立場」/『労働運動』一九一九年十月六日・一次一号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』に「僕等の立場」と改題し初収録・編輯室にて・『労働運動』/日本図書センター『大杉栄全集 第14巻』・編集室にて・『労働運動』)





 大杉にとって労働運動とは、資本家に賃金の増加と労働時間の短縮とを要求するにとどまるものではなかった。

 賃金の増加と労働時間の短縮は、人間が生き物として生きていくための最低限の生物学的な要求であり、初期の労働運動の二大属目だったが、今後の労働運動は労働者の人間的要求を満足させるものでなければならないと大杉は考えていた。

 資本家が労働者を支配しているのは工場内にとどまらず、資本家は労働者の実存を支配していると大杉は考えていて、労働者の人間的要求とはつまり、労働者の実存を資本家から自分の手に取り戻すことだった。





 僕等は、此の専制君主たる資本家に対しての絶対服従の生活、奴隷の生活から、僕等自身を解放したいのだ。

 自分自身の生活、自主自治の生活を得たいのだ。

 自分で、自分の生活、自分の運命を決定したいのだ。

 そして僕等は労働組合の組織を以て、此の僕等自身を支持する最良の方法であると信ずる。

 繰返して云ふ。

 労働運動は労働者の自己獲得運動、自主自治的生活獲得運動である。

 人間運動である。

 人格運動である。


(「労働運動の精神」/『労働運動』一九一九年十月六日・一次一号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第二巻』/日本図書センター『大杉栄全集 第6巻』)





 大杉は労働運動社の社員紹介もしている。


 中村還一、年廿二、時計工、労働同盟会前幹事。

 和田久太郎、年二十七、人夫、新聞紙法違反で十ケ月の牢獄生活を終つて来たばかり。

 近藤憲二、年廿五、早稲田大学政治科卒業。

 伊藤野枝。

 大杉栄。

 外に目下傷害罪(尾行巡査を)で入獄中の活版工延島英一(年十八)も九月下旬出獄早々入社の筈。

 これだけの社員が、社の常連として毎日のやうに遊びに来る多くの労働者と一緒に、いつも社にゴロ/\して ゐる。

 どなたでも、尤も二本足の犬だけは別だが、いつでもお遊びににお出で下さい。


(「読者諸君へ」/『労働運動』一九一九年十月六日・一次一号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』・編集室にて・『労働運動』/日本図書センター『大杉栄全集 第14巻』・編集室にて・『労働運動』)


 十月十一日、東京地裁で大杉の尾行巡査殴打事件に懲役三ヶ月の控訴審判決が下った。

『労働運動』を立ち上げたばかりで、野枝の出産も間近だったので、大杉は弁護士と相談して即日上告し、服役を先延ばしにした。




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 22:27| 本文
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)