広告

posted by fanblog

2016年06月29日

第266回 野枝さん野枝さん






文●ツルシカズヒコ



 野枝の叔母・代キチは、瀬戸内晴美の取材にこう答えている。


 大杉のことでござりますか。

 はあ、大杉も辻潤もよう存じております。

 辻はおとなしい煮えきらないようなところのある人に見うけられましたが、大杉はほんによか男でござりました。

 とくに女子供に対した時のやさしさは、何ともいえないものがござりました。

 どうしてこんなやさしい人を世間が恐しがるのだろうと思ったことでござりました。

 はあ、それは辻もなかなかにやさしいところのある男にござりました。

 野枝の男たちはみんな野枝を大切にしたようでござります。

 大体、主人と申す男が、金を貯めることよりも、人間を育てることが好きに出来ておりまして、敵味方もなく、これという人物には惚れこむたちのようでござりました。

 後になって、大杉のことなども、自分は右翼の玄洋社にいながら、ずいぶんと面倒をみるような気になったのも、主義主張より、大杉の人間に惚れこんだのかと存ぜられます。

 はじめは、野枝が大杉さんにはしりました時、(代は)とても怒っておりましたが、お終いには大杉さんの人物を理解いたしまして、死んだ時などは、それはよう面倒をみておりました。


(瀬戸内晴美・寂聴『美は乱調にあり』)

noe000_banner01.jpg


 野枝の妹・武部ツタは、瀬戸内晴美の取材にこう答えている。


 後に私は下関へ落着くようになりましたが、いつだって東京からこの家に帰る途中、寄るんです。

 決まってキップは下関までしか買ってやしません。

 今宿から東京に帰る時も、必ず下関までしか買って来ません。

 あとはみんな私持ちと決めていますし、お小遣いはもちろん、私が出すものと決めていました。

 ええ、子供を産むたび、辻の時も大杉の時も今宿へ帰ってくるんです。

 理由?

 お産する費用と産前産後の休養をうちでとるのが一番安上がりだからに決まっておりますよ。

 もう年とった母が、小さな子供のお守りをしながら赤ん坊のおしめ洗いをさせられて、よくぶつぶつぐちをこぼします。

 あたしが、若い時から何も世話になった娘じゃなし、すてておけばいいじゃないかといいましても、結局、気の優しい母は、それでもわが産んだ娘じゃものといって、やっぱり面倒をみつづけていました。

 その間だって姉は、暇さえあれば本を読んでいて、家に帰っている間は、おしめの洗濯なんかしやしませんでした。

 ……辻の時も、大杉の時も、亭主づれでよく来ていました。

 大杉の時は、父が怒って、世間にみっともないからといって、大分長く絶縁していましたが、結局父の方で折れて、大杉もつれて来るようになりました。

 ええ、まあ、男運はよかったんじゃないですか。

 辻も大杉もとても優しくて、姉のことを野枝さん野枝さんと、そりゃ大事にしていましたもの。

 両方ともいい男でしたけれど、やっぱり大杉の方がずっといい男でした。

 男らしくて、優しくて、堂々としていましたよ。

 辻はどこか、なよなよして、ぐずついた感じでした。

 姉はおしまいには辻のことを、ぐずだぐずだとこぼしていました。

 大杉があの大きな軀をおりまげて、井戸端で赤ん坊のおしめを洗っていた姿を、今でも覚えておりますよ。

 大杉が来ると、そういうことは小まめにやって、姉の下のものでも何でも洗ってやっておりました。

 辻のことだってもちろん、はじめの間はとても気に入っておりましたよ。

 辻は尺八の名人でしたから、尺八を吹き、姉は三味線をひいて仲よく合奏したりしていたのを覚えています。

 まあ、こんな田舎の人のことですから、父も母も結局は姉の夫だというので、どちらが来た時にも、できるだけ尽していたようです。

 大杉と一緒になってからは、この静かな小っぽけな村まで、大騒ぎになりました。

 駐在のお巡(まわ)りさんは、それまでは、この村の駐在に来ると、仕事がなくて、釣でもしてればよかったのに、姉が大杉といっしょになって以来は、泣かされていましたよ。

 えらいところへ来さされてしまったと、みんな来るたんびにうちに来てこぼしたものです。

 はあ、それはもう、三日にあげず、うちへやって来て、東京から、どんな便りが来たか、どんな変ったことがあったかと、訊きに来なければならないんです。

 そんなところへ、姉たちが帰ってでも来ようものなら一大事です。

 一日中、うちのまわりをうろうろして見張っていなければなりません。

 それをまた、姉も大杉も平気で堂々とつれだって散歩になんか出ますものですから、そのたび、お巡りさんは尾行でへとへとになっていました。

 姉はそんなお巡りさんをしまいにはみんな手なずけてしまって、使い走りをさせたり、子供のお守りをさせたりするんです。

 荷物なんか、いつでも駅から尾行に持たせてやって来ましたよ。

 身なりをかまわないのは相変わらずで、うちへ来る時は一番ひどくなったものを着て、仕立直してもらう肚(はら)ですから、綿なんかはみ出たものを着て平気です。

 羽織の紐なんか、いつもかんぜよりでした。


(同上)





 ツタは再婚をしているが、再婚した相手は廓を経営している二十七も年上の男だった。


 その時、姉が私に軽蔑したように、「いくら何だって、よくもまあそんなに年のちがった男に嫁ぐものだ。それでいいの」っていうんです。

 その言葉が忘れなれなかったものですから、姉が大杉といっしょになる時、私もいってやったものですよ。

「よくもまあ、そんなに女が何人もいる男といっしょになる気になったもんだ。それでいいの」

 姉はけろりとして、

「女なんて、何人いたって平気よ。今にきっとあたしが独占してみせるんだから」

 といいました。

 ま、姉は、いったことは必ずその通りにしました。

 それだけは不思議でした。


(同上)





 野枝も大杉もツタの夫の商売である廓についてはノーコメントだった。

 ツタの夫は年齢が年齢だけに、最初は野枝や大杉をまったく理解せず、つき合うことも嫌っていたが、そのうちふたりを受け入れるようになり、野枝と大杉はツタの家にも出入りするようになった。


 姉は、あんな主義だったけど……私たちの商売をとやかくいったことはありません。

 大杉もそうでした。

 そのかわり、当然みたいにお金だけはとられましたが。

 下関の私の家へもよく来ました。

(ツタの夫がまだ野枝たちに理解がなかったころは)私は姉の手紙でいつでも駅までゆき、駅で金をわたして、つもる話をするという方法で逢っていたくらいです。

 姉たちの来た後の迷惑だったことといったらーー、必ず、警察から呼出しがあって、朝何時に起きて、何時に御飯をたべたまで訊かれるんです。

 一日がかりでいやになりましたよ。

 滞在中も二、三人の尾行が家のまわりに立って見ています。

 うるさいったらないんです。

 それでしまいには、姉は駅へつくとすぐ、自分から警察に電話して、今つきましたよっていうようになりました。

 結局、尾行は姉に荷物をもたされて、子供を背負わされてうちまで送ってくるという有様でした。


(同上)





『伊藤野枝と代準介』によれば、代千代子と野枝は真夏の今宿の浜で海水浴を楽しんだ。

 砂浜では子供好きの大杉が、魔子と千代子のふたりの女児をあやしていた。

 千代子二十四歳、野枝二十三歳であった。

 野枝と千代子はこんな水着を着て泳いだのかもしれない。

 野枝と大杉の間に生まれた四女・ルイズは、祖父母(野枝の父・亀吉、母・ムメ)から聞かされた、大杉の小さな取るに足らぬエピソードに心が和んだという。


 たとえば、今宿の家にきた大杉が子供たちのおむつを洗い、風呂の水をバケツで汲みこみ、地引網でとれたいかの刺身を天下一品だと喜んだとか、この浜の景色は、須磨、明石などよりははるかにすぐれているといったとか。

 そんな話のくり返しのなかにも、大杉に対する祖父母の思いがこもっていて、こころよい話であった。


(伊藤ルイ「新しき女の道」/なだいなだ編『日本の名随筆97 娘』・作品社・一九九〇年十一月)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:58 | TrackBack(0) | 本文

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5203537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。