2016年06月29日

第265回 大杉栄と代準介






文●ツルシカズヒコ



 一九一八(大正八)年六月、野枝は安谷寛一に葉書を書いた。

 宛先は「神戸市外東須磨」(推定)。

 発信地は「南葛飾郡亀戸町二四〇〇番地」(推定)。


 其後いかゞ。

 お子達はお丈夫ですか。

 私の処の赤ん坊もやう/\のことでなをりました。

 手なしでいろんな仕事がちつとも進行しないので、当分の間仕事を持つて九州に行くことにしました。

 此の家は今月一杯です。

 秀世さんのおべゝは行きに持つてゆきます。

 クララはもうたつたでせうか。

 もしまだゐるやうだつたら、来月はじめに私はそちらを通ります。

 多分特急ですから寄ることは出来ませんが、一分でも二分でも、まだもしゐるのなら会ひたいのですが、一度たづねて見てくれませんか。


(「書簡 安谷寛一宛」一九一八年六月推定/安谷寛一編『未刊大杉栄遺稿』・金星堂・一九二八年一月十日/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』)


「私の処の赤ん坊」は前年九月に生まれた魔子、「此の家は今月一杯」は七月に亀戸から滝野川に引っ越すこと、「秀世さん」は安谷の子供。

 クララはイワン・コズロフ夫人のクララ・サゼツキーのことで、コズロフ夫妻はモスクワ行きを計画していた。

noe000_banner01.jpg


 野枝が魔子を連れて福岡県の今宿に出発したのは、六月二十九日だった。

 翌、三十日に今宿に到着した。

 避暑を兼ねていたが主目的は金策である。

 矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、代準介が大阪の株界を引き、妻のキチと博多に戻ったのは、この年の六月だった。

 代は住吉神社そばの住吉花園町(現・福岡市博多区住吉)に居を構えた。

 野枝は主に従姉(いとこ)の代千代子の今宿の家で過ごした。

 魔子は生後九ヶ月であり、千代子も三歳半の長女と魔子と同じ年の次女をかかえていた。


 代は魔子を実の孫のごとくに抱き上げ、義絶心を柔らかく溶かした。

 そのけじめとして、大杉を博多に呼ぶよう、野枝に伝える。

 どんな人物なのか、この眼で見たくなったのだ。


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』)





 七月八日、野枝の留守中、大杉家は南葛飾郡亀戸町二四〇〇から、北豊島郡滝野川町田端二三七に引っ越した。

 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、月の家賃九円の小さな家だった(現・田端一丁目七番付近)。

 和田と久板も一緒に移住、飼い犬の茶ア公も連れて行った。

 引っ越した理由はまたも金銭的なことだった。


 六月十六日

 大杉君は近い内にひっ越すという。

 それはこの日比谷地所ないの親方甚万というのが、大杉君とこへいって、「貴方が来られてから地所ないに刑事が盛んに出入りするので、賭博が出来ない。現に大分あげられているさまで、これまで滞った家賃を棒引にし、五十円出すから、助けると思って立退いて呉れ」といって来た。

 そんなら助けてやろうというのである。

 それで四五日前に甚万から大杉君へ生魚を送って来た。

 僕の宅へも黒鯛とコチと□(不明)とを貰って、鯛の皮付で一飲みしたワケだ。

 勿論甚万は口を利いただけ、これは大家から出したのだろう。


(『橋浦時雄日記 第一巻』)





 七月十一日、大杉が林倭衛とともに野枝の帰省先・今宿に向かい、十四日に今宿に到着した(「『日録・大杉栄伝』)。

『定本 伊藤野枝全集 第四巻』「伊藤野枝年譜」によれば、大杉は八月三日まで今宿の旅人宿・松井八十方に滞在したとあるあが、『伊藤野枝と代準介』にはその記述がなく、野枝の約一ヶ月の帰省中、野枝と大杉と魔子は「代の家と今宿で過ごし」とある。

 このとき福岡市住吉花園町の代準介宅で撮影された大杉の写真が、『伊藤野枝と代準介』に載っている。

 結局、大杉は代準介の眼鏡に叶った。

「牟田乃落穂」の中に、代準介の大杉への感慨が記されている。

「大杉栄は世に恐ろしき怪物の様に誤り傳へられ居りしが、其個性に於ては實に親切にして情に厚く、予、初めて対面せし時等、吃して語る能はず、野枝の通訳にて挨拶を終へたり。

 親交重なるに従ひ吃音せず談笑したり。

 尤も演説又は官憲に対しては流暢に弁論をなす。

 或る時、社会問題は容易に實現せざるべしと云ひしに、是は五百年千年、又は永劫實現せざるやも知れず、去り乍ら、理想の道程を縋(すが)り行くこと吾任務なりと」


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』)





『伊藤野枝と代準介』によれば、大杉は今宿滞在中に『糸島新聞』に取材をされ、こう語った。

「自分ハ社会改善ノ為メ全力ヲ傾注スル考ナルガ、如何ナル方法ニ依リ改善スルカハ具体的腹案モナク、又発表スル限リニアラザルモ、中央ノ権力ヲ今少シ自治団体ニ移シ、現在ヨリモ強大ナル団体ヲ作リ、以テ人民ノ生活ヲ容易ナラシメタシト考フ」

 さらに『伊藤野枝と代準介』によれば、『部落解放史ふくおか』創刊号(一九七五年刊)に掲載された井元麟之「ひとつの人間曼荼羅」の中で、井元は代準介を紹介する文中で、大杉と野枝に言及している。

「大杉栄は、大正七年に野枝夫人と共に、海浜に近いその実家(福岡市西区今宿)に滞在して、時には海水浴に興じながら一と夏を過した。恐らくこれは大杉夫妻にとって、生涯を通じて最も平和で幸福な日日ではなかっただろうか」


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 16:47 | TrackBack(0) | 本文

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5203255
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)