2016年03月19日

第25回 抱擁






文●ツルシカズヒコ



 卒業が間近になったころのことについて、野枝と同級の花沢かつゑはこう書いている。


 三月の卒業も間近になった頃友達は皆卒業後の夢物語に胸をふくらませておりました。

 或る人は外交官の夫人になりたいとか、七ツの海を航海する船乗りさんの奥さんになりたいとか、目前の卒業試験も気にならず、将来の明るい希望の事ばかり語り合っておりましたが、野枝さんは、やっぱり私達より大人でした。

 私は卒業すれば九州へ帰らなければなりませんからしばらくあなた方とはお別れですが、必ず東京へは出て来るでしょう。

 そして、私は人並みの生き方をしませんからいずれ新聞紙上でお目にかかる事になるでしょう。

 そうでなくて、九州に居るようになれば玄界灘で海賊の女王になって板子一枚下は地獄の生活という生き方をするかも知れないわよなどど大言壮語して私達を煙に巻いていましたが。


(花沢かつゑ「鶯谷の頃から」/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』「月報2」)


 上野高女五回生の卒業式が行なわれたのは、一九一二(明治四十五)年三月二十六日だった。

『定本 伊藤野枝全集 第一巻』の口絵には、卒業証書と卒業写真が載っている。

 最後列右から四番目が野枝である。

 そっぽを向いてふてくされた表情をしている。
 
 前から三列目、左から六番目が千代子である。

 最前列中央が校長の小林弘貞、左が教頭の佐藤、その左が西原と思われる。
noe_ph03.jpg
 女性陣の中でただひとり洋装をしているのが、英語を教えていたバーナード・リーチ夫人だ。

 瀬戸内晴美『美は乱調にあり』では、卒業式の日、辻潤は風邪気味で熱があったので、式にも記念写真を撮るときにも欠席したとあるが、これは瀬戸内晴美(寂聴)の創作である。

「伊藤野枝年譜」によれば、卒業式の翌日、三月二十七日に野枝は辻潤と上野公園、竹の台陳列館に故青木繁君遺作展覧会(『美術新報』主催第三回展覧会の一部として開催)を見に行き、初めて辻に抱擁され、その夜、代一家と帰郷したとある。





 野枝の創作「動揺」によれば、卒業式前後の野枝の心境や行動は、こんなふうだった。

 三月になり野枝は故郷に帰るまいと決心した。

 しかし、従姉の千代子も一緒に帰ることになっているので、一度は東京を一緒に出なければならない。

 途中で千代子から離れて、しばらく隠れていようと思った。

 二十六日が卒業式だ。

 野枝はいろいろ準備をしておこうと思ったが、突然、千代子の祖父が死去、二十七日に帰郷しなければならなくなり、準備をする時間がなくなった。

 二十六日の卒業式後は悲痛な思いで、遅くまで学校に残った。

 ちょうどそのとき、青木繁の遺作展をやっていたので、二十七日にすべてのことを捨ててそれを観に行くことにした。

 一緒に行こうと言ってくれたのは、辻だった。

 二日ぐらい前から心が激動していたので、落ち着いて青木繁の遺作を観ることができなかった。


 そしてそのかへりにはじめて何の前置もなしに激しい男の抱擁に会つて私は自身が何かをも忘れてしまひました。

 惑乱に惑乱を重ねた私はおちつく事も出来ずにそのまゝ新橋に駆けつけました。

 新橋には多勢のお友達や下級の人たちが来てゐました。

 従姉はさきにいつてゐましたが私のおそかつた為めに汽車の時間には遅れたのです。

 私は再び小石川まで帰つてまゐりました。

 再びその夜十一時にたつ事にして新橋に行きました。

 私共に絶えず厚意をもつて下すつた三人の先生がおそいのもかまはず送つて下さいました。


(「動揺」/『青鞜』一九一三年八月号・第三巻第八号/『定本 伊藤野枝全集 第一巻』)





 井出文子『自由それは私自身 評伝・伊藤野枝』によれば、『謙愛タイムス』の編集を通じて野枝と辻の親交は深まり、「朝来るときも帰りもいつも二人は一緒だった」(友人の証言)という関係になり、辻の帰りが遅いときは野枝も音楽室に残り、オルガンを弾いて歌いながら辻を待っていた。

 卒業式の後も、ふたりはいつものように音楽室で遅くまで弾いたり歌ったりした。

 明日は東京を立ち郷里に去らねばならぬ野枝。

 ふたりは出発の前に別れを惜しんで、前年、二十九歳で夭折した青木繁遺作展を観に行くことにした。

 この展覧会には有名は「わだつみのいろこの宮」が出品されていた。

 花沢かつゑも新橋駅に野枝と代千代子を見送りに行ったという。


 ……私達七、八人の友達と佐藤先生・西原先生も御一緒に、この二人を送るべく新橋駅で約束の時間を待っておりました。

 代さんは御両親と一緒に駅で待っておられましたが、所定の時間になっても野枝さんの姿が見えません。

 だんだん発車のの時刻が迫って来ましたので、代さん達も気を揉み始め、皆イライラしておりましたので、私達はそこでお別れして帰って来ました。

 後で聞きました事ですが、その夜の汽車で代さんと野枝さんの一行は無事に九州へ帰られたのでしたが、その夜も佐藤先生と、西原先生は駅まで改めておいでになりお見送り下さったとの事でした。


(花沢かつゑ「鶯谷の頃から」/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』「月報2」)


 代家の記述に関しては最も信頼できるであろう、矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、新橋駅から博多へ向かったのは代キチ、代千代子、野枝の三人だった。

 卒業式の前々日の三月二十四日に代準介の実父・佐七が亡くなったので、代準介は急遽、長崎に戻ったからである。


●伊藤野枝 1895-1923 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 18:23| 本文
ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(443)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)