2016年05月26日

第217回 キルク草履






文●ツルシカズヒコ



 神近市子が日蔭茶屋事件について言及している、以下の三つの資料に沿って、この事件に迫ってみたい。

 ●『引かれものの唄』(法木書店・一九一七年十月/『叢書『青鞜』の女たち 第8巻 引かれものの唄』・不二出版・一九八六年二月復刻版/『神近市子著作集 第一巻』・日本図書センター・二〇〇八年)

 ●「豚に投げた真珠」(『改造』一九二二年十月号/『神近市子文集1』・武州工房・一九八六年)

 ●『神近市子自伝 わが愛わが闘争』(講談社・一九七二年三月二十四日)

noe000_banner01.jpg


 逗子の警察に自首した神近は横浜根岸監獄に収監されたが、一九一七(大正六)三月七日に保釈になった。

 神近の控訴審判決が出たのは、同年六月十七日だった。

 懲役二年。

 弁護士は懲役一年くらいにしょうと考えていたが、神近は二年の刑に服し、早くさっぱりしたかった。

 弁護士は控訴を取り下げた。

 神近が東京監獄八王子分監に下獄したのは同年十月三日だったが、彼女が保釈後、東京監獄八王子分監に下獄するまでの間に書かれたのが『引かれものの唄』である。

 同書の冒頭には「礼子の幼き霊に捧ぐ」という献辞が掲載されている。

 神近と高木信威(たかぎ-のぶたけ)との間に生まれて、神近の郷里に預けてあった礼子が病死したのは、神近が保釈になった直後だった。





 神近はかつて『青鞜』の愛読者であり、寄稿者であり、青鞜社の社員でもあった。

 そのあたりのことを彼女はこう記している。


 女の群の人々の間で、私はY夫人の芸術を愛した。

 T夫人の才気を好んでゐた。

 H女史の努力を称してゐた。

 けれど、個人としてのそれらの人々を愛する以上にそれらの人々の書き物を愛してゐたとは、私としてはどうしても云はれない。

 私はY夫人を人として母として尊びもし敬ひもした。

 T夫人の生活に興味を持ちもしよろこびもした。

 H女史は、友人として尚ほ深く愛してゐた。

 けれどお前の女を私は事実余り知らなかつた。

 顔を見たと云ふことが知つたと云ふことであり、何かの用件で一二本の葉書か手紙を書いたと云ふことが知己だと云ふのなら別とするけれど、私は事実あまりお前の女を知らなかった。

 H女史の庇護によつて東京に出られた翌日、S社の暗い夜顔を合せた時には、私はH女史と一所に『子守さん』のやうな印象を受けたことを覚えてゐる。


(神近市子『引かれものの唄』)





「Y夫人」は与謝野晶子、「T夫人」は田村俊子、「H女史」は平塚らいてう、「お前」は大杉、「お前の女」は野枝、「S社」は青鞜社である。

「何かの用件で一二本の葉書か手紙を書いた」というのは、一九一三(大正二)年一月八日、紅吉の家に神近、哥津、野枝が集まり、新年会の打ち合わせをし、案内状を書いたときのことである(第57回 第58回)。


 人として受けてゐた印象がさうであり、そして書かれたものは見たことはなかつたし(私は夙[はや]くからS雑誌の購読を止してゐたから)その上に文字で書いたものと云ふもの凡てを少しも評価はしなかつたし、周囲と境遇とは全く別であつたし、私はどの点から云つてもお前の女に対しては全くの白紙であつた。

(同上)





 一九一六年の正月、神近は同僚に誘われて歌舞伎座で歌舞伎を観たが、そのときに同じ枡席で野枝と同席したという。

 神近と野枝の対面は、一九一三年の正月にふたりが紅吉の家で会って以来、三年ぶりくらいだったと思われる。

 当時、野枝と青山菊栄が『青鞜』誌上で廃娼論争をしていたころだったので、神近は菊栄を呼び出してふたりの間の仲介の労を執った。


 その日は私は努めて好意を持たうとしてゐた。

 その日は、Aさんと二人で演伎座のKーー協会を見に行く約束になつてゐたのを、変更したのであつたから、同僚の人と相談して、電報でAさんにも歌舞伎に来て貰ひ、その頃S誌で論争をしてゐた二人を、私は偶然にも紹介しなくてはならない破目になつた。

 それで、私は出来るだけ愉快にその労を果したいとした。

 始めの覚悟にも似ず、私はその夜も大した親しみは持たなかつた。

 只だ一寸顔を見合はして別れて行く、私共の間の関係は、それが相応であり自然である運命であつたのだ。


(同上)





 青鞜社の関係者などから野枝についての話を聞かされた神近は、野枝をますます嫌悪するようになった。


 ……多くの人に印象してゐるお前の女は、矢張り到底私とは、人世と個人とに対する対度に於いて、文字や芸術に対する理解に於いて、又個人的の感情と情操とに於いて、全く一致することの出来ない、従つて同情することも理解することもできない、運命を持ち合つてゐたのだ。

(同上)

 野枝が千葉の御宿の上野屋旅館に滞在したことについて、神近はかつての青鞜社の仲間から、こんな話を聞いたという。


『あの人は知らず/\のうちにHさんを真似てるのよ、Hさんは若い人達の前では随分思ひ切つてひどい生活をして見せましたからね、屹度あの人はいくらか羨望を持つてHさんを見て居たのよ、それでそれが自分の許されると同じやうなことがして見たくなつたのさ、ごらんなさい、今にマントを着たり、旅行したりするから、Hさんが行つてゐた千葉に行くなんて一寸面白いぢやないの』

(同上)





 一九一六(大正五)年十一月七日。

 日蔭茶屋にやって来た神近が、大杉と野枝を見た際の印象をこう書いている。


 お前たちが二人一緒であるかも知れないとは、私には思はれてゐたことなのですけれど、実際を見た時に、私は殆ど呆れたやうな気持がしました。

 それは安物のキルク草履やヨレ/\になつた木綿の帯や、どこか貧しさから這ひ出した人のやうな気持を与へられはしましたが、ツイこないだまで一枚の単衣(ひとえ)に秋雨の寒い日を慄(ふる)えて居たり、質にあるセルが出せなくて下宿の二階に寝てゐた人々の持つてゐる心静かさと落付とは、私にはどこにも見出せないやうに思ひました。

 腰肌ぬぎになつて大鏡の前で化粧して、ピラ/\する新調のお召着を重ねて、プカプカと煙草をふかしてゐられるお前の女を見てゐると、私は気恥しくて居たゝまれないやうな気がした。

『この人達の恋愛は、こんなことなのか』

 私はかう思ひましたよ。


(同上)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 19:44| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)