広告

posted by fanblog

2016年05月20日

第197回 カンシヤク玉






文●ツルシカズヒコ


 五月八日の夕方、読売新聞社を訪れた大杉だったが、荒川義英も同社に来ていたので、大杉、土岐、安成、荒川の四人は一緒に社を出た。

 すると一行は道で荒畑寒村に遭遇した。

 ともかくみんなでカフェ・ヴィアナに入った。

 いろんな話のついでに、野依秀一の話になり、彼を呼ぼうということになった。

 当時の野依は二年前に起こした愛国生命保険恐喝事件の保釈(仮出獄)中の身だったが、不謹慎活動により禁固4年の実刑が確定し豊多摩刑務所に入る直前だった。

 大杉と野依は一年ほど前から絶交状態だった。

noe000_banner01.jpg


 野依が仮出獄で出獄し、更に新しい事件が始まった時、荒畑や僕などと交際してゐては、裁判官の心証を悪くするからと云ふので、僕等二人に自分の社への出入をことわつて来た。

 其時の向うの出かたが少々シヤクにさわつたので、その後、堺(利彦)を介して二度ばかり和解を申込んでも来たが、こちらでは不承知でゐた。


(大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月九日夕)


 野依が入獄するまで十日ほどしかなかったので、大杉は野依と直接会って話をつけようと思ったのである。

 安成が野依に電話すると、野依は木挽町の待合・野澤家を指定してきたので、土岐を除いてみんなでそこに行った。

 野澤家では松本悟郎、堺利彦も加わり会食、懇談した。

 この席で大杉が荒れた。





 だが、とうたうしまひに、僕のカンシヤク玉を破裂さす言葉が、野依の口から出た。

 あいつ、人を侮辱する事を平気でやれる人間なのだ。

 殴つて、蹴つて、うんと罵倒して、それで謝らして漸く少々の腹いせが出来た。

 皆んなはアツケラカンとして、只だ黙つて見てゐた。

 所が、再び叉、僕のカンシヤク玉を破裂さす事にぶつかつた。

 それは例の堺(堺氏をそこへ呼んだのだ)の冷笑だ。

 いきなりコツプを額にぶつけた。

 向うでも徳利をほうつた。

 皿が飛ぶ、ぼんが飛ぶ。

 遂に二人は起ちあがつたが、其の間に座つてゐた二三人に抱きとめられて了つた。

 芸者共も女中共も、ビツクリして逃げ出した。

 堺はすぐ帰つた。

 堺と僕とのイキサツは、『生の闘争』の中にある「正気の狂人」以来の、叉いつもあの意味の事なのだ。

 いつかも、矢張り同じやうな事で、平民講演で口論した。

 それが遂に、此処までに進んで来たのだ。


(同上)






 夜も更け、午前一時近かった。

 他の皆は帰ったが、大杉と野依は野澤家に泊まった。

 大杉にとって、待合に上がるのはこれが初体験であった。

 野依秀市『人物は踊る』によれば、大杉と野依が喧嘩になったのは、野枝のことが原因だった。





 ……野枝が或る日私の社に訪ねて来て、原稿を買つてくれないかと云ふ話なのである。

 ……まあ考へておきませうが多分駄目でせうと云ひ、そのついでに大杉といゝ仲になつてゐるので多少ひやかしの気分も交へて……何か多少話した。

 その話の中に野枝にとつて面白く思はれないことがあつたと見え、それを大杉に野枝が話したものと思はれる。

 そこで大杉が自分のイロ女をひやかされたといふやうなことで含むところがあつたので……そこで原稿一枚一圓五拾銭位としても七八十圓になるやうな計算になるので、そこで大杉が、君は野枝が行つた時にからかつておき乍ら大事な原稿は買はないぢやないか、だから七八十圓出せというやうな言ひ掛りを言つて、私がそれを拒絶したので腕をふり上げたといふことになつたのである。

 つまり大杉としてはイロ女に対して、色男の強さをわれ/\の前で見せつけたかつたのであらう。


(野依秀市『人物は踊る』/秀文閣書房/一九三七年一月)


『人物は踊る』によれば、野沢家に泊まったのは大杉、荒畑、野依の三人で、大杉と野依は握手をしてその夜のことは水に流したという。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:24| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。