広告

posted by fanblog

2016年05月20日

第196回 豆えん筆






文●ツルシカズヒコ



 大杉栄、堀保子、神近市子、伊藤野枝ーー当事者たちに会って、今回の騒動の真相を知りたいと考えたジャーナリストがいた。

『女の世界』編集長の安成二郎である。

 安成の視点は新聞記事から一歩踏み込んだ、雑誌ジャーナリズムの視点だった。

 安成は大杉が保子という正妻がありながら、神近という愛人を持ったことにはジャーナリストとしての関心はほとんどなかったが、野枝の出現にもかかわらず大杉と神近との関係が途絶えていないあたりに、なにかこの事件の「核心」を嗅ぎつけたのだった。

 そして、辻潤の妻であり二児の母である野枝が、夫と子供を捨てて正妻がいてかつ愛人もいる大杉の許に走ったという事実。


 其の家出はノラの家出よりも或る点に於て重大な意味の存在する事を思はざるを得なかった。

 此の考が僕の職業に対する考と結びついたのである。


(安成二郎「大杉栄君の恋愛事件」/『無政府地獄ーー大杉栄襍記』)

noe000_banner01.jpg


 一九一六(大正五)年五月七日、安成は久しく会っていなかった大杉に電話をかけた。

 この日は平民講演会があるというので、安成も行ってみることにした。

 夜七時から牛込区横寺町の芸術倶楽部の洋貸室で平民講演会が催されたが、大杉の準備不足のために雑談になった。

 大杉の準備不足は、御宿に行き野枝と会っていたからだった。

 大杉に会いに来た安成は、保子に対する大杉の気持ちを『女の世界』に書いてほしいと用件を伝えたが、大杉は断った。

 それはともかく、会場に神近が来ていることに安成は驚いた。

 会は夜十時に閉会になった。

 安成は大杉、神近と大杉が下宿している麹町区三番町の第一福四萬館に行き、ふたりから話を聞いた。





 翌五月八日、安成は東京日日新聞社を訪れ、神近から二時間ばかり詳しい話を聞いた。

 五月八日正午ごろ、中村狐月が大杉を訪ねた。

 大杉と狐月の間にひと悶着起きていたからである。

 五月五日、五月六日の『読売新聞』「読売文壇」欄に、中村狐月が「幻影を失つた時」を書き、個人名は出していないが、糟糠の妻を捨てた大杉と妻に愛着のある夫を捨てた野枝を真っ向から非難した。


 ……一人の男が、他の一人の男と共同生活を為(し)ている女を伴(つ)れて行く場合に、其女と男との同意を得なくして伴れて行く時には、全然掠奪者の行為である。

 同じ如(やう)に女が愛着の有る男と生活して居る場合に、他の女が其男を伴れて行くことも惨忍である。

 それにもかゝはらず新しく恋の成り立つように見える男と女が、其等の愛着して居る人間に、苦悶と悲痛とを負はしめて去るならば、明かに其等の人間は、道徳的でも、共生的でも、人情的でもなく、多数の人間の許す可らざる敵である。


(中村狐月「幻影を失つた時」/一九一六年五月六日『読売新聞』「読売文壇」)


 大杉が野枝に宛てた「大正五年五月六日午後九時の手紙」の末尾に書いてある「狐月は『幻影を失つた』のだね。余計な幻影などをつくつたから悪いのだ。あきれ返つた馬鹿な奴だ」というのは、この一件のことである。





 大杉はこの一件について野枝宛て書簡にこう書いている。


 狐月と強制妥協して、次ぎの如きハガキを読売へ送るつもりで書いた。

 ●中村狐月氏、去る五、六日、本紙所載『幻影を失った時』中の、某氏及び某女子にあてつけた項は、全く感違ひにつき、其の全部を取消すと。

 しかしまだ読売抄の締切前らしいので、土岐(善麿)へ其の旨電話したら、自分の領分の社会部で取扱はうと云ふ返事だ。

 いたづら者だね。

 又今、二郎が来て、とうたう書くことにした。

 あしたの朝八時の汽車で行くさうだから、此の手紙は持つて行つて貰ふことにした。


(大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』「戀の手紙ー大杉から」大正五年五月八日午後二時)


 この日、五月八日の夕方、大杉は安成と一緒に読売新聞社に行き、土岐の取材に応じてこの件は落着した。


 五月九日の読売新聞社会面(五面)「豆えん筆」欄に、こんなゴシップ記事が掲載されている。


 ……大杉栄君、『幻影を失った時』を読んで大いに抗議を申込み遂にあの文章の中『大杉伊藤両者にアテつけた項だけは全く感違ひに付全部を取消す』といふことにさせたといふが……

 その恋の勝利者大杉栄君もしかし保子夫人に対しては何やら気がすまぬところもあると見えて、安成二郎君が五月の『世界人』に載せた『妻よ、物も言はずにそんなに俺の顔を睨(にら)めて呉れるな、恐い』というウタにひどく共鳴してゐるさうな。


(一九一六年五月九日『読売新聞』「豆えん筆」)


 狐月は不満があったようで、「豆えん筆」は五月十日には狐月の話を入れて続報している。


 
●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:07| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。