2016年05月13日

第169回 野依秀市(四)






文●ツルシカズヒコ




※野依は野枝が持ってきた単行本の原稿をちょいちょい読み始めた。


野依「あなたの御亭主はあなたを可愛がりますか」

野枝「そんなこと聞くもんじゃありませんよ」

野依「言ったっていいじゃありませんか」

野枝「正直なことを言わないから大丈夫です」

野依「じゃ、あなたは不正直な女なんですか」

野枝「わかりません。

   嘘をつこうと思えば、いくらでもつけるんですもの」


※また、野依は単行本の原稿に眼を落としていたが、やがて野枝が中村狐月に宛てて書いた原稿の一節を読み出した。


野依「なんだ……この次に原稿を書くお約束をします……こりゃなんです。

   嫌いだなんて言って、

   原稿を書く約束をするなんてどういうわけです」

野枝「だって『第三帝国』にはずっと書く約束なんですもの」

野依「あなたは『第三帝国』の人は嫌いと言ったが、
   
   松本悟朗君は好きですか」

野枝「私、知りません」

野依「だって、僕だって今まで知らなかったでしょう。

   それでもあなたは好きだったと言ってるじゃありませんか」

野枝「でも、知らないものはなんとも言えません。

   あの人の書くものはあまり好きじゃありませんが」

野依「へえ、そうですか。

   本当にあなたの御亭主はあなたを可愛がりますか」

野枝「ええ、ずいぶん可愛がりますよ」

野依「ハハハ、そうでうか。

   あなたは可愛がられる方が好きですか」

野枝「好きですね。

   厭(いや)な人に可愛がられるのはいやですけれど」

野依「じゃ、あなたは御亭主が好きですか」

野枝「好きです」

noe000_banner01.jpg


野依「ね、伊藤さん、いったいラブとはどんなものですか」

野枝「言えませんね」

野依「どうしてです」

野枝「込み入ってきますもの。

   私、込み入ったことは言えませんよ。

   これで、私はなかなか不自由な人間ですからね」

野依「あなたは家事のことも一切なさいますか」

野枝「やります」

野依「それでこんなに腕が太いんですね」

野枝「そうです」

野依「女中はお使いですか」

野枝「使っておりません」

野依「御家内は……」

野枝「私と子供と主人と母とです」

野依「お母さんはあなたのですか」

野枝「いいえ、主人のです」

野依「じゃ、時々、喧嘩をしましょう」

野枝「いいえ、しません」

野依「あなたにはお子供さんがおありでしたね。

   可愛いですか」

野枝「可愛い御座んす」

野依「どうして可愛いんでしょう。

   ありゃ、小さいからではないでしょうか」

野枝「小さいばかりじゃありますまい。

   なにしろ自分のお腹から出たんですもの」

野依「お腹からでた……

   どうして日本の家庭ではそんな嘘をつくんでしょう、ハハハ」





※笑いながら野依は傍らにあった『時事新報』の新刊紹介欄に、野依の著作『実行の勝利』の批評が載っていることに気づいた。


野依「僕はね、伊藤さん、

   人から褒められると嬉しいんですよ。

   人間は誰でも褒められるとうれしいもんですからね。

   ただ、僕はそれを知っていながら、
   
   人を褒めてお金をもらうことができないのが、莫迦なんですよ。

   僕などは褒められるとその意気に感じて、

   大いに働く気になりますよ」


※野依は自著『実行の勝利』の批評を読み始めたが、ふとわからない文字があったので、『時事新報』のその記事を野枝に見せた。


野依「これはなんという字でしょう」

野枝「私にも読めません」

野依「そうですか……。

   なんだ、前人未発の真理……褒めたね。

   こう言われると、まったく僕はうれしいんですよ。

   人間というものは莫迦なもんですよ。

   おだてられているとは知りながらも、やはり褒められると嬉しい。

   時にこの原稿はどうしましょう」

野枝「どうしても買っていただきます」

野依「いくらです」

野枝「百五十円ばかりはどうしても要るんです」

野依「そりゃ、問題にならん」

野枝「売れますよ」

野依「そりゃ、売れましょう。

   なにも僕は本を出版してそう儲ける必要もありませんが、

   損しちゃ困りますからね。

   この原稿ならまず二百頁から三百頁どまりでしょう。

   そうすれば、定価はまず六、七十銭ぐらいするんですからね」

野枝「ずいぶん安いんですね」

野依「なにしろ僕は女に甘いせいか、

   ずいぶん女の人から本を出版してくれと言われますよ。

   現に田村さんの小説も出しましたし。

   尾島さんや岡田さんなどからも申し込みがあるんです」

野枝「ですが、小説とは違いますよ。

   たしかに私の本は一円二十銭くらいの本にはなりますよ」

野依「冗談言っちゃいけません。

   しかし、まあ、あなたの言うように

   一円二十銭の本になるとしたところが、

   今日は金がないから困ります。
 
   今、ひとつの大きな仕事を目論んでいるので、

   これがうまく行けば少しは金ができましょうが。

   ともかく、お盆までにはどうか金を都合するつもりです。

   それでよければ、買いましょう」





※再び安成二郎が二階から上がって来て、野依に言った。

「見たり聞いたりの材料はありませんか」

 野依はしばらく首を捻っていたが、思いついた材料を安成に話した。


野依「そういうわけですが、それでよいですか」

野枝「じゃ、十日ころまでにいただけるでしょうか」

野依「それが、今言ったようなわけで、

   はっきりお請け合いができないんです……。

   おい、渋澤さんの事務所へ電話をかけてくれたまえ。

   これが約束手形の金だとか広告料だとかいうのなら、

   何月何日に入るということがわかっていますから、

   はっきりお答えができるんですけれども。

   しかし、お盆までにはどうかするつもりです。

   社員にもお中元を出さなきゃなりませんからね。

   あなたがお出でにさえなれば、

   どこへ持って行ったって買ってくれますよ」

野枝「駄目ですよ。

   もっとも、新潮社へは私自身で行ったんではないんですが」

野依「新潮社でも植竹書院でも、

   高島米峰(べいほう)さんのところでも……」

野枝「私、高島米峰さんは嫌い」

野依「おい、諸君、伊藤さんは米峰さんが嫌いだそうだ。

   どうして嫌いなんです」

野枝「キザですからね」

野依「あなたはどんな男が一番好きです」

野枝「さあ、たくさんありますよ」

野依「就中(なかんずく)」

野枝「わかりませんね。

   嫌いな人を除いた外の人はみんな好きです」





野依「どうも、あなたは猾い。

   なんですか、あなたは口で発表したことを書かれても、

   少しも差し支えはありませんか」

野枝「本当ならかまいませんが、

   たいていは間違って書かれるんで困ります。

   近ごろでも二、三度ありますよ。

   今月の現代なんとかにも嘘が書いてあるんです。

   ですから、私、話を書かれるのは嫌いです」

野依「それは聞く方の人の頭がしっかりしていないから間違うんでしょう」

野枝「私がたしかに口で言ったことなら、

   書かれても一向差し支えはありませんけど……」

野依「そうですか……。

   じゃ、この単行本はどうします。

   今、申し上げたような次第ですから、

   どちらなりと、あなたのお好きになさいまし」

野枝「ほかに少しお金を拝借するところもありますんで、

   もしそれができなきゃ大変ですが、

   それじゃ明日電話で御返事しましょう」

野依「じゃ、原稿はお返ししましょうか」

野枝「いいえ、お預かり置き下さい。

  『女の世界』の材料はずいぶん大変でしょう」

野依「ええ、しかし、男のものよりもやり易いですよ。

   ふーん、あなたはまったく可愛い人ですね。

   もしあなたが恋した結果、それが頂点に達した場合は、

   今の御亭主とてもお別れになりますか」

野枝「そりゃ、別れます」

野依「ほう、こりゃたまらん。

   じゃ、かりにかりにですよ、あなたが私に恋したとして、

   私に妻があってもかまわんですか」

野枝「妻君をよしてもらわなけりゃ困ります」

野依「じゃ、あなたも御亭主をよすんですか」

野枝「そりゃ無論ですとも」

野依「しかし、そりゃ嘘ですな。

   なにも先方に妻君があったってかまわないじゃありませんか」

野枝「厭です」

野依「どうも僕はそういう点が、

   あなた方の徹底しないところだと思いますね。

   なにも妻君があったってかまわんじゃないですか。

   自分さえ恋していれば」

野枝「他にあっちゃいけません」

野依「そこがわからんと思うな。

   なにも妻君があったって、かまわなかろうがな」

野枝「厭ですね」

野依「じゃ、そういう場合になって、

   あなたは惚れ合って一緒になった御亭主をフリ得ますか」

野枝「フリ得ます」

野依「ほう、そうですかね」


※この時、給仕が上がって来て、野依に「飯田さんがお出でになりました」と伝えたので、野枝はようやく引き上げるタイミングを見つけた。


野枝「御忙しいのに、失礼しました」

野依「そうですか。

   では、単行本の方もそのおつもりで。

   僕はできるだけ誠意をもってお答えしたつもりですから。

   いや、初めてお目にかかって大変失礼を申しました。

   悪しからず」

野枝「左様(さよう)なら」


※野枝は翌年一九一六年の一月三日から四月十七日まで『大阪毎日新聞』に「雑音ーー『青鞜』の周囲の人々『新しい女』の内部生活」(『定本 伊藤野枝全集 第一巻』)を連載しているので、野枝が野依に売り込んだのはこの原稿だったのかもしれない。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index




【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 19:58| 本文
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)