2016年05月13日

第168回 野依秀市(三)






文●ツルシカズヒコ




野依「そうそう、

   あなたは『第三帝国』の中村狐月君に恋しているんですってね」

野枝「冗談言っちゃいけませんよ」

野依「へえ〜だってあなたはあの人が好きなんじゃありませんか」

野枝「いいえ、嫌いです」

野依「嫌い、ホント、嫌いですか。

   おい、諸君、伊藤さんは中村狐月君が嫌いだとさ。

   覚えておいてくれたまえ。

   じゃ、僕は好きですか。

   好きでしょうね、

   こうして原稿を売りに来られるからには。

   僕のどこが好きです」

野枝「大きな声でお話をなさるところが……」

野依「ハハハ、こりゃ驚いた。

   よろしい、その理由を伺いましょう」

野枝「理由なんぞありゃしませんよ。

   感じでございますもの」

野依「でも、琴とラッパとは違いましょう」

野枝「わかりませんね」

野依「わからん奴があるもんですか……」

野枝「ラッパはどうですかわかりませんが、

   私は琴は嫌いです」

野依「琴は嫌いですか、

   ハア……ハア……、じゃラッパは好きなんですね。

   僕はそのラッパなんです。

   だが、僕は早稲田の大隈さんのように法螺(ほら)は

   吹きやしませんよ」

野枝「あなただって吹くじゃありませんか」

野依「いいや、僕は言ったことは必ず実行します。

   だから、僕のは決して法螺じゃないです。

   どうです、伊藤さん、あなたも僕に感心したでしょう。

   僕はなんでも強請的ですからね。

   あなたもこの強請的に出会っては、

   やむをえず感心でしょう。

   だが、本当にあなたは中村狐月君が嫌いですか、

   どうしてです」

野枝「どうしてですか……」

野依「私は天真爛漫だから、

   好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきりいいます。

   世間の人は好きなくせに嫌いな風を装ったり、

   嫌いなくせに好きな風をしたりします。

   あなたもそのじつ好きなんじゃありませんか」

野枝「そうじゃありません」

野依「そんならどうしてです」

野枝「たいへん迷惑をするんですもの」

野依「どう迷惑をするんです」

野枝「方々へ行っていろんなことを言うんですもの」

野依「ハアー、中村君が方々へ行っていろんなことを言うので迷惑するから、

   嫌いだと言うんですか。

   じゃ、僕があなたのことを世間へ行ってなにか言っても

   やはり迷惑しますか」

野枝「迷惑をしません」

野依「こりゃ、可笑しい、ハアハア、なるほど。

   あなたが僕を好きだから、

   それで迷惑をしないとおっしゃるんですか。

   どうも、あなたはなかなか巧い。

   いったい、あなたはどんな風な男が好きです」

野枝「私はムジムジしているのが大嫌いです」

野依「じゃ、僕なんぞは大いに好かれるわけですな。

   私が平塚さんのところへ行った後で、

  『日日』の角田さんが平塚さんを訪ねて、

   せんだって野依くんが来たはずだがどうでしたと聞いたら、

   今までこんな可愛い気落ちのよい人を

   見たことがないと言っていたそうです」

野枝「そう言ってました」

野依「そんなに僕は気持ちのよい男でしょうか」

野枝「ええ」

野依「僕と一緒にいるとなおいっそう気持ちがよいですよ、ハハハ」

野枝「本当に平塚さんもそう言っていましたよ」

野依「だが、それほど平塚さんが言うなら、

   僕が手紙をやったのに、

   その返事ぐらい寄越したっていいじゃありませんか。

   ようするに人間は嘘をつかないで、

   各自の本領を発揮するのが一番ですよ。

   男はあくまで男らしく、女はあくまで女らしくね。

   じゃ、あなたは僕が世間へ行ってあなたのことを言っても

   少しも迷惑をしないと言うんですね」

野枝「ええ、迷惑しません」

noe000_banner01.jpg


野依「よろしい。

   どうもあなたのような女と話をする時は、

   大いに褌を締めてかからなきゃならない。

   どれひとつ帯でも締め直そう」

 
※椅子から離れた野依は着物を着直しながら、社員のひとりの肩をポンとたたいて言った。

「どうだ、君、こういう風に質問しなくちゃ駄目だぜ。だが、こればかりはお手本といったところが、その人その人によって違うから一概には言えないが」


野依「だが、伊藤さん、

   あなたは中村狐月が嫌いだって、どこが嫌いなんです」

野枝「だって女みたいじゃありませんか」

野依「ほう、どこが女みたいです」

野枝「口が巧い……大嫌いです」

野依「どういう風に口が巧いんです」

野枝「口のきき方がですよ」

野依「はあ、そうですか。

   あなたもなかなか口のきき方は巧い方じゃありませんか」

野枝「人のことと自分のことは別ですもの」

野依「しかし、中村君はお宅へ行きましたか」

野枝「来ましたよ、よく」

野依「その時、御主人はお宅においでですか」

野枝「おりますとも」

野依「じゃ、お話もなにもできやしない」


※野依が袴の紐の両端を持って野枝の椅子に近づき「失礼ですが、ちょっと紐を結んでくれませんか」と言った。野枝は黙って紐を結んだ。


野依「やあ、ありがとう」

野枝「あなたは平塚さんがお好きですか」

野依「私はあなたが好きです」

野枝「どうもありがとう」

野依「ね、伊藤さん、

   僕には口がありましょう、眼もあります、耳もあります、

   鼻もあります、その中でどこが一番いいです」

野枝「みんないいです」

野依「みんないいというのは、

   つまりみんな悪いということになりますね」

野枝「まあ、あなたの頭が一番よろしうございますね」

野依「ハハハ、僕の頭が……」


※野依、手で二、三回、自分の頭をなで回す。





野依山田邦子さんも、

   あなたの頭の形は智慧のかたまりのようで、

   頭の格好がすこぶるいいと言いましたよ」

野枝「耳はあまりよくありませんねえ」

野依「眼はどうです」

野枝「よいです」

野依「口はどうです」

野枝「よござんす」

野依「丹稲子(たん・いねこ)は僕の耳がいいって言いましたよ」

野枝「ああ、そうでしたね。

   『女の世界』で拝見しました。

   山田さんはお出でになりますか」

野依「病気の時に来てくれました」

野枝「あの方は綺麗な人ですね」

野依「あなたはまだ昼食(おひる)を食(あ)がらないんでしょう、

   おごりましょうか」

野枝「たくさんです、朝食が遅いですから。

   野依さん、あなたは中津でしたね」

野依「ええ、そうです。あなたは」

野枝「福岡です」

野依「福岡ですか、同じく九州っ児ですな。

   僕はね、伊藤さん、こう思うんです。

   あなたのような女が十人ばかり集まって、

   カフェーを開いたらきっと流行りますよ。

   そしてあなた方が高等芸者になって、

   来たお客の話相手になるんですよ。

   そうすれば、きっと流行りますね」

野枝「流行りましょうね」

野依「どうです、やってみちゃ」

野枝「お金がありませんもの」

野依「資本は僕が出しますよ」

野枝「そりゃ、面白いでしょう」

野依「面白いですとも。

   そうすれば、新しい女がカフェーを開いたっていうんで、

   男の客はずいぶん行きますよ。

   そして、そのお客をつかまえてあなたがベラベラしゃべって、

   大いに煙に巻いてやるんですよ。

   それから、『新しい女及カフェー』という雑誌を出すんです。

   きっと売れますね」

野枝「ええ……」





野依「平塚さんは、

   どうして奥村さんと一緒になったんでしょう」

野枝「好きなんでしょう」

野依「僕はこう思いますね。

   今までの結婚は年上の男が年下の女をもらったもんです。

   自分より年が若ければ可愛いですから、夫は妻を可愛がり、

   妻もまた夫に可愛がられて夫婦は成り立っているんです。

   ところが、新しい女は男に可愛がられるよりも、

   男を可愛がってやろうというところから、

   自分よりも年下の若い男を亭主にするんじゃないでしょうか。

   おそらく平塚さんなどは、

   そういう意味で奥村さんと一緒になっているんじゃないでしょうか」

野枝「平塚さんは上の方から可愛がられるのは厭なんでしょう。

   下の者を可愛がる方が好きなんでしょう」

野依「なんだか奥村さんに紅い長襦袢などを着せて……」

野枝「そんなことはありませんよ」

野依「万事、女のようにさせているという噂ですが」

野枝「噂ですとも、そんなことはありません」

野依「そうですか。

   僕もそれほど平塚さんに好かれているんなら、

   早く結婚を申し込めばよかったんでしたね」

野枝「そうですね、ですが、

   あなたでは奥村さんのようにしてはいられないでしょう」

野依「ハハハ、ハハハ。

   伊藤さん、あなたのその帯の英語をちょっと読んで聞かせて下さいな」

野枝「読める方がたくさんお出でじゃありませんか」

野依「なんです。それは詩ですか格言ですか」

野枝「お話です」

野依「あなたも平塚さんなどと一緒に、

   吉原へ行ったひとりですか」

野枝「いいえ」

野依「あなたはあのことをどう思いますか」

野枝「つまらないことでしょう。

   あれはなんでも散歩のついでに紅吉に誘われて、

   尾竹さんの知っている家へ行ったんでしょう」

野依「買いに行ったんですって……」

野枝「そんなことはありません」

野依「僕等は男でも、ああいう女を見ると気の毒に思うのに。

   まして女同士のことだからいっそう気の毒と思うのが当然なのに、

   それを踏み込んで行ってヒヤカスなんて……」

野枝「ヒヤカスなんて意味じゃないんでしょう。

   ただ、ああいう人たちの生活を見に行ったんでしょう。

   ちょっとわかりませんからね、

   紅吉さんに引っぱられて行ったんですよ」

野依「紅吉という人は男みたいな女じゃないんですか」

野枝「男というよりも子供です」

野依「何歳です」

野枝「二十三でしょう」

野依「二十三の女が二十一のあなたから子供だなんて言われてちゃ、

   やりきれませんね」

野枝「本当に子供ですね」

野依「同性の愛をしたとかなんとかいうこともあるんですか」

野枝「そういうことも、あるかもしれませんよ」


※堀場清子『青鞜の時代』によれば、野依秀一は『実業之世界』一九一二年十一月号に掲載された「怪気焔/平塚明子女史と語る」で、らいてうにインタビューをしている。



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 19:07| 本文
ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(442)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)