2016年05月13日

第167回 野依秀市(二)






文●ツルシカズヒコ



※野依はなにを聞いても野枝が巧く逃げるので、しばらく黙っていたが、やおら口を開いた。


野依「あなたはすべての男性に対して、

   どういうお考えをお持ちですか」

野枝「私はしゃべることが下手ですから、

   ちょっと言えません」

野依「猾いね、どうも……」


※野依はさすがに野枝が手強いと思いながら、密(そっ)と欠伸(あくび)をした。


野依「『第三帝国』では一枚いくらですか」

野枝「さあどのくらいでしょうか。

   その大きいので一頁五円です」

野依「ははあ、これで五円……

   何枚くらいになりますかね」

野枝「たぶん、七、八枚くらいでしょう」

野依「すると一枚、六、七十銭ですね……

   そうですか。

   僕はね、伊藤さん、

   今日あなたがお出でになると言うんで、

   なにか議論でもなさりに来るのかと。

   実は大いに吹きまくってやろうと思いましたが。

   よもや原稿を買ってくれと言われようとは実際、

   夢にも思いませんでしたよ。

   それに僕ばかりにしゃべらして、

   あなたはフフン、フフンと笑ってばかりなんて、

   実際、猾いですよ。

   『青鞜』は何部印刷しています……

   千部も刷っていますか」

野枝「ええ、そうです」

野依「それで戻りが二割くらいもありますか」

野枝「そんなものでしょう」

野依「じゃ、儲かるでしょう」

野枝「儲かりませんよ」

野依「しかし、労力に報いるだけのくらいのことにはなりましょう」

野枝「いいえ、なりません」

野依「あなたは一ヶ月にどのくらい稼ぎますか」

野枝「さあ、どのくらいになりましょう」

野依「五十円くらいになりますか」

野枝「なりません」

野依「しかし、御主人もお稼ぎになるんだから、

   ふたりで五十円くらいにはなりましょう。

   五十円ありゃ、喰っていけまさアネ。

   あなたのところに千原代志という人がいますね。

   『女の世界』の第一号の時に来ていました、

   まるで男だか女だかわからない人ですね。

   だから僕は、君は男か女かって言ってやりましたがね」

野枝「そうですか、

   私の家にもしばらくいたんですが……」


※『元始(下)』によれば、千原代志は一九一四年の夏、人妻であったにもかかわらず家を出てらいてうと奥村の新婚家庭に同居、『青鞜』に「処女作」などを発表した。

noe000_banner01.jpg


※その時、野依に電話がかかってきた。野依がすこぶる元気な声で話している最中、野枝は夢を見ている人形のようにウットリと椅子に寄りかかっていた。


野依「伊藤さん、あなたは平塚さんと二人で

  『青鞜』をやったんですか」

野枝「いいえ、

   最初のうちはまるで違った人たちがやっていたんですの。

   私は一昨年の十一月ごろからですの」

野依「『青鞜』は原稿料を払いますか」

野枝「いいえ、払いません」

野依「ほう、そりゃ、ひどい。まるで詐欺だ」

野枝「だって別に私たちは儲けやしないんですもの。

   みんな載せてもらいたいと言って原稿を持ってくるんです」

野依「そうでしょう。

   載せてさえもらえれば、なにより光栄なんでしょうからね。

   それなら原稿料を払わないからって、

   一向に差し支えありませんよ。

   あなたはこうやって外を歩いていうるうちに、

   好い男だと思う人がありますか」

野枝「さあ、どうでしょうか」

野依「ありませんか。

   僕は別ですよ、一般の男の中で……」

野枝「ありませんね」

野依「嘘おっしゃい。

   幾人もあるでしょう。

   亭主に不満だなんて言ってるくせに、

   好い男だと思う人がないことがあるもんですか」

野枝「ちょっと見たって、

   よかありませんもの……」





野依「だが、あなたはなかなか巧いよ。

   僕にばかりしゃべらしていて、

   なにか聞けばだだフフンフフンと笑ってばかりいちゃ。

   まるで暖簾に腕押しだ、恐れいりました。

   ……あなたはお子供さんがあるんですね」

野枝「ええ」

野依「いくつの時に御出産になったんです」

野枝「十九の時……」

野依「結婚なすったのは……」

野枝「十八です」

野依「御亭主さんのお郷里(くに)は」

野枝「東京です」

野依「東京ですか。

   東京はどこかの学校にいらっしたんですか。

   あなたはその学校の生徒だったんですか」

野枝「え、そうです」

野依「どこの学校です」

野枝「ちっぽけな学校です」

野依「ちっぽけな学校って……」

野枝「そんなことはどうでもよいじゃありませんか」

野依「御亭主さんはおいくつです」

野枝「さあいくつでしょう。三十一でしょう」

野依「三十一ですか、じゃ、僕と同い歳ですね。

   じゃ、あなたとこうして話していらっしゃると、

   御亭主と話しているような気がしましょう、ハハハ。

   あなたは御主人のどこがよくて恋したんです。

   気前ですか、それとも学問ですか、または男ぶりですか。

   さもなきゃ、学校にいる間、

   点数でもあなたに多くくれたからですか」

野枝「そんなことはありませんよ」

野依「じゃ、いわゆる、意志の合致ですか。

   だが、あなたは芸者になるときっと流行児になりますね。

   話の調子といい、態度といい、実に巧いものだ。

   ことにその南京米の袋の中から……」

野枝「そんなに褒めていただくと……」

野依「ああ、わかった。

   あなたはその南京米を入れるような袋を持っていて、

   今の御主人をその中へ取り込んで

   点数を余計つけてもらったんですね」

野枝「そうじゃありませんよ」

野依「じゃ、やはり意志が合致したというわけですか。

   ……あなた、僕に」


※と野依が言いかけた時、主筆の青柳有美が二階から上がって来た。





野依「青柳さん、ご紹介します。

   この人が有名な伊藤野枝さん、この人が有名な青柳さんです。

   ね、青柳さん、伊藤さんがね、

   なんでもかんでも僕に原稿を買ってくれと言ってきたんですが、

   実際、女は図々しいもんですね」

野枝「だって、図々しくなくっちゃ売れないんですもの」

野依「じゃ、図々しいのはよいことですか」

野枝「ええ」

野依「ね、伊藤さん、あなたの御主人は英語がお上手だそうですが、

   その帯の英語も御主人に書いてもらったんですか」

野枝「そうじゃありません」

野依「じゃ、誰に書いてもらったんです」

野枝「私だって英語ぐらいは書けますよ」

野依「伊藤さん、僕は先刻(さっき)からひとりで

   ペラペラしゃべってずいぶんあなたを褒めましたが、

   少しは僕のことを褒めてくれたってよいでしょう。

   ね、世の中は物々交換です。

   あなたが僕を褒めてくれれば、僕もあなたの原稿を買いますよ。

   ハ……ハ……ハ、ただじゃ嫌ですね」

野枝「ここで褒めても、つまらないじゃありませんか」

野依「どうしてです」

野枝「だってもっと多くの人が見りゃ、

   なおよいじゃありませんか」

野依「ハアハア、書くんですか。

   あなたのような名高い人に書いていただきぁ、

   僕も大いに光栄です」

野枝「私、名高くなんかありゃしませんよ」

野依「どうです、

   僕とひとつ大いに議論をしようじゃありませんか」

野枝「私、議論は嫌いですもの」





野依「どうもあなたは猾い。

   卑怯ですよ、

   亭主がどうのこうのと言って盛んに議論をするくせに。

   あなたのような偉い人にも似合いませんね」

野枝「ちっとも偉くなんかありゃしませんよ」

野依「でも、世間では偉い女だと思っているじゃありませんか」

野枝「いくら世間が偉いと思っていたからって、

   偉くないのは仕方がないじゃありませんか」

野依「人間というものはみんなそうですし、

   世間というものはたいてい、そんなもんですよ。

   じゃ、伊藤さん、あなたは僕に会わない前に

   僕を想像していたことがあるでしょう」

野枝「ええ」

野依「その想像していた僕と、

   こうして会った時の僕との感想をひとつ伺いましょうか」

野枝「思ったとおりです」

野依「思ったとおりじゃ少しもわからないじゃないですか、

   どう思ったんです」

野枝「あなたのように思っていました。

   それに顔は写真でも見ていましたし、

   いろんな人からいろいろ聞いていたんですもの」

野依「そうすると、

   僕を齢(よわい)するに足ると思っていたんですか」

野枝「思っていました」

野依「それならなぜ、

  『女の世界』の原稿を書かなかったんです」

野枝「書けなかったんですもの」

野依「書けないのになぜ請け合ったんです」

野枝「だって紙に向かってみなけりゃ、

   書けるか書けないかわかりませんもの」

野依「どうも責任の観念が薄いから困るですな。

   時にあなたは肥ってますね。

   だが、あなたはあんまりよいものを食べますまい」

野枝「よいものを食べていますよ、

   いくら貧乏をしたからって……」

野依「へえ、へえ、そうでしょう、

   まるでおノロケだ」





●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 18:20| 本文
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)