広告

posted by fanblog

2016年05月08日

第152回『谷中村滅亡史』






文●ツルシカズヒコ


 葉山から帰京して二、三日後、大杉に野枝からの手紙が届いた。


 先日はもう一足と云ふところでお目に懸ることが出来ませんでしたのね。

 御縁がなかつたのでせう。

 雑誌(『青鞜』※筆者注、以下同)を気をきかしたつもりで葉山に送りましたがお手許につきまして?

 C雑誌(『新公論』)を今朝、拝見しました。

 いろいろなことを一杯考えさせられました。

 そして、少しばかりあれには不公平がありますから書きたいと思ひますが、その前にD雑誌(『第三帝国』)に書きましたものを読んで頂けましたかしら。

 あの御批評が伺ひたいのですの。

 そしてから書きたいと思つてゐます。

 お遊びにお出でくださいませんか。

 私の方から伺つてもいいんですけれど、H新聞(『平民新聞』)も廃刊になりましたのね。

 まあ仕方ありませんわ。

 またK雑誌(『近代思想』)をお続けになつてはいかがですか。

 私たちにはあんな気持のいい雑誌が失くなつたのは、可なりさびしいことの一つです。

noe000_banner01.jpg


 私は此頃すてきな計画を立てて一人で夢を見て楽しんでゐます。

 二年かかつても三年かかつてもいいつもりで、自分の期待にそむかないものに仕上げたいと願つてゐます。

 いまにあなた方を驚かしてあげますわ。

 まあ、ちよつと話してみませうか。

 私は今そのためにいろんなものを読んでゐます。

 第一にA(荒畑)さんの「Y村滅亡史」(『谷中村滅亡史』)、それからKさんの「労働」、其他いろんなものを。

 それは、私がいつかW(渡辺政太郎)さんからY村の話を聞いたときの、私の心的経験と興奮とに自分ながら深い興味を持つてゐて忘れることが出来ませんので、それをすつかり書いて見たいんですの。

 今迄は大抵こんなものを書かうとしましても、他の思想が浮かんできますと先きのは消えてしまふのですけれど、此頃たまに小説でも書いてみようと云ふ気になつて書き始めて見ましても、直ぐ此の事で一杯になつて、とてもそんな下らない小説なんぞ書いてはゐられないのです。

 私は今これが本当の意味での私の価値ある処女作になることを一生懸命に願つてゐます。

 私は書いてしまふまで誰にも話さないつもりでゐましたけれど、あなただけは少しは興味を持つて下さるかもしれないと思つてつい書いてしまひました。

 これであなたに興味がなかつたら、私はずいぶんつまらないことをしやべつてしまひましたわね。

 私は柄にもない大きなことを考へてるなんて軽蔑されると、折角の気持を不快にしますので、Tにもまだ其の計画は話しませんの。

 Wさんにはいろんなものを拝借しなければなりませんので話しました。

 其他は誰にも云ひませんの。

 本当によろしかつたらお出で下さい。

 私もお伺ひいたします。


(「死灰の中から」/『新小説』一九一九年九月号/伊藤野枝との共著『乞食の名誉』・聚英閣・一九二〇年五月/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第三巻/日本図書センター『大杉栄全集 第12巻』)





 大杉は少しむっとした。

「少しは興味を持つて下さるかもしれない」とはなんだ。

「それであなたに興味がなかつたら」とはなんだ。

 大杉は野枝から第一の手紙を受け取ったときから、彼女がこの谷中村の事件についてどう興奮したのか、また辻がそれをどう嘲笑ったのか、そしてまた彼女と辻とがそれをどう議論し合ったのかーーそれを野枝自身から聞きたくて堪らなかったのだ。

 まず大杉自身の社会主義運動に関わってきた経歴からの興味があった。

 次には、社会的興味の色を濃くしてきた野枝の思想と感情とが、この事件からの興奮によって、さらにどれだけ高められかつ深められて、彼女の対社会態度や大杉らのムーブメントに対する態度にどれほどの決心をもたらしたかという興味である。

 第三には、野枝と辻との論争が文壇思想界の二種の傾向を代表していやしないかという興味であった。

 大杉のそれらの興味の中には、彼女の家庭崩壊、「弊履のように」棄てられる夫など、高低さまざまな興味があったことはもちろんである。



不滅の『谷中村滅亡史』


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 17:11| 本文
ファン
検索
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。