2016年05月01日

第130回 山田わか






文●ツルシカズヒコ

 一九一四(大正三)年十二月に発行され発禁になった『平民新聞』三号を、野枝が隠匿してくれたことを大杉が聞き知ったのは、そのひと月後くらいだった。

 一九一五(大正四)年一月二十日ごろ、大杉は『平民新聞』三号が入り用になり、お礼かたがたクロポトキンの『パンの略取』を土産に野枝を訪ねた。

noe000_banner01.jpg


「ええ、うちじゃ少し危いと思ったものですから、つい近所のお友達のところに預けてありますの。そこなら大丈夫ですわ。なんなら今すぐにでも、少し持って来ましょうか」

 野枝はニコニコしながら立ちかけたが、辻は少し不安な色を見せた。

「例の奴が表にいるんでしょう」

「ええ」

 大杉は辻にそう答えて、

「いや、今すぐでなくてもいいんです」

 と、とにかく野枝を制止した。

 辻が、ふと不安げに言った。

「うちにある日刊と週刊の『平民新聞』ね、あれもどうかしなくちゃいけないだろう」

「あんなもの、かまうものですか」

「なあに、あんなものは見つかったところでなんでもありませんよ」

 大杉が野枝の言葉につけ足して言ったが、辻はまだ不安げな顔をしていた。

「それでも、持って行かれちゃつまらんからな」





 実際、そのころには大杉の同志はもちろん、大杉たちが出入りするまるで無関係な人の家までも、しばしば警官の家宅捜索を受けて「参考のために」という口実のもとにいろいろな本を押収持されていた。

 しかし、野枝は辻の思惑など少しも気にかけないふうで、大杉たちの『平民新聞』も毎号毎号押収されちゃ堪らないだろうから、せめて紙だけでも毎号寄付しようと言い出した。

「どうせ私の方でも毎月買うんですし、それっぽっちのことならなんでもありませんから」

 大杉は『青鞜』のやり繰りにせよ、辻の家の家計にせよ、余裕があるわけではないだろうと慮り、その好意は受けなかった。

 辻が日刊と週刊の『平民新聞』のバックナンバーをすべて所蔵していることを知った大杉は驚き、それまでとは違う眼で辻を見るようになった。





 そのころ、野枝は四谷区南伊賀町の山田嘉吉(かきち)、山田わか夫妻の家で行なわれている勉強会に参加していた。

 社会学者の嘉吉とわかは、サンフランシスコで出会い結婚した。

 帰国後、嘉吉は自宅で英、仏、独、スペイン語などを教える「山田外国語塾」を開講していた。

 山田夫妻のところに出入りしていたのが大杉栄だった。

 大杉が『近代思想』を発行していたころ、大杉とらいてうは面識がなかったが、『近代思想』と『青鞜』は毎号雑誌を寄贈し合う関係だった。

 大杉がらいてうにわかの翻訳文を郵送したことがきっかけになり、わかは『青鞜』に翻訳文などを載せるようになった。

 野枝は山田わかについて、こう書いている。





 ……山田わかさんをこの間おたづねして見ました。

 少しお話してゐますうちに私はすつかりお友達になつてしまひました。

 健康らしいいゝ血色と蟠(わだか)まりのない気持のいゝお声と精力溢れるやうなお体つきを見てゐますと私は自分の貧弱なのがいやになつて仕舞ひました。

 廿五から英語をおはじめになつたのださうです。

 そうして今はもう自由に他人にお教へなさることの出来る程なお力を私はうらやましいとも何とも云ひやうのない気持ちで山田さんのお顔をながめてゐました。

 そうしてその御勉強の最中におなじ年の子供を他人の子ばかり三人もお育てになつたと聞いては私はたゞもう驚くより他はありませんでした。

 それにまた四年前からピアノをお初めになつて毎日三時間づゝもお稽古なさるさうです。

 そのすべての事に対する山田さんの勇気と忍耐とは日本の家庭の婦人としては実に異数の方だと思ひます。

 私はかう云ふ方が私たちの前にたつてゐて下さることを力強く思ひます。


(「編輯室より」/『青鞜』一九一五年一月号・第五巻第一号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)


山田わか2


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 21:47| 本文
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(432)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)