2016年04月26日

第124回 平民新聞






文●ツルシカズヒコ



 大杉と荒畑寒村が編集発行する月刊『平民新聞』創刊号が発行されたのは十月十五日だったが、即日発禁になり、この日の正午、印刷所から持ち運ばれるや否や直ちに全部を押収された。

 全紙面が安寧秩序に有害だというのが発禁の理由だった。

 起訴はせず、印刷直後に発禁、押収して経済的に追いつめるのが官憲の手口だった。

 野枝は『青鞜』で果敢に官憲の批判をした。

noe000_banner01.jpg


 大杉荒畑両氏の平民新聞が出るか出ないうちに発売禁止になりました。

 あの十頁の紙にどれ丈けの尊いものが費やされてあるかを思ひますと涙せずにはゐられません……。

 ふとして私は新聞を読むことが出来ました。

 書かれた事は主として労働者の自覚についてヾある。

 私は書かれた理屈が労働者ばかりについてヾなくすべての人の上に云はるべきものであると思ふ。

 そしてそれが労働者についてのみ云はるゝときに限って何故所謂その筋の忌憚にふれるのか怪しまないではゐられない。

 私は此処に出来ることならその一部丈けでも紹介したいけれどもあの十頁すべてが忌憚に触れたのださうだ。

 だからまた転載した罪をもつて傍杖(そばづえ)でも食ふやうな事になると折角私が骨を折つて働いたのが無駄になるから止めと置く。

 けれども大杉荒畑両氏にも心から同情いたします。


(「編輯室より」/『青鞜』一九一四年十一月号・第四巻第十号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)





 大杉は野枝のこの文章を心からありがたいと思った。

 そして大杉は『平民新聞』十一月号・第二号の「発売禁止の反響」の中にこれを転載するようにと、荒畑に言った。

 荒畑はいわゆる「新しい女」に妙に反感を持っていたが、すぐにこう書いた。


 「凡ての新聞雑誌が大隈内閣の言論圧迫に満足して、本誌の発売禁止に関しては全く口を噤み、本誌の存在すら黙殺しつゝある時、青鞜誌に独りこの文を見るは、吾々の寧ろ意外とする処である」

(『青鞜』十一月号・第四巻第十号「編輯室より」解題/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)


 しかし、『平民新聞』は第二号も発禁になった。





 らいてうによれば、野枝がらいてうに宛てた手紙には、こんな主旨のことが書かれていたという。


 自分がつくった雑誌があまり不出来なので、自分にあいそがつきた、出来るなら十二月号の編集はお断りしたい。

 尤もこの仕事が自分の生活とピッタリくっついてしまえばいいのだが、あなたの代理としてやるのはやりにくくて困る。

 もしあなたが『青鞜』の編集、経営のすべてを私共の手に委して下されば、もう一度覚悟し直して、辻と一緒に出来るだけやってみてもいいと思う。

 この際、むしろ、思いきって『青鞜』をあなたの個人誌としてあなたの生活と仕事を統一して再出発されるがいいと思う。

 とにかく冷静なあなたの判断を待ちます。

 そのうちには、私の考え方もちがってくるかもしれません。


(『元始(下)』)





 野枝はらいてうに宛てた手紙について、こう書いている


 十一月号の編輯をしてゐる間に私はいろいろなことを考へました。

 私は充分に働かうといたしましたけれど家のことや子供に大部分の時間をそがれてどうしても思ふやうに動けませんでした。

 そうして遅れながら雑誌が出来上がつたとき私は私の仕事の間抜さ加減がいやになつて仕舞ひました。

 私は何を考えるひまもなく直ぐに御宿の平塚氏の処へ長い手紙を書きました。

 それは重(おも)に雑誌が不出来なこと…こんな事では駄目だから十二月号の編輯もお断はりしたいと云ふこと……。

 それから……思ひきつて平塚氏に雑誌をすつかりあなたのものにして……経営なすつたらどうでせう。

 私はそれが一番最上の方法だと思ひます。

 けれども……続けていゆく上にあなたが真実に苦痛をお感じになれば……私に全責任を負はして頂いて私の仕事としてもよろしう御座います。

 然し今のやうな状態では……私のやつてゐることがどつちつかずで……あなたに対する心づかいが私自身を不快にしていけませんからとても十二月号は出来さうもありません。

 と云ふやうなことを書き送りました。


(「『青鞜』を引き継ぐに就いて」/『青鞜』一九一五年一月号・第五巻第一号/『定本 伊藤野枝全集 第二巻』)






 野枝の手紙の内容はかなり錯綜していたが、らいてうは野枝に返事を書いた。


 十二月号は、あなたが一たん引受けたことであり、とにかく今のままでやって下さい。

 無理なことはよくわかっています。

 これからのことは今考えています。

 わたくしの考えがまとまるまでしばらく待って下さい。


(『元始(下)』)





 らいてうは『青鞜』を出し続けることに伴う雑事に振り回されることが苦痛だった。

『青鞜』以外の雑誌に原稿を書いて、原稿料を稼ぐ必要にも迫られていた。

 らいてうは奥村とふたりで勉強したり、原稿を書いたりという自由な生活を望んでいたので、『青鞜』はここできれいに廃刊すべきだと考えた。

 しかし、苦労して育ててきた雑誌の未来を、自分ひとりの考えで断つのも残念に思われたので、ともかく、らいてうは野枝に会いよく話してみようと思った。

 らいてうから返事を受け取った野枝は、十二月号はいったん引き受けた仕事なのでその編集作業にとりかかることにしたが、次第に『青鞜』の仕事を自分が引き受けてもよいと考えるようになった。

 そして、らいてうに第二信を書いた。


 ……私は私の心持をありのまゝに書きました。

 ……私はいろいろな誤解をのぞく為めすべての責任は私が背負ひます。

 ただ署名人にかゝるやうなことは決していたしませんから署名人にはあなたになつて頂きたいと云ふことを書きました。


(「『青鞜』を引き継ぐに就いて」)


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:57| 本文
ファン
検索
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(432)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)