2019年05月24日

子供の地頭を鍛える5つの方法!勉強が楽しくなる遊び

スポンサードリンク






自分の子供の頃を振り返って、もっと勉強しておけば良かった…。と、後悔をしているお母さんも多いのではないでしょうか。

現役で勉強をしている学生の頃よりも、大人になって、社会に出てからの方が勉強の大切さを痛感しますよね。

小学生になってから勉強が本格的にスタートしたら、我が子は勉強についていけるかしら…?

そんな不安を抱えているお母さんもたくさんいるはずです。

「我が子には勉強で苦労して欲しくない」と思っているのであれば、本格的に勉強がスタートする小学生になる前に子供の地頭を鍛えてあげた方が良いのです。

未就学児に「勉強しなさい!」といってドリルを与えても、集中力が続くわけもなく、未就学児の地頭は遊びの中で鍛えるのが1番です。

今回は、子供が小学生になるまでにやっておくと良い、地頭を鍛える遊びをご紹介していきます。
boy-286240_1920.jpg


●語彙力を鍛えるなら親子でしりとり

私たちも子供の頃に遊んだであろう「しりとり」には語彙力を鍛える効果があります。

「かるたーたんぼーぼうしーしりとり」と言葉の尻を取って、どんどん言葉を繋げてていくというルールの中で、お互いに知っている言葉をアウトプットしていくのは、実際に使える言葉を増やしていく学びになります。

実際に、しりとりをすることで、我が子がどんな言葉を知っていて、どんな言葉を理解できていないのかを確かめることもできます。

ママが答えた言葉に対して、「それって何?」と聞いてきたときは、新しい言葉を習得するチャンスです。

今の年齢で確実にわかる単語と、少し難しい単語を織り交ぜて親子でしりとりに取り組むと、子供の語彙力のレベルは格段に上がり、小学校に上がるまでに、学年相当以上の語彙を習得することができるでしょう。

●かるたで分かる達成感を感じる

子供の言葉遊びでは、かるたも地頭を育てるにはとても効果的です。

子供が文字を覚え始めたら、簡単なかるたから始めてみましょう。

子供が好きなキャラクターがついているカルタを買ってあげると、子供はそれだけで目をキラキラさせて興味を持ってかるたに取り組んでくれるはずです。

はじめは、かるたを取るのに時間がかかってしまっても、2、3枚しかかるたを取れなくても構いません。

かるたをパチンと取れたときの達成感が、全ての子供の能力を上げることにも繋がっているのです。

何度も繰り返し同じかるたをやっているうにち、自然と文字の形も覚えます。

同じ文章をまるでクイズのように読み聞かせられていると、楽しみながら文章の成り立ちを体で覚えてしまうのです。

小学生になって国語が得意科目になることを間違いないでしょう。
i-am-a-student-1412778_1920.jpg


●外遊びで空間認知力を鍛える

室内での遊びだけでなく、外に出て思いっきり体を動かすのも、子供の地頭を育てるにはとても大切です。

算数が得意な子は小さな頃、公園でよく遊んでいたというデータがあります。

滑り台やジャングルジム、鉄棒など体を動かす遊びでは、空間認知能力が鍛えられることが分かっています。

立体的なものを見て脳内で処理する力が付き、図形問題には非常に強くなるのです。

子供の地頭を鍛えるのには、机に向かってひたすら文字を書く勉強だけではダメなのです。

むしろ、未就学児の場合は、ドリルをやるよりも、思いっきり体を動かし、夢中になって遊ぶと言う体験が子供の脳を発達させるので、男の子も、女の子も、天気の良い日はたくさん外遊びをさせてあげましょう。

●神経衰弱で記憶力を鍛える

神経衰弱は、見たものを記憶して、それを思い出さなくてはいけないゲームなので、ダイレクトに脳に刺激を与えることが出来ます。
その結果、神経回路が発達し、地頭が鍛えられるのです。

トランプの並びを覚え、ゲームを制覇するには、記憶力が鍛えられるのはもちろんのこと、自然と集中力も身につくのです。

ポイントは、家族で神経衰弱をすることです。

家族が集い神経衰弱をすることは家族のコミニケーションになり、家族の絆もうんと強まります。

楽しい家族で居られることも、子供の地頭を育てるのには大切なことなのです。

●オセロで戦略を練るトレーニング

「未就学児にオセロなんてまだ早いのでは?」「未就学児がオセロのルールなんて分かるの?」と、思うかもしれませんが、4・5・6歳の子供にきちんとルールを教え、何度かトライすればオセロを大人と同じように楽しむことができます。

回数をこなしていくうちに、子供なりに戦略を練るようになり、大人よりも強くなってしまうことだってあるのです。

オセロの効果は、小学校に入学してから、数学的センスが垣間見えるようになるでしょう。

物事の規則性に気がついたり、発想の転換ができるようになり、初見の応用問題でもスラスラ解けてしまいます。

まとめ子供の地頭を鍛えるには、小学校に上がるまでにどれだけ親子で遊んだかで差がついてしまいます。

ご紹介した遊びは、すべて簡単にできてしまう遊びなので、今日からでも親子で始めてみてください。

親子関係もますます仲良くなって、子供の知能だけではなく、心も健やかに育つでしょう。





最後になりますが、主婦の為の無料副業記事も作成していますので、興味のある方は参考にしてください。


【素人サラリーマンが成功した副業の種類と稼ぐ方法!副業の紹介】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/99/0


【無料サイトを利用して10万円稼ぐ方法】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



タグ:勉強
スポンサードリンク
最新記事
写真ギャラリー
日別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
タグクラウド
プロフィール
カッチン.comさんの画像
カッチン.com
プロフィール
最新コメント
ファン
最新トラックバック
忍者AdMax にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村