2019年10月18日

待機児童増加!保育園・幼稚園・こども園に入園するのが難しい

スポンサードリンク





近年、少子化が進み高齢化社会が更に進んでいます。

しかしながら、実際のところ、待機児童の数は増え続けており、保育園・幼稚園・こども園に入園することすら難しいのが現状です。

その理由として、保育士、幼稚園教諭、保育教諭の数が足りていないということです。

なぜその問題が発生するのかというと、業務に対しての収入が少ない、他人の子どもを安心かつ安善に観る自信がない、勤務時間(残業、持ち帰りの仕事が多い等)の問題、などがあげられます。

boy-160168_1280.png


ここ数年で、保育園・幼稚園が一緒になり、幼保連携型認定こども園というものに変わりつつあります。

そのため、これまで片方の免許しかもっていなかった職員は、再度講習を受け、免許を得る必要があります。

また、幼保連携型認定こども園になったということで、0〜5歳児までを園でお預かりするということになっており、その分保育教諭の数は足りないということは明確です。

園には在園児予定以上にも受け入れをしていることがあり、保育教諭の数に対しての子どもの数が多いということが現状です。

園児の数が増えてしまうとどのようなことになるのかというと、保育室・教室は子どもの人数によって大きさが決められています。

充実した園生活を送れるためにも、保育室・教室の広さは大切です。

しかし、実際には、既定の部屋の大きさに対して大幅に超えた子どもが入園し、園生活を送っています。

そのような状況で何が起こるかというと、子どもの人数に対して、保育教諭の数が足りないため、死角が生まれ、怪我や事故につながります。

対応も追いつかないため、子ども一人一人に十分な保育・教育ができないということが問題です。

部屋の広さは子どもの精神状態に深く関係しています。部屋が狭いと少なからず子どもはストレスを感じてしまいます。

そのストレスから、言葉がままならない乳児(0,1歳ごろ)は噛みつきの原因になってしまうことがあります。

圧迫された環境に耐えきれず、言葉にも言い表せないため、このような行動が起きてしまうというものです。

そのような行動が保育教諭の死角で起こってしまった場合、対応が遅れてしまいます。

そのため怪我の防止や、応急処置に遅れが出てしまいます。

保護者の方が、なぜ事前に防ぐことができなかったのかと疑問に思ってしまわれることがあるかと思いますが、今の日本の保育・教育では限界があります。

ですが、こちら側の人間からすると、保護者に不安な思いをさせるといったことは絶対にあってはならないことです。

子どもに何らかの怪我や事故が起こってしまった場合でも、迅速に対応をしようと心がけています。

それを少しでも理解していただければと思います。

園生活の中で怖いことは、大人数で生活を共にしているので集団感染等のリスクがあるということです。

春から冬まで一年中感染症が流行しているのが現実です。

感染力の強い感染性胃腸炎やヘルパンギーナ、手足口病、インフルエンザといった感染症がいつも子どものすぐそばにあるということを理解していただきたいです。

発熱により欠席・早退した園児が、座薬を入れ登園するということが多くあります。

保護者の仕事もあり、長期間勤務ができないということは重々承知です。

しかし、座薬を入れ一時的に熱を下げたとしても、子どもの機嫌が悪かったり、きつそうにしていたり、午前中はよくても午後に熱が上がってしまったりと、様々な問題が出てくることがあります。

また園で感染症が流行っている状態で、一時的に免疫力が下がっている子どもが登園することで、二次感染を引き起こしてしまい、重症化し、最悪の場合入院してしまうというケースもあります。

ですから、子供が体調を崩してしまった場合、用心してもらいたいというのが私たち保育教諭の願いです。

子どもの感染症が重症化し、入院をして、食事もままならず点滴をした、という報告を受けることもあります。

そのような報告を受け、とても悲しいです。

小さい体で菌やウイルスに対抗することはとてもきついことだと感じます。

また薬もたくさん摂取しなければならないということも考えられます。

乳児・幼児の頃からたくさんの薬を摂取することは、女の子であれば特に、妊娠しずらい体になってしまうといった悪影響も考えられます。

その子どもの将来を不安にさせるようなことはしてほしくないのです。

体内の病気以外にも、乾燥肌・アトピー・手荒れといった目に見えたものがありますが、放っておくご家庭が多いです。

そのため手荒れ等の傷口から菌が入り、ジュクジュクとしてしまうことがあります。

子ども自身も痛痒いと訴えます。

皮膚科の受診をし、薬を塗ってください、と言いたいです。

園に薬を持ってこないと、痛痒く血が出ている子どもに何もしてあげられません。

手にやさしい固形石鹸の準備や、傷口を洗うということしかできないのが現状です。

感染症、体の異常で子どもの訴えがあるなしにかかわらず、もっと注意を払って慎重になってほしいです。

それが私たち保育教諭の思いです。

10月から保育の無償化が始まりました。

これにより、保育料の激減し、より多くの子どもが保育園を利用しやすくなったと思います。

そんな中で、一部勘違いされている保護者の方がいらっしゃることが現実です。

保育士ってサービス業でしょ、と言われたこともありました。

断じてそんなことはなく、私たち保育教諭は常に子どもと向き合い、子どもと一緒に成長し、より良い保育・教育ができるように取り組んでいます。

感染症や病気、怪我等のリスクもあります。

子どもが安全に安心して生活できるように務めています。

そんな中、サービス業という一言でまとめられてしまうというのは本当に悲しいです。

AIという人工知能では決してできない職業です。

人と人の関係により、できることだと思います。

子どもと向き合い、真剣に取り組んでいるということを忘れないでいただきたいと思います。

前にも述べましたように、保育教諭の数が不足しています。様々な問題がありますが、とてもやりがいがあり、子どもの成長を間近で見届けることができる素晴らしい職業だと思います。

保護者、子どもの気持ちに寄り添い、より良い保育ができるように務めることが私たちの使命だと感じています。

最後になりますが、主婦の為の無料副業記事も作成していますので、興味のある方は参考にしてください。


【素人サラリーマンが成功した副業の種類と稼ぐ方法!副業の紹介】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/99/0


【無料サイトを利用して10万円稼ぐ方法】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



2019年09月20日

夏休みの宿題の読書感想文!ズルとアイデアとテクニック

スポンサードリンク





もう夏休みはとっくに終わってしまいましたが、夏休みの宿題はどうでしたか?

親が手伝ったという人もいるのではないでしょうか。

コツコツとやる子もいれば、始業式の前になって慌てて半泣きで宿題をやる、という子もいるようです。

中には「毎年自由研究は、おじいちゃんがシャシャリ出てくるのよねー」と言う声も聞きました。
きっとおじいちゃんは、自分の子どもの頃を思い出して、夏休みの自由研究が楽しいのかもしれませんね。

子どもがズルをしている

夏休みの宿題で人気がないのが、読書感想文だと思います。

「ドクソ感想文」などと言っている子もいました。

最近は小説がマンガ化されているので、小説ではなくマンガ版を読んで感想文を書くとか、ネットで調べたら誰かほかの人が書いた課題図書の読書感想文はたいてい載っているので、それを適当に映して提出する子もいるそうです。

多くの子が、読書感想文をズルいことをして切り抜けようとしたのではないでしょうか。

そしてズルいことを考えるのが子どもと言うものです。

narrative-794978_1920.jpg

ズルよりアイデア

ズルいことと言うよりも、上手く体裁を整えるためのアイディアを沸かすと言った方が適切かもしれません。

誰かさんの息子は、「毎年夏休みの宿題に読書感想文があるけど、担任の先生は1年ごとに変わってるのだから、去年と同じものを提出してもバレないのではないだろうか?」と考えたようです。

なるほどー、多分バレないでしょうね。

そこで、読書感想文は担任の先生が見てハンコなど押して返却されたら、次の夏休みまでは大切に保管していました。

そして翌年はそれを書き写して提出していたのです。

ひどい時は書き写すこともしないで、●年▲組の所だけ書き換えて最後の方に先生のハンコが押してあるので、その部分の原稿用紙をはさみで切り取って提出していました。

小学校の4年生くらいから6年生くらいまでは、この方法で切り抜けていたようです。

中学に入ってからは、友達同士で「読書感想文、ウザイよなあ」などと愚痴をこぼし合って出て来たアイデアが、友達の読書感想文と交換するというものでした。

A君が中学1年の時に書いた感想文をB君が書き写して中2の時に提出し、B君の感想文をC君が書き写して提出、C君の感想文をA君が書き写して提出するというアイディアでした。

この交換して翌年にリサイクル利用するという方法で、中学の3年間の読書感想文を切り抜けていました。

誰かさんの甥っ子や姪っ子は、数学が得意な甥っ子が2人分の数学の宿題をして、読書感想文が苦痛ではない姪っ子が2人分の感想文を書きました。

すると、甥っ子の読書感想文が学年で一番目か2番目に良く書けていると言われて、どちらか一人が市内の読書感想文コンクールに出品されるという所まで昇りつめてしまいました。

「自分が書いた感想文ではなく、お姉ちゃんに書いて貰った感想文なのにどうしようー」と思っていたら、もう一人の人が選ばれて落選したので、市内コンクールまでには昇り詰めることもなく、ホッとしたそうです。

子どもが夏休みの宿題でこのようなズルいことをしていても、私は咎めることもなく笑ってスルーしていました。

テクニックが社会に役立つ

こういうテクニックも、社会に出た時に必要悪だと思うのです。

社会に出たら、嫌な上司が嫌な仕事を押し付けて来ることもあるでしょう。

そういう時に上手くすり抜けるというのも、必要なスキルだと思います。

あえて教える必要はないとは思いますが、子どもなりのアイディアで何とかすり抜けようとしているのだから、そこは咎めず黙ってどういう結果になるか、楽しんでしまえば良いのではないかな?と思います。

絵を描く宿題は手伝ったりしたけど、放置で良かったかな?という気がします。

親は手だし口出しは、最小限にして見守るための目はしっかりと働かせる方がベターだったかな、という気がします。

私も高校生の頃は、夏休みが終わる2日ほど前に友達の家に集まって数学の問題集をお互いに書き写し合ったりしました。

確かに、友達の問題集を書き写すのではなく、ちゃんと宿題をすればよかったなという想いはありますが、これも経験のうちではないでしょうか。

ドクソ感想文と子どもたちが言うように、私も子どもの頃は読書感想文の意味や意義が分かりませんでした。

読みたい時に本を読んだらいいのに、感想文を書くために読まないとダメでは、ますます本嫌いの子を作るだけなのでは?と今でも思っています。

息子が中学校を卒業して、かれこれ10年以上の年月が経過しました。

夏休みの宿題といえば、「ドクソ感想文」などと言っていたことや、友達と読書感想文をリサイクル利用していたことを思い出します。

SNSでは夏休みの自由研究で、「夏休みの宿題を8月31日になっても全然やっていなかったら、親や家族はどんな反応をするか」ということを調べた子がいて、話題になっていましたが、私は思わず爆笑してしまいました。

きっとこういう事をやる子の方が、将来は大物になりそうな気がします。

夏休みの宿題を親が代わりにやったり、子どもがズルをして切り抜けたりは、子育てあるあるだと思います。
もしかしたら、何とか気り抜けることができたらOKなのかもしれないですね。

無意味に思える夏休みの宿題も、そういう風に何とか切り抜ける術を学ぶためにあるのかな?もう子育てはとっくに終わったけど、フトそんなことを思いました。


最後になりますが、主婦の為の無料副業記事も作成していますので、興味のある方は参考にしてください。


【素人サラリーマンが成功した副業の種類と稼ぐ方法!副業の紹介】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/99/0


【無料サイトを利用して10万円稼ぐ方法】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



タグ:宿題

2019年06月29日

幼児期の子育ては3歳までが重要か?遊ぶことが教育になる!

スポンサードリンク





昔からよく言われているのが、3歳まではお母さんが子供の面倒を見てあげることです。

でも、今の世の中は共働きも多いし、昔の『3歳まで家でお母さんが見てあげることがいい』と言われても難しいところがあります。

家庭の事情それぞれ違うし、育て方も様々ではあるとは思いますが、それでも幼児期の育て方で大切なことはなにかについてお話ししていきたいと思います。

幼児期に大きく成長すること

幼児期はとにかく育てることに手がかかるし、苦労が耐えません。

親からしたらストレス溜まるし、疲れがとにかくやってきます。

でも、だからといって子供を怖がらせて黙らせて、親の言う通りに育て上げてもいいのでしょうか。

それはよくありません。

子供は子供でも親とは考え方も全然違うし、価値観も違います。

それを親の都合で子供を押さえつけては子供は、伸び伸びと成長することが出来なくなります。

親に怯えて顔色伺って生活するなどはとても成長の妨げになるし、いい影響だと言えません。
baby-1178537_1920.jpg


スマホの使い方

また、街中でもたまに見かけますが、小さい子供が常にスマホを見ている生活をしていることです。

子供にスマホを見せていると黙って静かにしています。

なぜならば、面白いというか刺激的で、タッチ1つで画面が変わったりして思うように動くからです。

スマホ一つあればとても育児が楽に感じます。

子供の相手はスマホがしてくれるからです。

でも、子供は幼児期に脳がほぼ完成すると言われています。

そのために、幼児期に特に様々な経験をさせることが大切で、脳に刺激を与えてあげることが何よりも大切です。

その刺激が少ないか多いかによって、子供の成長は大きくなったときに差が生まれてきます。

スマホを触ってるだけで家の中にいるだけでは体力は付かないし、脳みそもほとんど動いていない状態です。

スマホは受動的な遊びです。

そのまま大きくなると、考える力が乏しかったり、誰かに指示されないとどうやっていいのか分からないなど、自ら考えて動くということが出来なかったりします。

幼児期は特に刺激を与えてあげるだけで子供はよく遊び、よく食べ、よく寝る子に育ちます。

そして、頭もよくなるなど、刺激を与えることが大きなメリットになります。

3歳までは家でお母さんが育てないといけないのか

昔は3歳までお母さんが育てると優しい子供に育つとか、安定した子供になる、愛情が満たされていい子になるなど、様々な意見がありました。

でも、現在では、時代も変わり、共働き世帯も増えてきています。

共働きじゃないと生活が出来なかったり、子供の教育費にお金がかかったりとどうしても働かないと難しいというところがあります。

だからといって、保育園や託児所に預けてしまうといい子に育たないのかというと全くそうではありません。

保育園や託児所に預けたとしても、家に帰ってからや仕事が休みの時には子供とのふれあいの時間はあります。

普段は仕事に行ってなかなか子供との関わりを持てないかもしれませんが、休みの時には一緒に遊んだり、出掛けたりなど子供と楽しい時間を過ごせば子供は満足するだろうし、問題ないと思います。

3歳まで面倒見れる人、見れない人それぞれいますが、どう子供と関わるべきなのかを考えながら生活していれば、子供のためになるのかなと思います。
baby-312542_1280.png


幼児期の子供の役割

幼児期で子供にとってとても大切なことは、おもいっきり遊ぶこと、たくさん食べること、そしてしっかり寝ること、この3つです。

この3つさえきちんとしていれば、大きくなったときには手がかからない子供になります。

おもいっきり遊ぶということは、体を使って遊び、遊ぶと自然とお腹が空いて眠くなるといういい循環になります。

おもいっきり遊ばせるには親も一緒に遊んだり、走り回ったり、時には服を汚してしまったりしてしまうこともあるかもしれません。

それを怒るのではなく、よく遊んだねと誉めてあげることが大切です。

しっかり遊んだ証として喜んであげて、あとは家で綺麗にしてあげれば子供は満足して楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

幼児期でとても大切なこととは、親との関わりで愛情を注ぎ込むこと、そして、子供はおもいっきり遊んで、食べて、寝ることです。

このことを幼児期の間にたくさんしていることで、大きくなってお勉強する時やスポーツするときには体力はついているし、様々な考える力も付いています。

遊びの中から学ぶことはたくさんあるので、遊ぶことが無駄だと感じずに、子供にはおもいっきり遊ばせてあげることに意味があります。

今は習い事などもたくさんあり、迷うこともあるかもしれませんが、習い事は幼児期のうちからたくさんやらせる必要はなく、しっかり遊ばせてあげるだけでも効果はあります。

遊べるうちにたくさん遊ばせてあげることで、将来に繋がっていきます。

この記事が、これから子供との関わりを見直すきっかけになればと思います。

最後になりますが、主婦の為の無料副業記事も作成していますので、興味のある方は参考にしてください。


【素人サラリーマンが成功した副業の種類と稼ぐ方法!副業の紹介】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/99/0


【無料サイトを利用して10万円稼ぐ方法】
http://fanblogs.jp/katsu590229/archive/87/0


スポンサードリンク



タグ:教育
スポンサードリンク
最新記事
写真ギャラリー
日別アーカイブ
月別アーカイブ
カテゴリーアーカイブ
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
タグクラウド
プロフィール
カッチン.comさんの画像
カッチン.com
プロフィール
最新コメント
ファン
最新トラックバック
忍者AdMax にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村