2020年11月07日

TOWER of HANOIでリアルとバーチャルを駆け抜ける 攻略日記1(一の塔クリアまで) ハノイの10

「TOWER of HANOI」攻略プレイ日記。若干ネタバレあり













いやー今回も面白いねえ



作者のゲームには「2つの世界」が登場することが度々あるが、本作もそれが顕著だ





一の塔では一見バーチャルリアリティの描写をしているように見えるんだけど、実際にはこのゲームが描写しているのは「リアル」だろうね




現実に人間が感じているドロドロした気持ちを、バーチャル表現を用いて描写してるわけ



だから出てくる敵も、全てメタファー(というには直接的だが)






ダンジョンギミックもストーリーとの関連性が高く、作者が伝えたいテーマ、残したいメッセージをゲームとして落とし込んだ感じ


むしろ、その所為でダンジョンが長くなってそう(笑)















内容は、えぐいよ







本当の意味で大人向け、社会人向けゲームといえるかもね




わかんないでしょ一の塔の表現、子供は絶対




なんとなくで「刺さる〜」「エモい〜」と言うだけで、「理解」はできない






そんなストーリーだ














清掃員とシューニャの関係はなかなか奇妙だが、父と娘か?



意思など持たないプログラムが容姿や人格を形成し、人間に逆襲する……SFでは王道だよね
yasashiisekai_No-0000.png














一の塔には、コーラル(9)シンディ(10)ミラ(10)ローランド(9)で挑んだ(括弧内はクリアレベル)




回復型のシンディに物理攻撃のミラ・ローランドだが、ボス戦では非常にバランスがよかった




配信されたばかりなので最強パーティは考察されていないだろうけど、ボス戦ではこのメンバーがおすすめ(本当はクレヨンを使いたいが、女だけでは属性攻撃で全滅の恐れがあるから、ローランド)







ただし欠点があり、雑魚狩りにはとても時間がかかる




コーラルとシンディは攻撃力が低いので、装備が弱いと雑魚にすらまともにダメージが通らない




雑魚狩りには、もう1人攻撃キャラを選ぶのがベターじゃないかな






しかしそれでは問題がある。


HANOIたちは一緒に戦闘しないと、親密度が上がらない







だからお気に入りキャラクターは、必ずメンバーに入れる必要がある(控えでも攻略する方法はあるだろうが、配信翌日の現在では不明だ)






ストーリークリアまでなら、お気に入りキャラクターを入れること前提にメンバーを組むことになるので、何が最強とは一概に言えないのでは








コーラルは主人公だというのに、一番弱いね…。



回復もサポートも中途半端だし、ステータスも低い…


まあ設定通りではあるが、どこかで覚醒してくれないと困る…
(;´Д`)








このゲーム、随所から「MOTHER2」を思い出すのだが、戦闘でもそうだ


ジェフのペンシルロケットが、コーラルの特殊武器に該当する。それもどちらも非力な眼鏡くんだ




ジェフは仲間の1人だが、コーラルは主人公だ。ただでさえ外せないので、強くなってほしい







「ゼノギアス」のフェイ……


奴は最後まで武器すら装備できないし、弱かったな…


















本作はテキスト量がとにかく多い。オブジェクトを調べるとキャラクターごとに違う台詞が出るし、他にも細かく変わる





一の塔も攻略後に変化していた






私はこういう芸の細かいゲームが大好きなので、長編だというのに、つい寄り道してしまうな




ボリュームはせがわ作品最大じゃないかな?




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10322773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
最新コメント
おすすめ名作フリーゲーム
  1. 1. 死月妖花〜四月八日〜 レビュー感想 守りたい、この世界
  2. 2. 夜底奇劇・星空物語 プレイ日記2(クリアまで)と総評 夜明け
  3. 3. 夏ゆめ彼方 レビュー感想 将棋を通じて少年の人生を描く一大叙情詩。傑作!(ネタバレ)
  4. 4. ほろびのゆりかご レビュー感想 ラストシーンで判明する真相は、最早SFファンタジーのスケールを超えた(ネタバレ)
  5. 5. 鼓草 レビュー感想 極限の花婿たち
  6. 6. 怨溺 ―ONDEKI― レビュー感想 世界は救われる、彼女を失えば
  7. 7. 籠の街 レビュー感想 少年の爽やかな成長物語と思いきや、まさかの欝ゲー展開に…
  8. 8. 電波障害ノベルADV AlexiA〜アレクシア〜 レビュー感想 もう、勇者しない。
  9. 9. Human killing レビュー感想 東出大好き
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村