2020年11月01日

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク(プロセカ)を攻略し電子の歌姫になる 17曲目 スマP、徐々に地力が見え始めてしまう…

ニーゴ新曲「乙女解剖」配信




実をいうと、まったく知らない曲だった






早速EXPERTでプレイするも、終盤で惜しくも死亡





だがそこからLIFE1000のままノーミスクリアしたので、なんだ今回も簡単じゃん。



これは次でクリアできるな







そう楽観視したが…













失敗、失敗、失敗失敗


…失敗で何度やってもクリアできない
(´・ω・`)








一体どういうこっちゃ…






聴いたことすらない曲を初見でほぼクリアまで行って、そこから10回以上やっても駄目とか…





ビギナーズラックの一種だったんだろうけど、なんだよこれは…






やるたび下手になってる…









思うに音ゲーが上手い人ってのは、このあたりのテクニックコントロールが上手いんだろうな




調子が悪くてもある程度プレイできるテクニックを、確立している





ところが私は地力がへたくそなので、調子の良し悪しが激しい





ここを上手いことコントロールできれば、もうちょっとマシになりそうだけどねえ…















楽曲自体は、まさにニーゴだ。


よくこんなストーリー・設定にマッチした歌詞・楽曲が存在したね





全員で歌ってもよかったと思う













『全力!ワンダーハロウィン!』、きれいにオチをつけた




ショーは安全第一だし何より本番中に失敗したら大問題なんで、安全に注意しながらも最良を目指すのは、良い着地点だ









「プロセカ」はやたら過去にトラウマを抱えたキャラが多いが、まさか一番の変人たる類までもが…



もしかして、登場人物全員がトラウマ持ちという設定か?











司くんとえむはめちゃくちゃラブコメっぽい関係だが、「プロセカ」には恋愛要素が無いから進展しないことが、ちょっとじれったい



司くんをパンダカーに乗って追いかけてくるえむ(のスチル)は、かわいすぎるわ。
Screenshot_20201101-101738.jpg









でもこのスチル、まさか本編に出ないとは…(この衣装すら着ていない…)













そういえば、えむの父親がおじいちゃんのやり方に反しコンテストを開いた件が、スルーのままだ




パッパが「私は父のやり方には従わない」と反抗すると思ったんだけど……一体何だったんだ、あの意味ありげな台詞は…







コンテスト結果も謎のまま終了したが、バイトの高校生グループがつい最近始めた部活動みたいなユニットが3位とか、それだけで快挙やろ



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10310479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
最新コメント
おすすめ名作フリーゲーム
  1. 1. 死月妖花〜四月八日〜 レビュー感想 守りたい、この世界
  2. 2. 夜底奇劇・星空物語 プレイ日記2(クリアまで)と総評 夜明け
  3. 3. 夏ゆめ彼方 レビュー感想 将棋を通じて少年の人生を描く一大叙情詩。傑作!(ネタバレ)
  4. 4. ほろびのゆりかご レビュー感想 ラストシーンで判明する真相は、最早SFファンタジーのスケールを超えた(ネタバレ)
  5. 5. 鼓草 レビュー感想 極限の花婿たち
  6. 6. 怨溺 ―ONDEKI― レビュー感想 世界は救われる、彼女を失えば
  7. 7. 籠の街 レビュー感想 少年の爽やかな成長物語と思いきや、まさかの欝ゲー展開に…
  8. 8. 電波障害ノベルADV AlexiA〜アレクシア〜 レビュー感想 もう、勇者しない。
  9. 9. Human killing レビュー感想 東出大好き
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村