2020年08月26日

Sea glass(シーグラス) レビュー感想 ocean roars

yasashiisekai_No-0000_compressed.jpg











うわっ……なんだこのゲーム……








超クールでめちゃオサレやん……










…とのっけから実写・CGを使ったシーブルーとグレーのツートンカラーグラフィック。



ループムービー…。



そして英語音声に引きつけられたが、
「BRADLEY(ブラッドリー)」同様、洋画的で鮮烈だった









デザインセンス・ディティールが今回もすばらしい。


素材でありながら、使い方が上手だ。

世界観を創るのが巧い。お陰で没頭できた








「Sea glass(シーグラス)」には、ゲームにありがちな「START」や「LOAD」といった項目が存在しない




「はじめから」や「つづきから」なんて野暮なものも、当然無い






プレイヤーが選択すべきは「時間」であり、そこからゲームが始まる





他のアイコンも、「再生」や「REC」という、ディティールの細かさだ(「REC」はネタバレなので伏せるつもりでいたが、DLサイトで普通に公開されていたので、私も書いてしまう)











ストーリーは今回も、2周目で真相が判明する





クリア後に1周目をプレイすると伏線の細かさに驚かされるが、それ以上に、人間の弱さや脆さを描いた、短いながらにプレイヤーを魅了する要素が盛り込まれた一作だ


このようなものは、現代ネット社会の闇でもある








テキスト、台詞回しも洒落ている。


月並みな表現だが、やはり「洋画のようだ」という言葉が最も似合うゲームだ




クリア後には、ショートムービーを見たかのような気分に浸れる












評価B+
70点



作者の旧作とどこかで繋がっているが(今作はその精神的続編と思われるが)、決定的なリンクではないので、プレイしていなくてもストーリーの理解には問題ありません







2周目のあるシーンで、心底こりゃすごいと感心した演出・伏線がありました。




そうか、だから〇〇が無かったのか、と……




私が一体何に驚愕したのか…








プレイして、次はあなたが驚く番です






















【フリーゲーム小話】




創りたいものを創れるフリゲとはいえ、ジャンルには流行り廃りがある…





「フリゲ自体が廃れただろ」とか言うの禁止な!





…と以前書きましたが、最近流行ってるというか、多いなーというジャンルが…






「創作系」「メタ系」「Vtuber系」の3つです








まず創作系。これは文字通り、創作をテーマにしたフリーゲームを指します。





ずばりそのまま「フリーゲーム制作を題材にしたフリーゲーム」が多いですね




「僕らのノベルゲーム」なんて実にストレートなタイトルで、内容もそのままです






「ナオンちぇんじ」「人間らしく」「死ぬよりもつらいこと」のように、メインテーマじゃなくとも、登場人物がフリーゲームを作っている設定も増えました。









時代なのか、動画サイトを題材にしたゲームも、数多く出ています。



「電映の子」は傑作だね










「創作系」の多くは自己主張要素の高いメッセージ系ゲームなので、フリーゲームとの親和性が極めて高いのでしょう



もともとフリーゲーム自体、創りたいものを創る、主張したいことをゲームで主張する、という側面がありますから










次にメタ系…





これは何故増えたのか?







分かりません。
(;´∀`)








「ドキドキ文芸部」からはもう随分経ってますし、自然発生でしょうか




「キミガシネ」以降「キミガシネ系フリゲ」が増えたのと同じで、何かきっかけになった作品がありそうですが…










「生真面目な後輩ちゃんのゲーム」「くらっしゅ実験室」……先日レビューした「ヤンデレ=さつじんしゃ?」もメタ系ですが、どれも手堅く面白いです












Vtuber系…




「お前のスパチャで世界を救え」(アップデート後、レビュー予定)は架空のVtuberが題材ですが、細かいグラフィックの作り込みや再現度の高さが素晴らしく、単にVtuberというだけではなく1歩先の「スパチャ」にまで切り込んでおり、更にはミステリADVとしても、なかなかの良作でした。


オチは「現実でこんな事件あったな…」という、気持ち悪いくらいの意外性もありました。





実在のVtuberを題材にしたゲームも多く、このジャンルは原作の再現度が高い事が特徴です




Vtuberリスナーの研究熱心さが、伝わってきますね














……




これらの多くは、作者が流行りに便乗した結果ではないと見ています。制作には時間が必要ですし、偶発的にその「流れ」が生まれたのでしょう






作者の個性や流行により、さまざまな世界を見せてくれる、フリーゲーム…




次は何が流行るのでしょうか?






楽しみですね


この記事へのコメント
ファッ!?マジっすか!?全くの偶然です。

しかし当てずっぽうではなく、フリゲ製作者の黄金パターン(?)の一例がそれである、という根拠から出た言葉でした。

最近だと「S教会と禁断の部屋-立入禁止-」の作者がまさにこの流れです。デビュー作と2作目に大きなギャップがありました。

フリゲ製作者の多くが趣味でフリーゲームを作っているように、私のレビューブログも趣味のようなものですので(勿論責任感はありますよ)、是非今後も、気楽に読んでください。
Posted by 管理人 at 2020年08月31日 21:35
お返事ありがとうございます。
そして「BRADLEY」と「Sea glass」の比較まで…ありがとうございます。

実はフェス用におととい突発的に作り始め、2日間で完成させた作品があり、
それが立ち絵有りのラブコメでして……。
ちょうど今デバッグが終わってリリースする所です(笑)

管理人様のおっしゃる「ギャップ」にちょうどあたるなと
思ったのですが、ご指摘を受けて作ったのではなく
本当に偶然だったので驚いて返信しちゃいました(^^)

レビュー、何度も読み返させていただきます。
Posted by 柘榴雨 at 2020年08月31日 00:32
( ˘ω˘ )ザクローさん……



( ˘ω˘ )………



m9(`・ω・´)お久しぶりです!!




「シーグラス」の制作お疲れ様でした。「ブラッドリー」は一般的には日常と遠いテーマでしたが、「シーグラス」は多かれ少なかれ、誰しもが抱える悩みがテーマなので刺激は「ブラッドリー」、共感性は「シーグラス」だと思ってます。

柘榴雨プレゼンツゲームの事は「ショートフィルムゲーム」と呼んでます。このような「立ち絵」が無いゲームは(「ブラッドリー」のタイトル画面くらいかな)、絵(画)そのものが無い事が多々ありますが、そこに実写ムービーやCGを挟んでいる作風は余り見たことがありません。

3本作るとフリーゲームクリエイターとしての世界観と作風が確立され、ユーザーの頭に「この人はこういう作風なんだな」と記憶されるので、ここから大きくギャップのある良作を作ると「この人、こんなものまで作れるのか!」とどちらの作風の評価も引き上げる事ができます。

これからも、ひっそりと楽しませてもらいますね。
Posted by 管理人 at 2020年08月30日 20:41
お久しぶりです。作者の柘榴雨です。
この度は「Sea glass」をプレイ頂きありがとうございました…!

ご感想がとても嬉しくて何度も読み返していたのですが、一体何と言葉をお返しすべきか分からずご返信が遅くなりました。
リリースしたその日の昼にレビューを書いて下さったという早さに驚き…誠にありがとうございます…。

レビューに記載いただいたように本作は位置づけとしては「BRADLEY」の次の2作目として気合を入れて作ったものでした。
今年のフェスには3作品エントリー予定なのですが、最も力を入れたのは「Sea glass」です。
(毎回全力で作ると気力が持たないので、息抜きで掌編も制作しています笑)


そもそも自作のジャンルが分からないのですが、流行りジャンルでもありませんし
、変わった作風なので、こうしてお楽しみ頂けたことが伝わる感想や、高い評価を頂ける事がとても嬉しいです。

こんなにお楽しみ頂ける方がいるなら、この作品を作って良かったと思いました。
繰り返しになりますが、ありがとうございました。
Posted by 柘榴雨 at 2020年08月30日 19:45
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10148931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
(10/29)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 15曲目 最弱デッキのカンストプレイヤー、誕生してしまう……
(10/27)3人のチロル:恋愛サスペンスノベル レビュー感想 骨の髄まで信用できねー語り手
(10/25)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 14曲目 1000年先のフューチャー
(10/22)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 13曲目 囚われのマリオネットのシナリオ攻略、普通に終わる…
(10/20)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 12曲目 EXPERTのコツ、案外あっけなかった…
(10/19)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 11曲目 PSP世代おじさん、ガチでEXPERTが攻略できず咽び泣く…
(10/18)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 10曲目 スマP、10分で無事死亡
(10/17)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 9曲目 ネオニ
(10/16)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 8曲目 スマPのクリスタル、完全に終わる……そしてリズムゲーム新時代が始まる……
(10/14)プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミクを攻略し電子の歌姫になる 7曲目 スマPの全盛期、早々に終わる……
最新コメント
おすすめ名作フリーゲーム
  1. 1. 死月妖花〜四月八日〜 レビュー感想 守りたい、この世界
  2. 2. 夜底奇劇・星空物語 プレイ日記2(クリアまで)と総評 夜明け
  3. 3. 夏ゆめ彼方 レビュー感想 将棋を通じて少年の人生を描く一大叙情詩。傑作!(ネタバレ)
  4. 4. ほろびのゆりかご レビュー感想 ラストシーンで判明する真相は、最早SFファンタジーのスケールを超えた(ネタバレ)
  5. 5. 籠の街 レビュー感想 少年の爽やかな成長物語と思いきや、まさかの欝ゲー展開に…
  6. 6. 電波障害ノベルADV AlexiA〜アレクシア〜 レビュー感想 もう、勇者しない。
  7. 7. Human killing レビュー感想 東出大好き

Nintendo Switch Lite ターコイズ

価格:21,978円
(2019/11/25 19:38時点)
感想(66件)

Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ

価格:21,978円
(2019/11/25 19:39時点)
感想(24件)

【即納★新品】NSWM Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド(本体)

価格:32,730円
(2019/11/25 19:40時点)
感想(70件)

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村