2012年09月23日

茨城県 Jr.強化練習会

昨日は、石岡の国府中学で、茨城県Jr.強化練習会が行われました。

こういう交流が、県連で行われていなかったので、どんどん行われるのは嬉しい事です。

茨城国体も行われますし、Jr.の強化は必須事項です。

子供達の意識改革も含め、少しでも勝ちたい!強くなりたい!という気持ちを持って、茨城からチャンピオンがドンドン出てもらいたい!!

茨城は、河野先輩、椎名先輩、高橋先輩、木村先輩、色川、新井、前嶋、猿田、栗原、飯村、染谷…。と、世界、国体、学連で活躍しています。

今の子供達は分からないでしょうが、どんどん外の世界に出る事が、成長と経験に成ると思うのです。

微力ながら、サポート出来る事を、嬉しく思う!

皆さんお疲れさまでした!!




2012年09月10日

泊手セミナー!沖縄拳法!





山城先生!セイサン セミナー!に参加してきました。

待ちに待った、山城先生とのセミナーでした!

道着を着ないで、山城先生とは、プライベート?で、お会いしていましたが、今回、やっと体験出来ました。

噂には、聞いていた、凄い突き!

目の前で見る事が出来ました。
動き、説明、空手の理解度が凄い!
こんなに、説明出来る人はいるのか?…。いたんですね…。

泊手という、本土ではなじみの無い流派ですが、沖縄発祥の空手なのですから、こちらが本物…。

私は、「あら…ほんもの…見ちゃいました…。」という感想です。

空手の流派、会派、という考えも、本土に入って来てからなのですから、今回、沖縄の手(ティー)に、触れる事ができました。

沖縄拳法!凄いです!

詳しくは、DVDで!(笑)

総合格闘技の菊野選手と!


噂には聞いていた、山城先生の突き!
体験したいが、見ただけで凄さが分かっていたので、勇気がでませんでした。
でも、空手家として…。
体験したい!という気持ちには勝てず、でも…どうなっちゃうんだろう…怖っ!

この気持ちを、何度も繰り返しました。

三時間のセミナーもあっという間に終わり、みんな片付けしていると…。

「飛田先生!」と、山城先生が声をかけてくれました!
「最後に、もう一度、突きを見たいという人がいるんですが…」

「はい、受けてみます!」
とうとうこの時が…。

心構え、身構え、完璧に腹筋を締め、万全状態!

その後、私は…吹っ飛びました。

突かれた瞬間と、吹っ飛んだ衝撃、腹の激痛!

一瞬、何も考えられませんでしたし、覚えてません!

せっかくの機会なのに、あの瞬間は、脳みそが停止。

危険信号で、脳が機能を辞めてしまいました。

でも、身体は覚えてます。

あんな突き、人生初めて!

正確にみぞおちに入り、肋骨が悲鳴を上げてます。

ヒビ入ってるか?

軽く突いてもらったのに…。

こんな突きを覚えたい!嬉しくてしかたありません!!!!!


アントニオ猪木のビンタを、痛いのにならぶ気持ちと同じで、みんなわくわくドキドキで、山城先生に近づいて、突きを入れてもらいたがってる(笑)

今回のセミナーは、それぞれが指導者、選手として、活躍している人が多数!

強さに憧れ、プロレスやUWF、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、空手バカ一代、いろいろ影響され、少年の心を持った人達の集まりのようでした。

強い突きが打ちたい、空手をもっと知りたい!と正直な気持ちで集まった人達の純粋な空気感が、心地よかったです。

また行きたい!!

楽しい、夢の様な時間でした。











2012年09月05日

オーストラリア

昨日の朝、オーストラリアから帰ってきました。

20年ぶりの友人との再会に、とても感動しました。

空手を通じて、世界中に友達を作る事ができて、感動と感謝の気持ちでいっぱいです。


とても充実した毎日でした。

20年ぶりの再会でしたが、歳月を感じさせない、フレンドリーな友人達!!
お互い歳を取りましたが、毎日充実した日々を送っている事を報告し合い、良い時間を過ごせました。


上が20歳のとき!下が40(笑)
変わりましたが?…。

10歳位だったRAYが30ですから…。
月日が経つのは早い…。



お互いの道場で、どんどん交流して行き、国境を超えた活動していきます。

うちの道場の子供達も、頻繁に海外へ連れて行き、国際人として活躍してくれると嬉しいです!!
海外の人達、子供達も私の道場に来て、ホームステイしてもらい、異文化交流し、ボーダレスな考えをもってもらいたいです。

ファイスブックでも沢山の写真あります!!



プロフィール
飛田 暁(トビタ サトル)さんの画像
飛田 暁(トビタ サトル)
格闘家 ただの日記です
プロフィール
24時間web予約
ファン
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(1)
2017年07月(5)
2017年06月(2)
2017年05月(11)
2017年04月(4)
2017年03月(1)
2017年02月(2)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(3)
2016年08月(1)
2016年07月(4)
2016年04月(2)
2016年03月(4)
2016年02月(19)
2016年01月(20)
2015年12月(4)
2015年11月(7)
2015年10月(4)
2015年09月(11)
2015年08月(2)
2015年07月(3)
2015年06月(3)
2015年05月(2)
2015年03月(1)
2015年02月(4)
2015年01月(3)
2014年12月(8)
2014年11月(7)
2014年10月(1)
2014年09月(4)
2014年08月(1)
2014年06月(1)
2014年03月(5)
2014年02月(1)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年09月(1)
2013年07月(1)
2013年05月(1)
2013年04月(1)
2013年03月(4)
2013年02月(3)
2013年01月(4)
2012年12月(9)
2012年11月(12)
2012年10月(7)
2012年09月(3)
2012年08月(5)
2012年07月(7)
2012年06月(3)
2012年05月(5)
2012年04月(2)
2012年03月(4)
2012年02月(10)
2012年01月(4)
2011年12月(4)
2011年11月(2)
2011年10月(4)
2011年09月(4)
2011年08月(5)
2011年07月(9)
2011年06月(3)
2011年05月(3)
2011年04月(12)
2011年03月(17)
2011年02月(3)
2011年01月(11)
2010年12月(14)
2010年11月(13)
2010年10月(27)
2010年09月(22)
2010年08月(26)
2010年07月(16)
2010年06月(16)
2010年05月(19)
2010年04月(24)
2010年03月(13)
2010年02月(18)
2010年01月(25)
2009年12月(23)
2009年11月(7)
2009年10月(14)
2009年09月(3)
2009年08月(12)
2009年07月(7)
2009年06月(10)
2009年05月(9)
2009年04月(13)
2009年03月(5)
2009年02月(3)
2008年12月(1)
2008年10月(1)
2008年09月(1)
2008年08月(2)
2008年07月(2)
2008年06月(3)
2008年05月(2)