ファン
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2020年03月16日

REAPERにROLAND TRI-CAPTUREを繋げギターを録音

tri-capture.JPG


REAPERでMIDI信号を打ち込むにはMIDIキーボードが必要である、以前のバージョンでは「バーチャル・キーボード」というものがあったがバージョンアップの度になくなってしまったのかな?と探してみたところ「仮想MIDI鍵盤」なるものを見つける事が出来た、日本語翻訳ソフトのバージョンが上がって翻訳能力が上がったようだ、
仮想midi鍵盤.JPG

これがあればMIDIの打ち込みも簡単と考えたが鍵盤をマウスでクリック等無理な話、鍵盤にパソコンのキーのアルファベットが付いているのでパソコンのキーボードで押すが元々キーボード等弾けないので間違いだらけ!!REAPERで打ち込み出来れば解決なのですが、以前DOMINOという無料ソフトと連帯すればMIDI入力出来るとの事でしたが失敗している、
オーディオインターフェースを持っているので何か出来るのではとROLAND TRI-CAPTUREを繋げてみた、ドライバーは自動でインストールされたようだが繋げるだけでは音は出ない、なにか設定が必要のようだが説明書を読んでも意味分からん、オーディオインターフェースという位なのだからMIDIの設定ではなさそうだ、使用する方々によって持っているソフトが違う訳なのでそこまでの方法はソフトのマニュアルをご覧ください、との記述、私はREAPERを使っているので使用方法はネットの皆様が頼りなのだ、が、そのような情報は無い...
asio設定.JPG
2asioの設定.JPG

スタートメニューのROLAND TRI-CAPTUREをクリックするとドライバーの設定方法が書いてあるがここも訳が分からん?何か音の遅れを修正するものと聞いている「ASIO」というものが関係ありそうだ、REAPERの設定項目にも「ASIO」があったと思い出し開いてみた、「入力チャンネルを使用」というところにチェックを入れて脇の欄をググると「TRI-CAPTURE」があるではないか!!
環境設定.JPG

これでREAPERとROLAND TRI-CAPTUREは連帯できた、ギターを繋ぎ音をだしてみると貧弱な音だが波形も出る、しかしあたりまえだがMIDI波形ではない、でも今日一日の成果である、アナログ波ながら録音もできる、
アナログ波形.JPG

ROLAND TRI-CAPTUREにはMIDI入力、MIDI出力、も無い頼りない機器なのだが役に立ったようだ、って、なんでもってるの?以前使ったことはあったがしまいっぱなしなのでオークションで売ってみたが出品額が高かったので売れなかったのだ、いつか役に立つ時もあるんだなと思うと切ないなぁ、売れなくて良かったROLAND TRI-CAPTURE君、これからもよろしく

ちなみにこのROLAND TRI-CAPTUREにはSONAR LE という機能限定版が付属しているのだがユーザー登録出来ず一度も使えていないが、音源のcakewalk Sound CenterだけはインストールできたのでReaperで使わせていただいているのだ、あらゆる楽器が入っていて重宝している。取説において「ASIO」という文字が出てくるのは21、28、44、の3ページのみでそれも一行、二行なのである、これではなかなか気づかないなぁ、もっと初心者に親切な説明が欲しかったと思う...が


【中古】ROLANDローランド TRI-CAPTURE UA-33 USBオーディオインターフェース

価格:9,980円
(2020/3/16 10:49時点)
感想(0件)




【中古】ROLANDローランド TRI-CAPTURE UA-33 USBオーディオインターフェース

価格:9,980円
(2020/3/16 10:50時点)
感想(0件)





















この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9706280
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
カンレキッズさんの画像
カンレキッズ
プロフィール

人気ブログランキングへ
楽器 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ