ファン
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2019年12月21日

FenderJapan SideKick50 VS.ELK FS-52

FenderJapan SideKickReberve50 & ELK FS-52
ELK+Fen前.JPG

ELK FS-52は1975年位の発売当時73,000だったらしいが50,000位で販売していたと思う、Fender Japan SideKick50 は1985年位の発売当時55,000円との事、製造元はどちらもELKで造られたもの、この二台のアンプは10年の歳月が流れた前後の作品なのだ!!どちらも50W
Fen50前.JPG

Fs52前.JPG

私はELKのアンプを好んで使ってきたがFenderのロゴの付いたELKのアンプを使うのは初めてなのだ、弾き比べてみるとFS52はギターそのものの音、コンデンサーも製造から40年経過していればへたってきたのか高音が出ていないような感じに思われる、Fenderはキラキラという音である、Fenderに繋いでからFS52に繋いだせいもありそう思ったのか?これがいつもの音だろ?と考えたり分けわからなくなった、10年経てば技術の進歩もある訳であるが、それが良い方向にいったのだろうネットで所有している方々の意見はべたほめ!!悪い意見等ないそれらのブログを拝見いたしまして突然このアンプが欲しくなったのです、私がこのアンプを持ってなくてどうする、と使命感みたいなものが頭をよぎったのです

ELK+FenBack.JPG
ELK裏拡大.JPG
Fen裏下から.JPG

奥行比べ.JPG

50Wで重さ10kgというのも驚き、FS52の裏から見てみると真空管のように見える大きなコンデンサー、大きなトランスで重い、総重量は20kgあると思われる、Fender Japanは全体的に小ぶりになり奥行きがある筐体である、なんか可愛いという感じです黄ハートFS52は奥行きがなく薄っぺらでカッコ悪いと以前から思っていたがコストダウンの為なのか?
こ50WのSideKickが日本で製造された最後のものらしく、この後発売されたSideKick65は海外、台湾製になるとの事でどうしても日本製のそれもELKで製造されたアンプが欲しくなってオークションで落札させていただきました、平均落札価格は10,000以内だったのですが競争相手がしつこくて12,000での落札となったわけだったのですが、届いて驚き汚れシール跡等はありましたが新品のようだったのです、これは勝った!!と思いました、長年使っていなかったのでジャンク出品が気になりましたが、なんのなんの南野陽子!!それはそれは立派なものでした、送られてきた段ボールの箱を持ち上げて本当に50Wのアンプ入っているの?と思う位軽量でした、12,000円出しても余りある本当に良い買い物でした、当たりという感じでした、出品者様有難うございました自分で自分に良いクリスマスプレゼントになりました、ちょっと寂しいな
メリークリスマス!!

【中古】Fender Japan / SIDEKICK REVERB 25 リバーブ搭載ギター用コンボアンプ フェンダージャパン【S/N 02499】【U-BOX_MEGA_STORE】

価格:12,100円
(2019/12/21 16:53時点)
感想(0件)




中古 ギターアンプFENDER/フェンダー Sidekick 10コンディションランク【C】(商品 No.75-0)

価格:5,980円
(2019/12/21 16:54時点)
感想(0件)




【中古】【Sidekick 10】FENDER フェンダーギターアンプ【商品ランク】☆☆☆/一般中古品/多数の打痕、大きな傷、パーツ欠品などありますが動作に問題のない商品です。【中古保証書付き】【75】

価格:5,980円
(2019/12/21 16:55時点)
感想(0件)

















この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9507536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
カンレキッズさんの画像
カンレキッズ
プロフィール

人気ブログランキングへ
楽器 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ