ファン
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2016年02月06日

Steve Vai 2002年アルバム Sound Track[The Elusiva Light And Sound Vol.1]




the elusive light and sound vol.1.jpg
Steve Vai 2002年アルバム Sound Track[The Elusiva Light And Sound Vol.1]

一分にも満たない曲もあり全部で40曲あります、

映画「クロスロード」のギター対決の場面が入っております、

(1)Celluloid Heroes
セルロイドの英雄、セルロイドは映画界ではフィルムの事らしい、昔の映画俳優や映画女優を唄った曲のようだ、作曲はキンクスのレイ・ディビス、なかなかの詩人ですね、

(2)Love Blood
ごく普通のミディアム・テンポの曲、これはというものは無いが「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」に触発されて書き上げたもの、自分がこの映画の主人公になりたかったらしい、何考えているのかVai先生?

(3)Fried Chicken(本編ではカットされている曲のようです)
話し声の後演奏に入るがここで「ブルースは嫌い」と言っているSteve Vaiの珍しいスリーコードの曲が聴けますがVai先生は退屈そうです、途中マディ・ウォーターの「I'm Ready」のフレーズが出てきます、

映画クロスロードのギター対決場面、主人公が途中で弾けなくなります、

といってもどちらもVai先生が弾いているのですが、CDのライナーノーツを読んだらシャギー・オーティスが参加しているとの事!!大昔アル・クーパーが連れてきたシュギー・オーティスでしょうか?だとしたら本当にお懐かしゅうございます、

この映画見たけど主人公のギター弾く格好は本当に弾いているように見えたね、
追伸.......自分なりに検証した結果のお話
主人公ユージン(ラルフ・マッチオ)がギター・バトル会場に現れる前に会場では一組目のバトルが行われていてその模様が「Fried Chicken」だそうでこのシーンはカットされたとの事です、

せっかくシュギー・オーティスが参加しているのにカット!!とは失礼ですね、つまり悪魔に魂を売って超絶技巧を手に入れたギタリスト、ジャック・バトラー(スティーブ・バイ)とシュギー・オーティスのバトルという事?全てスティーブ・バイが演奏していると書いてあるが、シュギー・オーティスがギターを弾かないで参加とは考えられない!!「Fried Chicken」はこの二人のギタリストのバトル音源でシュギー・オーティスが負けたという話であろう、そこへ主人公のユージン登場で次のバトル開始となるのだ、(4)(5)(6)がその模様、というシーンがライナーノーツから解読できた
https://www.youtube.com/watch?v=nOpLx3byCJI

(4)Butler's Bag
主人公が弾けなくなって、なんとワウを使ってVai先生の代りにギターが笑う????凄いです、信じられない
https://www.youtube.com/watch?v=uO9xRs_Flfo

(5)Head-Cutti'n Duel
1995年Alien Love Secrets の一曲目「Bad Horsie」のイントロを弾きだす、対抗するはスライドギター、本当はライ・クーダーが弾いている、いつもレイドバックしているライ・クーダーが本気を出した、切れの良いスライドギター!!まじだ?
https://www.youtube.com/watch?v=kRpQXlv18Q0

(6)Eugene's trick Bag
クラシックギターのフレーズで対決、Vai 先生が負けて帰っていくシーン
https://www.youtube.com/watch?v=b8eymimAV8k
●ここからは「DUDES」という日本では未公開の映画のサウンドトラック

(7)Amazing Grace 1:52 アルペジオの短い曲

(8)Louisiana swmp swank スライドギターは先生が弾いているのか?
●ここからは「ビルとテッドの地獄旅行」のサントラ

(9)Air Guitar Hell 0:40 メチャ弾き、Vai先生にはよくある曲というか?練習?
https://www.youtube.com/watch?v=2ov8HzrKPi8

(10)The Reaper これも映画のサントラてすがいつものVai先生で映画向きに作曲とは思えない作品です、
https://www.youtube.com/watch?v=xlqcY9HnqO4

このアルバム40曲まであります、

今回はyou tube 様の力もお借りしましてVai先生を御紹介させていただきました、

ジャケットもさることながらドンビキされる曲もあり、

又々嫌われる結果になったかもしれませんが私も疲れてきましたのでこのへんで失礼します、

Steve Vai スティーブバイ / Visual Sound Theories 【DVD】

価格:4,568円
(2017/10/18 17:43時点)
感想(0件)



DiMarzio Steve Vai Signature Dark Matter 2 Middle [DP267F] 【安心の正規輸入品】

価格:7,128円
(2017/10/18 17:45時点)
感想(0件)




STEVE VAI ミニチュア Guitar JEM Ibanez ホワイト (海外取寄せ品)

価格:11,616円
(2017/10/18 17:45時点)
感想(0件)





MORLEY Steve Vai's

価格:21,600円
(2017/10/18 17:47時点)
感想(0件)




【中古】 Steve Vai スティーブバイ / Elusive Light And Sound Vol.1 【CD】

価格:648円
(2016/2/6 16:53時点)
感想(0件)



[DVD] ビルとテッドの地獄旅行

価格:3,099円
(2016/2/9 18:16時点)
感想(0件)





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4705005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
カンレキッズさんの画像
カンレキッズ
プロフィール

人気ブログランキングへ
楽器 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ