2016年02月29日

1人でもオストガロアを倒せる?

<スポンサーリンク>




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 集会所クエストレベル7を20個こなしたところで、ようやく緊急クエストが発生。

DSC05542.JPG

これまでのギルドマネージャーとの会話から「オストガロア」が相手だと思っていましたが、そのまんまでした。
正直、「真のラスボス的なモンスターが出てくるかな?」と期待していた面もあったので少し残念。



 こうしてオストガロアに挑むことになったわけですが、ハンターランク3の緊急クエストで戦ったこともあり、「だるま」状態にしてくるのがやっかいな相手と分かっていたので、まずはだるま対策を最優先。
ちょうどいい護石と装飾品で「だるま無効」のスキルを発動させて戦いに臨みました。
防具は上位ディノバルド装備一式。
他に発動させたスキルは「斬れ味+1」 「火耐性小」 「剛刃研磨」。
武器は「斬竜鎚ウルガ」を使いました。
狩り技は「狩人のオアシス」で。


 で、それなりの強さだとは分かっていたので、アイテムも万全にしました。
たびたびキャンプに戻れるように、ドキドキキノコや素材玉もバッチリ仕込んでいったのですが、予想に反して序盤はそんなに厳しさを感じません。
攻撃にしても普通というか・・・エリアルでピョンピョン飛んで殴り、斬れ味がおちたら少し離れた場所に行けば攻撃をくらわずに研ぐということも出来ました。
そして今回は粘液をつけられても「だるま状態」にならないので、まったく苦労しません。
だから、「こりゃ楽勝だな」と思いひたすら攻撃を続けました。
そして30分が経過。
するとここでオストガロアの攻撃パターンが増えだしました。
攻撃パターンが増えるということは、「しっかりダメージを与えられている」ということなので、更にノリノリで攻撃を続けます。


 と、そんな感じでプレイしていると、オストガロアが放った蛍光色の粘液に囲まれた自分。
でも、特に焦ることは無くここではこう思っていました。
「どうせ大した威力でもないだろう」と。
しかし、次の瞬間、その蛍光色の粘液が発火して大ダメージ(笑。
爆発で吹っ飛ばされた後、更に体当たりをくらって死にました。
4Gに出てくるゴグマジオスのあの強力な攻撃と一緒ですね。
モンハンクロスでいうならブラキディオスの粘液攻撃の強化版と言えば分かってもらえるでしょうか。
油断してはいけませんね(笑。


 で、またキャンプに戻って出直して挑んだわけですが、攻撃は激しくなっていてもまだ何とかなるレベルでした。
だから攻撃しては離れて適度に回復を図ると言うスタイルでやっていたのですが、この離れて体力を回復しようとしたとき、オストガロアが今までみたことのない極太のビームのようなものをあさっての方向に発射。
それを見た自分は、
「ま、方向が違うから大丈夫だろ」
と回復薬をゴクリと飲んだ瞬間、そのビームがコチラの方に向かってきて・・・
「あ」
と思って回避しようと思いましたが、回復薬を飲んだときのモーションで体が硬直中。
そしてそのまま極太のビームをくらうと即死(笑。
体力満タン状態から死んだのでなかなかの極悪さです。


 ということで2死になり、後一回死ねば失敗する状態に。
極太ビームの破壊力のこともあり、一気に緊張感が増しました。
「とにかくあのビームだけは絶対にくらってはいけない」とおもいながらオストガロアに攻撃を続けていくと、あの極太ビームは胴体の口のようなものから出されることが分かりました。
そして、出す前には体にその予兆が出ることにも気づいたので、神経をそこに集中。
そうするとかなり回避しやすくなりました。
ビームが発射されそうなときに発射口と反対側に回り込むことや、やばいときはモドリ玉でキャンプに戻ることも計算にいれれば、死ぬ確率はグッと減ります。
というか、これをやらなかったら、アッサリ3死確定です(笑。


 そんなこんなでアレコレやりながら攻撃していると、いつのまにか残り時間が5分に。回復薬も足りなくなり、「今回はダメかなぁ」と思いつつも、50分になったら「撃退」で成功するかもしれないから、あと少し粘ろうと思って攻撃していたそのとき、オストガロアが倒れました。
時間ギリギリでクリアです。


 ま、トータルで考えればかなりの強敵だったオストガロアですが、モンハン4や4Gに登場してきたダラ・アマデュラやゴグマジオスに比べれば弱いです。
この2匹の場合、知識なしで戦うと体力の多さにより最初はタイムアップに悩まされることが多々あったので・・・。
その点からみると、ひたすら殴っていれば倒せるオストガロアというのは、まだ良心的だと思いました(笑。


 ということで、オストガロアぐらいなら1人でも倒せます。
やっかいな攻撃は先に書いた粘液爆発攻撃と極太ビーム。
それ以外には胴体に青白い炎をまとったとき、その部分にくっついて攻撃していると体力を減らされることですが、これもよく見てみると炎が出ている部分とそうじゃない部分があるので、大丈夫な部分を選んで攻撃するようにすれば回復薬が足りる範囲で何とかなると思います。


 と、こうしてオストガロアを倒した自分は、ハンターランクの上限が解放されてハンターランク60に。

DSC05548.JPG

これにより様々なクエストが解放されましたが、まずは一段落ついた感があるので、後は更にゆったりとしたペースでモンハンクロスを楽しみたいと思います。
この長文を最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<スポンサーリンク>









―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
応援ありがとうございます↓





カテゴリーアーカイブ
検索