2020年05月28日

自信満々で相手のミスを指摘した結果・・・

<スポンサーリンク>




 先日、けっこう通い慣れたカフェに行ったときのこと。
普段通りに注文し飲み物を飲み、まったりとくつろぎました。
そして50分ほど過ぎたので「お会計お願いします」と店員さんに伝えました。

 で、店員さんが俺の元に伝票を持ってやってきました。
「990円になります」
それを聞いた俺は、「アレッ?」と思いました。
それというのも、俺が頼んだのは飲み物580円と食べ物320円。
消費税を含めると「1,100円になる」と思っていたので、すぐに店員さんに「あれ?1,000円超えないですかねぇ」と伝えました。
すると店員さんはすぐに「確認してきますね」と言い、レジの方に引っ込みました。

 んで、このときですよ。
このときの店員さん。
実は以前、会計を間違えたことがあった人。
だから俺は待っている間、正直いって自信満々でした(笑。
「やれやれ、また間違えちゃって」と。
俺がスルーしたら、後でその子が社長とかから怒られることになるから、
「やっぱりこうやって指摘してあげるべきだよな」
なんてことを思いながら席で待っていたのですが・・・。

 店員さんが再び俺の元にやってきました。
んで、俺は「1,100円でした」と言われると思って財布を持って構えていたのですが、店員さんは、
「990円で間違いありません」とのこと。
これを聞いた瞬間「え?」と思うと同時に、小さい俺の脳みそが回転し始めました。
その結果・・・580円+320円=900円であるということに遅まきながら気づきました。
要は最初、俺は580円+320円=1,000円と計算していたのです。
こんな簡単な計算をミスる。
アホすぎてすいません(笑。
 
 というわけで、自信満々に「教えてあげた」感満載で店員さんに伝えただけに、凄まじい赤っ恥。
余計な再確認をさせたという事実に、久々に死にたくなりました。
40歳超えたおっさんが何やってんだと。
だからこの後、お釣りをもらう際、「間違ってすいませんでした」とお詫びしました。
店員さんはイヤな顔をせず、「いえいえ、いいんですよ〜」と言ってくれましたが・・・。
無能な癖に時折こうやって調子に乗り、もらわなくていいカウンターをもらう俺。
今後はこういう事がないように、スマホの電卓でしっかり計算しようと思いました。
もう自分の脳みそを信じるのはやめておきます(笑。

1037680_s.png

  
<スポンサーリンク>




応援ありがとうございます↓


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

posted by kanimiso at 07:27 | Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
<スポンサーリンク>

検索
<スポンサーリンク>