2020年05月25日

おっさんの足下でも見られている

<スポンサーリンク>




 バイトをしていた当時に買った靴2足。
「どうせ俺の足下なんて誰も見ていないw」と思い、2,000円の真っ赤な靴を買って履いていたのですが・・・。

DSC02203.JPG

ある時期から、この靴を履いていることが恥ずかしいと感じるように。
40すぎたおっさんが履くようなものではないと。
気付くのが遅すぎてすいません(笑。

 それと近い時期に買ったのは、ホーマックでワゴンにて売られていた1,500円の青い靴。
赤戸の色違いで買ったわけですが・・・いま思えば自分でも「赤鬼青鬼か」とツッコミたくなります(笑。

 ちなみに青の靴はソールの部分が絶望的な代物でした。
最初に履いた瞬間に「うわ、これはやべえ」と感じるぐらい。
まぁ普段から長距離を歩くことももなく、バイト中はそれ用の長靴を履いていたので支障はありませんでした。
ただ、こんなしょうもない靴を履いている事実に、やはり悲しさを覚える日々でした。

 と、そんな2足の靴。
2年ほど交互に履いていたらソールがボロボロになってきたので買い換えることに。
しんどい思いをした経験を踏まえて、おとなしめの色の1足2,700円の靴を2足、ネットで買いました。

DSC02205.JPG

 赤い靴からこの靴に履き替えてから1ヶ月ほど経ちますが・・・。
なんとなく周りの目が少し優しくなった気が。
これを思うと、やはり赤い靴や青い靴は俺のようなおっさんが履くものではなかったと痛感します。
今後はケチらず、なるべく年相応な靴を買おうと思いました。


<スポンサーリンク>




応援ありがとうございます↓


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

posted by kanimiso at 10:11 | Comment(0) | 雑記
最新記事
カテゴリーアーカイブ
記事ランキング
<スポンサーリンク>

検索
<スポンサーリンク>