2019年07月17日

ひどすぎるラスボス 静御前

<スポンサーリンク>




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 PS4のサムスピを買ってガッカリしたことはいくつかあります。
その中の1つが、ラスボスの静御前の魅力のなさ。
とにかく戦っていて圧倒的につまらないし、静御前の攻撃手段に華がないのです。
やられても、「なにこのゴミみたいな攻撃は」的な。


 まずボス戦をつまらなくしている原因は、静御前についているスーパーアーマーみたいな効果。
こっちがいくら切りつけても与えるダメージが小さく、着物を脱ぎ捨てた裸の状態にならないと大きくダメージを与えられません。
が、裸の状態でも与えられるダメージがこれまた小さいという・・・。


 と、そんな静御前相手に手っ取り早く勝てる戦法は、強斬りでひたすら斬りつけるor単発の必殺技を当てるか。
相手はスーパーアーマーゆえ多段攻撃ではのけぞらないので、これが手っ取り早いのです。
まとめると、
こちらはジャンプ強斬り攻撃などをひたすらピョンピョン繰り返す
              ↓
裸状態になったらひたすら強斬りでダメージを与える
              ↓
着物を着たら再びジャンプ強斬り攻撃などをひたすらピョンピョン繰り返す

という、もう単なる作業状態。
必殺技を当てる駆け引きとかがないに等しいという・・・。
これだったら、初代サムスピのラスボスである天草四郎戦の方が何百倍も面白かったです。
先日、改めてこの動画をみましたが、どちらが面白いかは一目瞭然ですね。
このときはワクワク感もあって面白かったなぁ・・・。



これだったら、静御前ではなく天草四郎をリメイクして出したほうが良かったかと。


 んで、この静御前がCPUレベル3だと、けっこうな呆れたくなるクソみたいな強さ。
こちらはダメージを与えにくい中でチマチマやっているのに、アホみたいな遠距離攻撃をしてきたり、コマンド投げで吸ってきたり。
更には容赦なく武器飛ばし必殺技、秘奥義を当ててきます。
徳川慶寅を使ってクリアしようとしたら、自分は1時間20分以上かかりました。
あと一歩まで追い詰めても、そこから武器飛ばし必殺技、秘奥義でチャラにされまくったときはコントローラーを叩きつけそうになりました(笑。


 またネックなのが、こちらが武器飛ばし必殺技や秘奥義を当てても、それすらダメージが極小なこと。
これ・・・初心者を救済する意味でも、それなりのダメージを与えられるようにすれば、使い方を学ぶいい機会になるのに・・・本当に救いようがなさすぎます。


 と、こんな苦い経験をした後は、CPUレベルを1に設定。
どれだけ苦労して静御前を倒しても、ほとんど意味がないようなもんですし。
ラウンド数も1にしてストーリーモードをやるようになった結果、非常に快適になりました。
しかもノーコンテニューでクリアしたおかげなのか分かりませんが、クリア後にこんなご褒美絵が。

DSC01239.JPG


これを見ると、CPUレベル3で必死にクリアしようとしていたのが何とも馬鹿らしくなりますね。
もう2度とCPUレベル3でプレイすることはないでしょう(笑。


 というわけで、本当に面白さや魅力のカケラもないラスボスの静御前。
これほど「つまらない」ボスは、めったにいないでしょうね。
この点だけは、何とも残念でした。

DSC01237.JPG
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<スポンサーリンク>









―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
応援ありがとうございます↓






posted by kanimiso at 09:32 | Comment(0) | SAMURAI SPIRITS
カテゴリーアーカイブ
検索