2017年05月22日

自分で学校に連絡しろ

学校に無理矢理行かせたあの日
すごく良かったな〜と思う事が
ひとつ。

学校に電話した時に私の口から
「息子が学校に行きたくないと
言っています。」

と言えた事。

それまで学校を休むときは
こう言っていた。

「息子がだるそうなので
様子を見て一日休ませます。」

この私の言い方は

学校に行きたくないと伝える
のも、先生に悪いような気がして
言いにくいし、私の体裁もある。

でも、仮病を使っての
嘘もつきたくない。

というところで

正直にも言わず
嘘もつかず(だるそうなのは本当だから)
の、中間的ぬる〜い伝え方
をしていたのですが

それを正直に
「行きたくないそうです。」

と言えた事。

電話した後なんだかスッキリしたん
ですよね。

これは私の第一歩だな、って
思いました。



それから数日して、思った事。

学校へ電話するのも
息子にやらせれば良いんでないか?

と思いました。

息子の口から
行きたくないから行きません

と。

保護者の同意は必要だろうから
私は

「だ、そうです。」
と伝えるだけ。

あとは学校が説得するのもよし、

あなたたちで話して何とか
してくださいな。

というスタンスで。

今のところは、息子には学校へ
行ってもらわないと困る。

だって、二年生の
あなたでは、一人で生きて
いけないだろう。

一人で留守番させたら
危なかしい。

私にワガママをって
負担をかけるし

私、仕事行きたいし
休みたいし

私に負担かけないような
一人前になったら

自由に休ませてやる。

それまでは、ママの余裕が
ある時だけ、たまに休んでも
良いけど

私が行けと言ったら行って
もらう。

自由になりたければ
一人前になりな。


ということで、
あれからは息子は学校に
行っています。

楽しそうにしているときもあれば
つまらなそうにしている時も。

どっちでもいいけど、

私は本当に、
子供に関しての事を
学校に「だ、そうです。」

と伝えるだけの役目になるのが
理想で、夢です。


宿題なんてやるわけがない

こんばんは!

今日も長男(2年生)の宿題のお話。
ここ数日ついに宿題を全く
やらなくなりました。

私も宿題については
色々、悶々としていたけれど

先日、全く宿題に手を付けていない
長男の事が心配になって、朝聞いてみました。

「昨日、宿題やってないけど大丈夫?」
「学校行く前に、やってかない?」

って

そうしたら、長男のお返事は

「やる訳ないやん(^.^)」

ですって。あっけらかんとして。

私、この言葉を聞いて、
なんとも、すがすがしい
気分になってしまいました!!

あはは!

そうか、そうか、
それならいいのよ。

ママのせいにするでもなく
自分のせいにするでもなく

「やるわけがない。」

と、そう言ってくれるのなら。


宿題なんてやる訳ないさ(^O^)
それで、いいんじゃないかな!

じゃあその方向で!

私は応援したい
気持ちになりました。


そして、今日私は、この先の事を
色々考えていました。

宿題、やならないならやらないで
他の事を学べばいいんじゃないかな!
って思いました。

まず、
宿題については、先生に言われたりする
だろうから、先生を納得させる技術を
獲得しなければいけません。

例えば…私だったら、

宿題をやらずに偉業を遂げた人
有名人を沢山調べて、論文を
書きます。

これこれこういう理由で、ぼくは
宿題をしません。

と、いう論文を先生に提出。
こんなんしたら、めっちゃ勉強にな
るでしょう。
(長男の性格じゃ、やらないかな〜。)



あとは…例えば、先生の言葉を
かわす技術を学ぶ。

反応しない練習。
「無」を知る。

お坊さんになれるじゃないか。
これを獲得したら、生きるためにずいぶん活躍
する事でしょう。


または、先生の言葉を笑いで返す
方向にしてみる。

お笑い芸人になれるでしょう。

勝手に思いついたことは
これくらいだけれど

他にも、学びかたが
沢山たくさんあるでしょう。

100人いれば100通り。
何だっていいでしょう。
役に立つでしょう。

さあ、どうなるんかなあ?と
思います。


あ…、でも、まだまだ、

ココに書いているほどには、私も
吹っ切れていない部分もありまして

今日の夕方に長男に言いました。

「あの〜、長男くん。
ママのメンツがあるので
音読だけでもやってくれませんか?」

…(笑)

音読だけ、やってくれました。

先生、私はやれるだけの事は
やってますよ〜ってアピールが
したいのでお願いします。と

正直に話してやってもらいました。

そうですよね。

私、もう長男が宿題なんてしなくても
この子は幸せになるって分かっている
のですから、

あとは母のメンツをあきらめられるか
否か、の問題だけなんですよね。

正直に、メンツ守りたいです。

最初に書いた長男が心配になって
聞いてみた。と言うのも嘘ですね。

私は自分が心配なのです。

本当の事、言いましょうね。
どうせ、波動でばれるんだから。

他の多くの親さんだって
それに、先生だって

突き詰めていったら、

自分たちのメンツを守るために
宿題をやらせている人が多いんじゃない
かって思うんですけど

どうなんでしょうね?

そのうち、私のメンツも
きっと子供によってつぶされるよう
な気がしますが

まあ、私は、
それでも良い。と言いますか

たぶん、自分自身がそれを願っている
気がします。

怖くもあり、楽しいんです。

メンツが潰されるほどに
心は解放されるので(^^)



2017年05月19日

撒いた種を刈り取る

長男は最近、色んな事を
私のせいにしてきます。

この前も少し書きましたが

「宿題にやる気がでないのは
ママが宿題いつやるの?って聞いてくる
からだ」
と、言います。

私が声をかけなかったらかけな
かったで、

「宿題を忘れたのは、ママが言って
くれなかったからだ」と言います。

児童クラブで定規を忘れたのを
先生に聞かれた時に

「家に定規がない。
ママが買ってくれない。」

と先生に言ったらしく、この前
私は、先生から

「お母さん、定規を用意してあげて
くださいね」
と言われてしまいました。

(用意してあげるもなにも、
すぐに無くしてしまうから、
すでに4本ほど、買い足している
くらいなんですれど…。)


今日は次男の遠足だったので
次男が動物園で欲しがった
インスタントカメラを買いました。

(あの使い捨てカメラ。
ちょっと懐かしいですよね。

次男が売店で見つけて、欲しがった
ので買いました。
動物園で色々撮っていました。)

帰ってからそれを見た長男が

「ママは弟にばかり良い物を
買ってあげている!」

と言って怒ってきました。
確かに、長男には今日は買わなかった
けれども
普段は長男に対しても欲しいと言われ
た物は、買える場合は買っている。

でも、長男は普段から弟との
不平等を感じているみたいで

今日はそれが爆発していました。

そして、私に対して
すごく怒って、私を責めて
叩いたり蹴ったりしてきました。

そして挙句のはてには、
「ママが怒るから!」と言いながら、
、ばあばの家に家出をしました。

(ママが怒ると言われても。私は
怒ってるつもりはないのだよね。
10回くらい叩かれたら、それ以上
やられたら、鬱陶しいので
1回くらいは叩きかえすけど。

あとはだいたい、長男の怒りを聞いてる。
さすがに笑顔では聞いていないけれど
私の心は本当に怒っていないのです。)

それで

ばあばの家に行って
「ママが怒るし
ご飯を作ってくれないんだ!」
と言ったらしいです。

(作るもなにも、あんたがそんな風に
怒っているから、その対応をして
いただけなのです。)

ママのせい、ママのせい、ママのせい…。

本当に、長男は最近はこれが目立ちます。

色んなママのせいがあるけれど
根本的な事はこうですよね。

僕が幸せじゃないのは
ママのせいだ。




私、これは身に覚えがあります。

自分で撒いた種です。ずっと前に。

長男が手がかかる性格だから
私が大変なんだ。

って、

自分の中に問題がある、と気づく
その前まで

そうやって、私自身も長男に対して
心の中で思っていたし、そう
伝えていた。

「私が大変なのは君のせいだ」
「私が幸せでないのは君のせいだ」



撒いた種を刈り取る。
ですね。

最近やっと、この過去に撒いた種を刈り
取る時期になったのかな。と思います。

収穫です!
ひゃっほ〜い!

どっかり収穫したら
あとはまた少し良い物が
収穫できてくる。


でも、長男がいくら
ママのせいにしてきても

私は
「自分のせいではない」
と心の中で思います。



長男よ。

君が幸せでないとしたら
君の責任だ。

言っとくけれど
ママは君の事が大好きだし
心から大切に思っている

これは確かなのだ

それが分からないのなら
君の責任だ


そんなふうに思っています。


良い遠足になりました。

こんばんは!

今日は次男の保育園の親子遠足
でした。昨日、私は
「本当は遠足行くの嫌だな…」

と、心の中でぼやいていましたが、

この心の中のぼやきは、2年前の
長男の時の経験から来ているものでした。
(長男が年長の時の遠足も
動物園でした。)


2年前の親子遠足は…。
特別な行事に、ついつい私の
頑張りすぎる癖が出たのでした。

私は朝早くに起きて頑張ってお弁当を作り

バスの中ではママさん方に頑張って
話を合わせて、作り笑顔いっぱいの
会話をしていました。

自由行動の時間は
動物を見るより遊んでいたい性格の長男に
私が、動物を全部見せて回ろうと頑張って、

「行くよ!」「こっちだよ」
「そっち行かないで」「ちゃんとママについてきて」

なんて言葉を沢山かけて
引っ張って回ったからでした。

長男も怒られながら動物を見る羽目になり、
私もイライラしたし、ものすごく疲れてしまい、

お互いに何のための遠足だったのか…
帰る頃には、もうクタクタで、
長男はまだ、楽しそうにしていたけれど
(子供はすごいなぁ)

私の感情は、ほとんど「悲しみ」で
終わった。

そんな遠足にしてしまったからです。


でも、そのおかげで、今日は
リベンジ。

良い遠足になりました。
昨日のぼやきと照らし合わせて
リベンジした部分。↓

朝早く起きてお弁当作るの
嫌だな…


→お弁当のおかずはすべて冷凍品
 にして、簡単にしました。
 ものの5分で作りました。

 次男は、そのお弁当を
 「今日のお弁当は美味しいね!」
 って言って食べてくれました。

バスの中で色んな人と話さなきゃ
いけないから嫌だな…

→私の苦手とする雑談。愛想よく、
 上手にしゃべろうと頑張らなく
 ても良いと思い、一番自然体で
 いられる、無口な自分でいました。 
 
 皆さんがにっこりと
 おはようございます。言ってくれ
 ました。

黄砂も飛んでいそう暑そう…

→アレルギーの薬も飲んでいたし
 なるべく日陰に入って休んで
 いたので大丈夫でした。

動物だって見たことあるから
 どっちでも良い。

→動物園に来たからと行って動物
 を見なければいけないわけでは
 ないと思い、次男の行きたい方向に
 進み、私は後ろをついて行くだけに
 しました。
 
 動物はちょこっと見て、あとはボート
 に乗ったり、観覧車に乗ったり
 お友達とはしゃいでいたり
 自由な次男が見られました。
 
 私は次男の楽しんでいる様子を
 曇りない心で見られ嬉しく、
 これで、いいなと思いました。
 

こんな感じで、今日はそんなに疲れていないし、
楽しかったです。とっても上出来な遠足
になりました。
 
 
ああ…。いつも、こんな風に、
私の子育てはいつも上の子の失敗を
下の子に活かすようなパターンになり
ますね。

上の子は実験台のようになります。
本当に申し訳ないなとも思うけれど

その分たくさん上の子に
感謝を送りたいと思います。


2年前に教えてくれた
長男に心から感謝します。

2017年05月18日

明日は遠足

明日は次男の保育園の親子遠足で
動物園に行く予定です。

遠足ね

実は私は行きたくたいの。

だって面倒くさいでしょう。

朝早くお弁当作らなきゃ
いけないでしょう。

バスで色んな人と話さなきゃ
いけないしねぇ。

暑い中、黄砂も飛んで
そうだしね。

動物だって、見たこと
あるから、どっちでも
いいんだよね。



でも、お母さんだったら

子供に「楽しみだね。」
って言わなきゃいけない
かな?

フフフ。


私の心の中だけでの言葉。
息子にはナイショだよ。

「私、明日の遠足。
楽しみじゃない。嫌だなぁ。」

「できれば行きたくないよ。
家でのんびりしていたい。」

嫌だよね。
嫌だよ〜。
嫌だなぁ。

こうやって、本当の
気持ちを認めたら、

不思議と

明日の遠足が
ちょっと楽しみになって
くるんだよね。

ちょっとだけ、
嫌じゃない…かも。

面白い。

まだちょっと、嫌だけどね。

少しは頑張ろう(^^)

ほんの少し
やる気が芽生える。



遠足は楽しみじゃないけど

楽しんでいる子供の顔を
見るのは楽しみかも。




最新記事
プロフィール
かにちゃんさんの画像
かにちゃん
プロフィール
記事ランキング
カテゴリアーカイブ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
検索
最新コメント
自分で学校に連絡しろ by なつろん (05/23)
自分で学校に連絡しろ by かにちゃん (05/23)
自分で学校に連絡しろ by なつろん (05/23)
宿題なんてやるわけがない by かにちゃん (05/23)
自分で学校に連絡しろ by (05/23)
撒いた種を刈り取る by かにちゃん (05/23)
宿題なんてやるわけがない by なつろん (05/23)
撒いた種を刈り取る by ちぇき (05/23)
こいつら、いなかったら暇 by スーコ (05/22)
撒いた種を刈り取る by かにちゃん (05/20)
撒いた種を刈り取る by きこ (05/20)
こいつら、いなかったら暇 by かにちゃん (05/19)
ホームスクーリングやフリースクール by かにちゃん (05/19)
ママがおばあちゃんに。 by スーコ (05/18)
クレヨンしんちゃんの昔と今 by スーコ (05/18)
いつの間にか成長した by スーコ (05/18)
あなたは完璧なお母さん by スーコ (05/18)
こいつら、いなかったら暇 by スーコ (05/18)
ホームスクーリングやフリースクール by すず (05/18)
生きてるだけで丸儲け 幸せのハードルを下げる by かにちゃん (05/17)