2017年11月15日

昔の看護師といえば、女性が担うものというイ

昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。


しかし今日では看護師という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。


実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。


女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。


看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して他の仕事に移る人も結構いるということですが、看護師の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも有利な方向に働くことが多いでしょう。


例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。


看護師になるための手段として、大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。


大学の特色は何かというと最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。


他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。


また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。


あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。


保育園を職場にするのは、子供好きの看護師には、最適な職場でしょう。


仕事の内容は、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという働きがいのある仕事です。


かなり以前は、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であるとイメージされていたようなのですが、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。


というのも、看護師の得られる給料は、女の人であっても、その稼ぎでもって、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。


そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。
posted by kangoshi7 at 04:36| (カテゴリなし)
ファン
検索
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
ブログアカウントさんの画像
ブログアカウント
プロフィール