広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

はじめに

「掃除でキレイに!!」では、お掃除のプロ、ハウスクリーニング屋さんの掃除方法や道具、先人たちの豆知識などを紹介しています。
場所別にやり方や方法などをのせていますので、ここでお掃除の知識を身につけちゃいましょう!

キッチン、台所周りの臭い取り

キッチンの臭いには僕的に二種類あると思います。

ひとつは排水溝の臭い。

もうひとつは…ゴキブリのフンの臭いです(;^ω^)

まずは排水溝の臭い取りから説明します。

@まずはフタ、切りくずや残り物を排水溝に流さないようにするためのカゴを取り外します。

Aすると奥のほうにもうひとつ排水溝からの臭いを遮断するフタがあるのでこれもはずします。(左右どちらかにまわせば外れる仕組みになっています。)

B外した物すべてを、水で薄めたキッチンハイターに漬けてください。汚れ具合に応じてハイターの濃度を変えます。

C30〜40分、汚れがひどい場合は2〜3時間漬けます。漬け終わったら食器用洗剤をかけてブラシでゴシゴシ洗いましょう。

Dカビなどがついてる場合はカビキラーを散布して時間をおきます。時間は大体〜1時間くらい置いておけば取れると思います。最後はやはりブラシでゴシゴシ洗いましょう。

E排水溝を掃除します。ぬめり、カビなどがあると思いますのでまずはカビキラーを散布します。

Fブラシに食器用洗剤をつけて洗いましょう。このとき金だわしを使うとすぐに落ちると思います。

G最後に先ほど洗ったふたなどをセットしておしまいです。


どうですか?臭いはなくなりましたか?

汚れているところを素手で触るのは衛生面でも精神的にもキツイと思いますので、ゴム手袋をして作業しましょう!

臭い取りのコツ

せっかく掃除したのになんだか臭いが・・・

こんなことないですか?

僕はハウスクリーニングの仕事をしてるんですが作業中気になるときがあります(;・∀・)

トイレ、キッチン、風呂場、etc・・・

人間は臭いに慣れてしまうそうです。

なのでもしかしたら友人を家に迎え入れたときもしかしたら・・・

(このお家臭い!!)

なんて思っているかもしれません(;^ω^)

そんなことがおきない様に!!ここで臭い取りのコツや方法を学んでください^^

トイレ

トイレのお掃除
便器のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、トイレ用洗剤、トイレ用ブラシ、トイレ用酸性洗剤(場合によって)

  ☆ワンポイント
洗剤は、あまり長時間放置してしまうと色落ち、色移りがおきてしまいます。
5分おきくらいに確認しながらやりましょう。


毎日のお掃除が大切です。こまめにお掃除することで汚れの硬化やこびりつきが防げます。

なかなか落ちない汚れにはトイレ用酸性洗剤を散布し、しばらくしてからトイレ用ブラシで磨いてください。


便座のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、トイレ用洗剤、雑巾

  ☆ワンポイント
必ずゴム手袋を装着してから作業しましょう。


濡れた雑巾にトイレ用洗剤をつけ、固く絞り、拭きます。

その後キレイな雑巾で水拭きをして仕上げます。

この時も雑巾は固く絞ってください。


貯水タンクのお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、トイレ用洗剤、スポンジ

  ☆ワンポイント
プラスチックは傷が付きやすいです。目立たない部分で傷が付かないか試してから作業しましょう。


陶器の場合は便器のお掃除と同じ手順です。

プラスチックの場合は傷が付きやすいので、やわらかい布やスポンジなどで磨いてください。

エアコン

エアコンの掃
 
  ☆準備する道具
ゴム手袋、洗車ブラシ(または歯ブラシ等)、食器用洗剤

  ☆ワンポイント
お風呂場などの、水が流せる場所でやるのがベストです



カバーを空け、フィルターを取り外してください。

食器用洗剤を散布し、洗車ブラシなどでフィルターの裏、表をよく擦ってください。

カビが付着してる場合はカビ取り剤を散布し、しばらく放置してから洗いましょう。

カビ取り剤を使用するときは換気に注意してください!

その後、きちんと乾かしてから取り付けてください。


エアコンの内部洗浄は、個人で道具を入手したり洗浄するにはそれなりの知識や経験、お金が必要になってくるので、ハウスクリーニング業者さんに頼んだほうが安くて確実に仕上がると思います。

窓、サッシ

窓、サッシのお掃除
窓ガラスのお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、バケツ、食器用洗剤、歯ブラシ、雑巾、新聞紙

  ☆ワンポイント
枠にカビなどがたまってる場合はカビ取り剤を撒きます。
しばらく放置してから拭くときれいに落ちます。



バケツの中にお湯を入れ、さらに食器用洗剤を少量入れます。

その中に雑巾を入れ、固く絞った後に拭いてください。

その後、キレイな雑巾で拭きます。

さらにその後、新聞紙で拭いてください。


サッシのお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、バケツ、食器用洗剤、歯ブラシ、雑巾、

  ☆ワンポイント
清掃後、濡れたままにしておくとサッシが錆びてしまう場合があります。
きちんと拭きましょう!


こちらもお湯入り洗剤を用意します。

お湯を流してもいいような環境であれば、サッシにお湯を流しながら歯ブラシなどで汚れをかき出してください。

最後に乾いた雑巾で拭き仕上げます。

お湯が流せない環境の場合、まずホウキなどでゴミを取り除きます。

その後濡れた雑巾で拭き仕上げてください。

隅っこは、割り箸などに雑巾を巻き拭くと楽に作業できます。

風呂、浴槽

お風呂のお掃除
浴槽のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、お風呂用洗剤、スポンジ、お風呂用ブラシ

  ☆ワンポイント
色々な洗剤を混ぜて使うのは危険です。
別の洗剤を試すときは一度洗いなおしてから使用してください。


お風呂用洗剤を散布し、5〜10分ほど待ちます。

その後やわらかいスポンジで磨いていきます。

この時硬いスポンジやブラシなどを使ってしまうと細かな傷が出来てしまいます。

この傷に汚れが入るとなかなか落とせないガンコな汚れになってしまいます。

また、浴槽の素材によっては傷が付きやすいものもあるので、まずは目立たない部分で試してみてください。


床、壁、天井のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、お風呂用洗剤、スポンジ、お風呂用ブラシ、カビ取り剤、歯ブラシ

  ☆ワンポイント
汚れがヒドイ部分には、洗剤をまいて時間を置くと落ちやすいです。


浴槽と同様です。カビがある場合は市販のカビ取りスプレーを散布し、10〜20分放置してからブラシなどで磨いてください。

角のお掃除には歯ブラシを使うと楽です。

カビ取りスプレーを使う場合は換気に注意してください!

キッチン、台所

換気扇のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、食器用洗剤、スポンジ

  ☆ワンポイント
汚れが落ちにくい場合はこの作業を何度か繰り返してください。
また、洗ったものはすべてきちんと乾かしてから設置しましょう。漏電の原因になります。


まず換気扇の電源を切ってください。その後ファンを外します。

シンクなどに熱湯を張り、食器用洗剤を混ぜ、その中にファンを浸けてください。

熱湯が冷めてきたら洗剤をつけたスポンジで洗います。


コンロ、五徳のお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、食器用洗剤、スポンジ、雑巾、金属タワシ(傷注意!!)

  ☆ワンポイント
換気扇のお掃除同様、洗ったものはすべてきちんと乾かしてから取り付けましょう!


外せるものはすべて外し、換気扇同様熱湯に浸け洗います。

汚れがヒドイ場合は金属タワシが有効ですが、傷が付く場合があるので注意してください。

コンロの周りはお湯拭きが有効です。

お湯の中に食器用洗剤を少量混ぜ、雑巾を浸して固く絞ってから拭きます。

その後キレイな雑巾で拭き仕上げてください。


シンクのお掃除

  ☆準備するもの
ゴム手袋、クリームクレンザー、スポンジ

  ☆ワンポイント
力を入れすぎると傷になってしまいます。あまりゴシゴシやるのはオススメしません。


クリームクレンザーを使い、やわらかいスポンジで磨いてください。

荒いクレンザーやスポンジで磨いてしまうと傷が付いてしまいます。

場所別掃除方法(一般)

ここでは毎日の掃除方法を紹介していきます。
プロ(ハウスクリーニング屋さん)の掃除方法が知りたい方は
右メニューの、

場所別掃除方法(プロ)

の一覧からごらん下さい。

お掃除のコツ

せっかく掃除したのになんだかキレイに見えない…こんなことありませんか?

汚れている部分をキレイにするのはもちろんですが、パッと見たとき一番きれいに見えるようにするには隅まできちんと掃除することです。せっかく掃除したのにキレイに見えないのは隅がきちんと掃除されてないからなんです。
掃除しにくいからといって手を抜かず、隅のほうもキレイにしましょう!
   

ハウスクリーニング業者に
お掃除をお願いする前に、
各社の料金を比較して見
ましょう!!
--------------------------------------

お掃除用品はここですべ
て揃うと言っても過言で
はないです^^
しかもお安くなってます!

----------------------------------------

お掃除道具をレンタルし
てみて使い勝手を試して
みましょう!
今なら無料レンタルキャ
ンペーン中!!

現在の閲覧者数
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。