<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
梶野稔ホームページhome.jpg

旧ブログ(2004.12〜2015.11)blog.jpg

梶野稔YouTubeチャンネルyou.jpg

2017年09月28日

CD入れとアイロン台

着物を作る時に買ったsousouの布地でCD入れを作りました。
IMG_20170927_195234.jpg
IMG_20170927_195437.jpg
中にはプチプチも仕込んで大切なCDを守ってくれる事間違いなし!
開け閉めに初めてファスナーを付けました。
どうすれば綺麗になるのか試行錯誤しましたが、結局良い展開図が描けず綺麗に手縫いして愛着がもてる感じに仕上げました。
今後の発展を祈願して今までの倍は入る大きさにしました。
大入叶。

アイロン台の生地も張り替えてみた。
IMG_20170924_102748.jpg
長年愛用したこいつ。
Yシャツに色が移っちゃう事があり、新しく買いたくなりましたが、生地を買ってきて張り替えてみました。
IMG_20170926_143007.jpg
綺麗に伸ばして裏側は手芸ボンドが大活躍。
あとはガムテープで補強したので、とてもお見せできません…。

どちらも時間がかかり楽ではなかったけど、稼いで買って、物を捨てる現代にはない時間がありました。

2017年09月24日

声についての今

この稼業に足を踏み入れてから、養成所や劇団、ボイストレーニングなど様々な方から発声を教わってきた。


良い声とは何か?
舞台で通用する声は?
映像に出た時にも対応出来る声は?
ボーカリストの良い歌声は?
ミュージカルでの良い声は?

この辺りを考えて日々取り組んでいて、正解も答えもないから毎日「これかな、あれかな」とやっています。

役者としては低い声が出ればいいなぁと思いやっていましたが、なかなか出るようにならない。ミュージカルでお世話になった先生は「あなたは高音が出るから低音も出るはず」と仰って頂いたけど、出ないまま時が過ぎていました。

だけど最近、ボイトレに通い、そのトレーニングを自宅でもやるようになってから低音が出るようになり、音も掴みやすくなりました。
その教室の師匠が書かれている著作がこれ。
「カリスマボイストレーナーりょんりょんのボイス・トレーニング」


僕はこの本をだいぶ前に買って読んでいて、自分なりの解釈でやっていましたが、思うような成果はありませんでした。

ボイトレはそのお弟子さんがやっている直営のスタジオで初日のガイダンスの後、ちょっと習っただけで劇的な変化がありました。

とても歌いやすくなりました。

その先生のピアノの上にあった本がこれ。

「医師と声楽家が解き明かす 発声のメカニズム」



先生はこの本を僕に勧めた訳ではなく、説明もなかったのですが、気になったので読んでみるとスタジオで習っている事とは違う部分もありました。

これは良くある事。

僕は一人の先生を信じ過ぎない事が芸事には大事だと思っています。

それは芸事の頂上に登るには色んな道があるし、その頂上は僕にしか描けないから。

例えば前者の本には重心は「前寄り」と書いているけれど(だいたいの指導は前寄り、合唱部の歌い方になる)後者は「踵」と書かれている。その理由はバレエポジションがそうだから。
僕は今のところ後者を選択します。
それはバレエを習っても安定感があるのが分かるし、どうしても表現しよう、歌おう、と思うと前のめりになる。だから踵を意識する事によってちょうどまっすぐ立つ事になるのではないかと思っています。
力まずニュートラルな状態じゃないと良いパフォーマンスは出来ないはず。
それはスポーツでもなんでもそうだと思います。
そしてその状態をキープする事によって客観的に自分を見られて「醒めて踊れ」の状態になる。


そしてどの本にも共通するのが「どう身体を共鳴させるか」。

僕は今まであまり考えていませんでした。
上京当初ボイトレを習った時に頭部共鳴を習ったけれども、あまり必要性を感じませんでした。
役者としても日々「外郎売」などの発声訓練で声量はあり声も枯れず、声帯は筋肉だと言うから声帯を強くすればいいと思っていました。

しかし久米明さんの「朗読は楽しからずや」にも長く朗読するには頭部と胸部の共鳴が必要と書いてあり、プロとして安定感のあるステージをやる為には必須であると今更ながら気付きました。

前者の本には軟口蓋を上げて舌根を下げるよう書かれていて、後者の本には舌根だけ下げるよう書かれています。
それはオペラ歌手向きに書かれているという事もあると思いますが、日本人はイタリア人に比べて高音で頭部、鼻腔共鳴が多いそうで、胸部を意識したらイタリア人に近づけるそうです。
本には日本人は畳の音を吸う空間にいる事が多いから高音の傾向が強いのでは、と指摘しています。
という事で役者的には後者を選択し、胸部共鳴を頑張っていると少しずつ低音が出てきて響くようになってきました。

今まで渋滞していた車がスーっと高速道路を走り出した感じ。


音階の訓練だけならボイトレはいらないと思っていましたが、いい教室に出会えました。

役者としては木場勝己さん、歌手としては玉置浩二さんの響きを目指したいです。


自分はまだ磨けば光る原石だと信じたい。

2017年09月23日

作務衣でけた

作務衣出来ました!
IMG_20170923_071332.jpg

久々のお裁縫で腕を裏表逆に縫うアクシデントもありましたが…
IMG_20170918_130229.jpg
なんとか完成。
襟は前回はちゃんと縫い目が見えないように手縫いしましたが、「裁ほう上手」という手芸ボンドを塗ってざーっとアイロンかけてました。

秋はこれでのんびりとお散歩…したいとこですが、そうも言っていられず月末は他団体のワークショップオーディション、10月7日(14時、19時)は東京健康ランドさんで初ステージ、10月25日(13時)は永山健康ランドさんで二回目のステージ。
あとまだ決定してませんが、他にもワークショップに参加申し込みをしていたり…。
ボイトレも通いだして、バレエもレッスンチケットを買ったまんまですが、本腰を入れないとというところ。

残念ながら今年の民藝での出演はありませんが、実りの秋を過ごして来年に夢を繋げていきます。

歌もどんどん出来てます。
月一曲作るのがやっとの一年でしたが、この一週間で二曲出来て、他にも降りてくるから面倒なくらい。

ツイッターに1コーラスだけアップもしていきます。
先日玉置浩二さんの「メロディー」をアップしました。
「メロディー」歌唱ページへ
(PCで今ご覧の方は右横下に出ていると思います。)


ちょっと上手くなったと思いません??
ボイトレに通って音が掴みやすくなりました。

これからもあげていく予定なので、こちらもチェックお願いします!

2017年09月09日

健康ランド初出演して想う

近郊の健康ランドに売り込んだところ、二ヶ所でやらせて頂く事になり、今日は永山健康ランド 竹取の湯様で16時のステージを一時間担当してきました。

セットリスト
1.ひまわりの約束
2.はじめてのチュウ
3.津軽海峡・冬景色
4.へばな
5.大空と大地の中で
6.ワインレッドの心
7.メロディー
8.真赤な太陽
9.ヤーヤードー
10.教えて、ニュートン
11.ハナビラ

MCでその曲にちなんだお話をしてこれでピッタリ一時間。
水分補給は一回。
最近ボイトレを習いはじめて、水を飲まなくてもいいように練習していたけど、後半無理でした…。まだまだ修練が足りません。
セトリは若めでもどの世代にも対応するよう組みましたが、今後は落語家さんのように当日の反応を見ての入れ替えを出来るようになりたいです。

歌謡曲は演技力が問われると実感。
役者なのでそのようにやってはいたが、他と違う僕の持ち味はここだと再認識。
そしてそこに集中した方が舞台に居やすい。
やっぱり役者のようです。
招待券を頂いたので、プロの方はどんなステージをやっているのか観に行きたい。


今回もステージをやる事で役者部分で発見したこと、歌い手としての発見、出会い、CDも売れ、ささやかではあるが少し成長したと思っているのだが、新劇役者がやるべきではないのでしょうか?
皆さんはどう思われますか?

僕がライブをやる理由は…
劇団は個の集合体、魅力的な個に成長する為
芝居の集客につなげる為
アガリ症を克服する為
本番をやる緊張感を保つ為

芝居との共通点は…
芝居は相手役とのキャッチボールだが、ライブは歌詞を客席に伝えてのキャッチボール
発声する時の共鳴場所
人前のステージに立つという非日常の行為


僕は6月に2年振りに芝居の舞台に立ったが、ブランクなく稽古場にいられた気がした。
それは他劇団の芝居を観たり、演劇書を読んだりもしていたが、ライブをやっていたからだと思う。


芝居だけやった方がいい役者になれるのでしょうか?
芝居だけやってチケットが売れるのでしょうか?
役者仲間ばっかりの客席でいいんでしょうか?


皆さんはどう思われますか?

2017年09月01日

7月の新曲と健康ランド告知

今日から9月。
東京はちょっと涼しくなり、秋の予感です。
Mステは残念ながら、最終選考には残れませんでした。。。
投票して頂いた皆様、ありがとうございました。

そんなこんなで色々ご報告が遅れてました。
その1
7月の新曲
「フォークダンスは僕に」

高校時代の文化祭を懐かしく思い出しながら、ジャズナンバーを書きました。
これで1年近く毎月新曲を書いた事になります。
実はテーマを出していたオーディションがあったので、腕試しに毎月書いていたのですが、そのオーディションが無くなったので、気力なく8月はなし。1コーラス書いたものはありますが、バタバタしてて完成させませんでした。。。

その2
売り込み活動が実を結び、9月から健康ランドのステージで歌います!!
9月9日(土)16:00〜(約60分)
永山健康ランド 竹取の湯

10月7日(土)14:00〜、19:00〜(各50分)
東京健康ランド まねきの湯

2社様ともご褒美に入浴が含まれてます♪


新たなチャレンジです。


どのステージでもですが、劇団、そして僕を知るきっかけになればと思っています。


未来は明るいと信じたい。
その為に僕はやり続けます。

2017年07月28日

Mステのオーディション応募したら・・・。

暑中お見舞い申し上げます!!

先日、締切ギリギリに知って、動画撮影しましたが、テレビ朝日「ミュージックステーション」に出演オーディションに応募したら一次審査通過いたしました!!
下記のページに進んで投票お願いします!!
Mステ オーディションページ

1日一回、お持ちの端末分出来ます。毎日出来ます。
カジノを応援する時がやってきました!

僕をMステに連れてってください!

宜しくお願いします!!

2017年07月11日

7.8,9よみうりランドの収穫

先週の土日はよみうりランドさんで頑張りました♪
7.8よみうりランド プールWAI
波のプールステージ
11:00~,14:00~
セットリスト
1.真赤な太陽
2.銀河鉄道999
3.きらら座
4.はじめてのチュウ
5.ハナビラ

2年くらい前にもオファーを受けたプールの前の巨大ステージ。目の前には何百万人もプールにいて、その向こうも合わせると大変な数になる。
二回目のステージでは呼び掛けもうまくいって、ラストには「盛り上がってるかい?」的な事をやって一緒に騒いだり。
プールで遊んでる向こうのテンションはハンパなく、そこに乗っかる事が出来ました。
3.のオリジナルは初出し。いい感触だったような気がする。
IMG_20170708_102127.jpgIMG_20170708_105049.jpg
プールではsousouの浴衣スタイルで汗だくになって頑張りました。

7.9 太陽の広場ステージ
13:00~,16:00~
1.真赤な太陽
2.銀河鉄道999
3.きらら座
4.ハナビラ

RC-300という巨大なルーパー(音をその場で録音して重ねて演奏する装置)を初出し。
炎天下のなか、機材は大丈夫なのか、そもそもうまくいくのか、不安はいっぱいだったけど新しい相棒とやっていく覚悟の方が勝りました。
ルーパーを使ったのは1.と3.。
3.はYouTubeでもアップしているが、これに近い形で曲の途中でも音を重ねるエド・シーラン的な技法を使った難しい曲。
自宅でも何度も練習を重ねてまずまずのパフォーマンスをする事が出来た。
しかし、僕が思っているほど客席は面白く思っているのか疑問が残った。
機材面ではPAさんのアドバイスを受けて出力を変えたり、どう使うべきか学ぶ事が出来た。
後輩女優に「夏歌と言えば何?TUBE?」って聞いたら「TUBEって何ですか?サザンじゃないですか?」と帰ってきたのに、このセトリでよかったのか?という反省をしながらのライブでした。
IMG_20170709_150158.jpg
上下手作りの衣装で頑張りました。

最近、自分にとっての歌が見えてきました。
それはどうやったって僕は歌謡曲世代であるということ。
色んなジャンルの音楽、歌は好きでどれも否定しないけれど、自分が歌うべき歌は歌謡曲の要素がある歌らしい。
オリジナルも歌謡曲が作れたらいいのかな。
それを歌うにはやはり役者の心が必要になる。

まだまだ伸びしろは残ってます。

2017年07月01日

6月新曲「やがて風になろう」

6月も三日しかありませんでしたが、なんとか脱曲出来ました。

「未来」をテーマに作り始めましたが、当たり前ですが自分にとっての未来と他人は違う。
近くで後輩が退団する過程を見ていたのに影響されて、叶わない夢の方が多いことに気付かされました。

僕も叶っていませんが、まだやめていませんので夢の途中です。

やめる勇気がない、
気付くのが怖いだけなのかもしれない。

その点、元後輩の方が偉いのかもしれません。


いつか全部自分の曲でミュージカルが出来たらという野望があります。
その終盤、夢やぶれた主人公が歌い始める・・・。

そんなイメージでお聴きください。

2017年06月28日

「熊楠の家」公演終了して想う

「熊楠の家」12ステージを終えて、無事千秋楽の幕が降りました。
ご来場頂いた皆様、遠くから応援して頂いた皆様、ありがとうございました!!
2年振りの民藝公演で2役もやらせて頂き、大変実りある毎日でした。
この2年の間に外部出演やライブなどを経験している僕にとって、その経験値が役立つ事もありましたが、全く歯が立たず「どうやればいいんだ!?」と少しノイローゼ気味になり、食事も喉を通らない日々もありました。
しかしやはり劇団は温かくて助言を言ってくださる先輩、助けてくれる後輩、最後までダメ出しを下さった演出家のお陰で公演は好評を得る事が出来ました。

今回、僕は後輩の面倒を見る事になり、そこでも勉強になることは多かったです。
何も勉強していなかった彼に色々演技論を伝えましたが、それは自分にも足りない部分だったからです。

芝居は難しい。劇団も難しい。
先輩に教わった分、自分も後輩に教えないといけませんが、響いているかどうかは疑問です。

僕も相当生意気でしたから、大目に見ないといけませんが…。

稽古場でスマホをずっと見ていたり、ゲームをしたり、稽古に逃げ腰の彼を見て内心退団するだろうと思っていたら、稽古前から周囲に公演後退団すると言っていたそうです。
公演後も挨拶はなく、非常に残念な結果になりました。


集客は目標には届きませんでしたが、嬉しい誤算がありました。
お客様がお客様を紹介してくださったり、ツイッターで1枚、Instagramで1枚売れました。
特にInstagramではマイブーム中の着物やsousouの服を着る事で知り合った方が来て下さったのでとても嬉しかったです。
これからも一般のお客様を増やす努力を続けていきます。

その為にもライブは僕の大事なライフワークです。
休みなく今月の新曲をなんとか書き下ろして来月はまたオファーを頂き、よみうりランドさんのライブステージに立たせて頂きます。

よみうりランド ライブステージ日程
7月8日11:00〜11:25 / 14:00〜14:25(プールWAI 波のプールステージ)
9日13:00〜13:20 / 16:00〜16:20(太陽の広場ステージ)
22日11:00〜11:50 / 15:00〜15:20(太陽の広場ステージ)
※各日観覧無料ですが、8日は巨大なプールの前です。水着にお着替えてください♪

さぁ皆さん、夏がやって来ますよ!!

これからも応援の程、宜しくお願い申し上げます!
IMG_20170620_132519.jpg
床屋 久米吉
IMG_20170620_152904.jpg
町の有力者 大内
FB_IMG_1498618376350.jpg

2017年06月02日

女うた、つくりました。

6月公演の稽古も佳境に入っていますが、5月の課題曲が完成しました。
メロディーは稽古前に作っておいたもので、歌詞はこの2週間で少しずつ書き、アレンジ、録音を二日間で仕上げました。
アレンジは色々入れたいところでしたが、芝居に影響するのでシンプルに仕上げました。
背景画像にフリー画像を提供するサイトで見つけたAltさんの画像を選び差し込んでみました。
いつもと違う雰囲気になったかと思ってます。
是非お聴きください!!

↓ニコニコ動画ユーザーの方はこちらで↓



そして勿論、お芝居も宜しくお願いいたします!!
【公演情報】
劇団民藝公演「熊楠の家」
作=小幡欣治 演出=丹野郁弓
2017年6月15日(木)〜26日(月)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2017kumagusunoie/
ご予約の際は「梶野扱い」とお伝えください♪
プロフィール
さんの画像

こちらに引っ越してきました。 よろしくお願いします。
プロフィール
☆Information
メール会員募集開始!
「カジのメルとも会」募集ページ」
ON AIR中
毎週日曜日 朝6:15〜6:30
青森テレビ
「いきいき健やかTV」
朝8:00〜8:30
エフエム青森
「あおもり健やかナビ〜いきいき健やか〜」
テーマソング提供:KAJIN

・CD告知サイト
・梶野 稔 side my voice

・ボーカルユニット KAJIN

・ 劇団民藝