ファン
<< 2016年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年01月08日

★指導者6★



「有能な指導者になりえない人6」

手柄を自分のものにしたがる


ある仕事がうまくいったときは、

その担当者の功績とするべきなのです。


それを

自分の手柄にしてしまうような指導者は

指導者として失格であり、

しかも

そういう人に限って、自分の落ち度を部下の責任に
してしまいがちです。

責任を自分に求める考え方、

つまり、自責思考は

成功する人が共通して持つべき心構えなのです。

つづく・・・
【このカテゴリーの最新記事】

2016年01月07日

★指導者5★



「有能な指導者になりえない人5」

部下との競争を恐れている


競争への恐れから、部下の成長に協力しない
指導者は

次のことを理解していないのです。


それは


他人の成長に力を貸す者が最も大きく成長する

という事実です。

実際に

一人の人間が成功するかどうかは

部下たちの数と能力によって決まります。

ところが

競争を恐れるあまり、司令官が部下の育成に
真剣でない場合、


そのチームはどうして戦う体制を整えることなど
できるのしょう。


つづく・・・

2016年01月06日

★指導者4★



「有能な指導者になりえない人4」

誠実ではない


原因・結果の法則により、不誠実さは
必ず失敗につながります。

指導者の場合、仕事および私生活において

その人の行うすべての行為が、この法則の支配を
受けているのです。

指導者が私生活で不誠実であれば

その結果は必ず仕事に現れてくる とみて
差し支えありません。


つづく・・

2016年01月05日

★指導者3★


「有能な指導者になりえない人3」

想像力を働かさない


想像力を働かさない指導者は

何も創り出すことはできません。


成長しなければならない組織や部下の中に

独創的な想像力を育むこともできないのです。


つづく・・・

2016年01月04日

★指導者2★



「有能な指導者になりえない人2」

部下との競争を恐れている


競争への恐れから、部下の成長に協力しない
指導者は

次のことを理解していないのです。


それは


他人の成長に力を貸す者が最も大きく成長する

という事実です。

実際に

一人の人間が成功するかどうかは

部下たちの数と能力によって決まります。

ところが

競争を恐れるあまり、司令官が部下の育成に
真剣でない場合、


そのチームはどうして戦う体制を整えることなど
できるのしょう。


つづく・・・

2016年01月03日

★指導者1★


「有能な指導者になりえない人1」

誠実ではない


原因・結果の法則により、不誠実さは
必ず失敗につながります。

指導者の場合、仕事および私生活において

その人の行うすべての行為が、この法則の支配を
受けているのです。

指導者が私生活で不誠実であれば

その結果は必ず仕事に現れてくる とみて
差し支えありません。


つづく・・

2016年01月02日

★潜在能力10 ★


「成功のメカニズム6」


それと同じ事がおとなにも起こるのです。

私たちは何度かの成功や失敗を繰り返し
他人の成功や失敗を本で読んだり、人から聞いたり
あるいは見たりします。


もし、私たちが失敗ばかり読んだり、聞いたり
実際に経験したりすれば、

私たちの頭の中にはそれだけが記憶されます。


私たちの人生の最終目標を決定するのは・・・


積極的であれ、消極的であれ、

考えの量によって決まるのです。


意識は私たちが眠っている間は扉を閉ざしますが
潜在意識は決して眠らない  ということを
理解しておくべきなのです。

つづく・・・

2016年01月01日

★潜在能力 9★



「成功のメカニズム5」


私たちが頭の中に絶えず抱いている考えや
イメージは、いかなるものであれ現実となる
のです。

これまで目標を明確に思い描く重要性を強調して
きましたが、これは意識を通して繰り返すことに
より、潜在意識の行動パターンをも返ることが
できるのです。


私たちは目を覚ましている間は、五感を通じて絶えず
外からの情報を受け取っています。


この働きは、子供が熱いものとつめたいもの
の違いを初めて経験するときを例にとってみると
よくわかります。

子供は熱いストーブに触ってしまうことが一度や二度は
あるでしょう。

しかし

ストーブは熱いのだ ということを考える必要はなくなります。

ストーブを一目見れば、以前に記憶された経験から潜在意識が
「熱い」というメッセージを意識に向かって発するからなの
です。

その結果、その子供は自分がなぜそうしているのかを意識せずに
ストーブから離れるようになります。

つづく・・・

2015年12月31日

★潜在能力 8★



「成功のメカニズム4」

第4に、成功のメカニズムの働きに
任せること。

コンピューターと同じく、成功のメカニズムも
問題を解くように作られています。

しかし

問題の解決策を探すことと、その能力を疑うこととを
同時に行うことはできません。

成功したいという欲望があれば、成功のメカニズムが
正しい方法で答えを出してくれる 

ということを固く信じることが大切です。

表向きは意識が行ったように見える最終決定も、実は
過去の記憶、不安、先入観、知識などに基づいて
潜在意識がもたらしたものなのです。


潜在意識は、私たちの体の機能を働かせる以外に
反復の結果、習慣となったものも記憶します。


あなたは慣れた仕事をしていて、気が付いたら仕事が
終わっていた という経験があるでしょう。


私たちの意識と潜在意識の相互活用を理解したら、
今後はいかに頭を使えば目標を達成できるかを
考えてみましょう。


つづく・・・・

2015年12月30日

★潜在能力 7★



「成功のメカニズム3」

第3に、一時的な失敗や間違いを恐れては
いけません。
目標の良し悪しにかかわらず、私たちの中にある
メカニズムは、成功へ導くように働いてくれる
のです。

自分がコースから外れていることに気づいても
思い悩んだりせずに、元のコースに戻ればよい
のです。


つづく・・・

検索
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
引き寄せの法則 ブログランキングへ日記・ブログランキング
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
さんの画像

開運関連のことに昔から興味があり、書物やグッズなどの研究を重ねています。しかし、心の持ちようがあってのこと、物心両面に豊かになることを心から願っております。
ブログ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。