広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年10月28日

ようやく手術から1か月・・・そろそろお酒解禁しようかしら

先月の盲腸手術からようやく1か月経ちました。

意思からはスポーツやお酒は1か月経ってからと言われていたので、

そろそろいい時期かもしれない。

でも、ここまでお酒って飲んでないと、

久々に飲むと絶対酔いが早いですよね。

なんとなく、怖い気もしちゃいますが、飲みたくなったら飲むつもりです。

ちなみに術後の状態ですが、

最初は痛みがずっとあった感じがありましたが、

今は1日に数回痛いのかなって感じるところです。

よく「古傷が痛む」みたいな言葉がありますが、まさにそんな感じなんでしょうか。

傷口はまだ抜糸のあとははっきり残っています。

傷跡を見ると痛々しくは思いますが。

体的にも違和感はありますね。

この年になると、本当にいろいろ注意しなくてはとつくづく感じますね。

2週間前から風邪まで引いてしまい、

ようやく治ってきました。

ちなみに風邪をひいたときはビタミンCがいいと言われてます。

名糖 VC1500レモン 4P

価格:108円
(2017/10/28 11:42時点)
感想(1件)



自分はこのVC1500ってやつをネットで爆買いしました。

ちなみにこれ、1杯でなんと1500mgのビタミンCを取れます。

コンビニで売ってるCC1000より多いんですよね。

値段も考えると、自分的にはビタミンCの最強ドリンクだと思います。

風邪の引き始めくらいにビタミンCを飲むと、風邪がひどくならないんですよね。

風邪を引きやすい自分としてはけっこう痛感する次第です。

ということで、風邪も治ってきたので、そろそろ思い切り遊びたい・・・

2017年10月20日

立憲民主党の政策が矛盾してないか?!

今週は選挙ですね。

ということで、選挙にまつわる話です。

駅前で今日、パンフレットを配っていたので受け取りました。

立憲民主党の政策のものだったのですが、

読んでみると・・・

「賃金を底上げします」と書かれてます。

さて、賃金の底上げですが、その財源てなんですか??

スタッフに聞いてみると、「企業努力」のようなことを言ってました。

結局は企業にやってもらうということですね。

これのどこが政策なのですかね。

その点、教育無償化などを掲げてます。

教育などの賃金を底上げして、教育を無償化?

結局、財源は税金になるってことですよね?!

でも消費税10%は引き上げないとか言うわけですね。

はい・・・実現できません(笑)

まず、賃金の底上げですが、共産党なんかは最低賃金を1000円にとか書いてますが、

私は店舗で店長やっていた時に、県の平均時給が上がるとかなりきつかったんですよね。

それこそ出来ない従業員も自動的に時給が上がることすらありますからね。

企業努力というが、企業の儲け分を賃金底上げにと党のスタッフは言ってましたが、

基本的に企業の利益は株主などに分配されるべきですし、

人件費にはおおよその割合てものがあります。

FL比率っていうものがあります。

ただ、人件費を上げては企業は成り立たないですよ。

それこそ、安いものを売ってくれてるお店ほど厳しくなります。

そうなると、値上げせざるを得ません。

結局、賃金が上がったところで、物価が上昇せざるを得ないので、

たいして変わらないのではないですかね。

それこそ、値段が高くなったものに手を出さなくなるので、

経済すら成長できませんね。

日本共産党が大企業への負担を増やすなどと政策しているが、

大企業の負担が増えることは経済力がなくなるということに繋がるのではないでしょうかね。

現在、日経平均が連騰しています。

大企業の負担が増え、利益が減り、業績がよくなくなるということは、

株価も暴落し、経済悪化を招く恐れがあるようにも思います。

経済が成長しない限りは「日本」という国は厳しい立場となっていくのではないですかね。

この政策で「経済」に触れてるのって自民党と希望の党だけなんですよね。

でも「希望の党」てアベノミクスに乗ってるだけですし。

結局、どこの政策もいいように書いていますが、

何をどうしてそれを実現できるのかというところがグレーすぎるんですよね。

賃金をただ増やしたら、企業は赤字になるかもしれませんし、

それこそ、社員の将来を保証させられません。

企業努力が何を生むのか・・・

それは「過労」「ストレス」「ブラック企業」「違法残業」などですよ・・・



posted by kaitenzushi at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年10月13日

副業が当たり前の時代がすぐそこに・・・

副業してる人ってどのくらいいますかね?

意外と多いと思います。

副業を認めていない会社も多々あるようですが、

今後これは緩和されていくと思われます。

なぜかというと、収入が減るからです。

減るというのは基本的には残業代などが減るということです。

ブラック企業がすぐに話題になり炎上している昨今。

働き方改革はどんどん進んでます。

休日を増やす動きも多いです。

ということは収入は増えないということになります。

では、どうしたらいいだろうか?!

「副業」と一言で言いましたけど、

2社で働くというのは体力的にもきついものとなります。

つまり、基本的に副業というのはインターネットを利用したものとなります。

これは現在でもやっている方が多いでしょう。

多いから、インターネットビジネスなどが拡大しているのです。

基本的に副業としてのネットビジネスをやっている方が多いということでしょう。

例えば、サイト構築からブログ、メルマガなどなど。

ドメイン取るならお名前.com


またメルカリやヤフオクを使っての転売などで稼いでる方もいるでしょう。

話題のYoutuberとなって稼いでる方もいるでしょうね。

ビットコインなどの仮想通貨やFX、株式投資などで稼いでる方もいるでしょう。



そう、こういったのが副業となります。

これなら本業の仕事をしつつも、自宅に帰ってからや通勤時などで稼ぐことが出来てしまいます。

こういった副業の仕方は今後も増えていき、数年後には当たり前になっているでしょうね。

特に後者である、「投資」がどんどん増えていくでしょうね。

それが現在の日経平均の高値にも繋がってきます。

サイトやブログ、youtubeなどはもう飽和状態です。



新しく始めたところで、なかなか稼げるものでもありません。

しかし、マネーゲームには飽和がありません。

仮想通貨取引するなら【QUOINEX】


むしろ、人が増えれば活発になっていくばかりです。

まだ何もしてない方は何か始めたほうがいいかもしれませんね。

こうしているうちに、置いてかれる可能性すらありますからね。

いまだに、朝から晩までブラックな仕事をしているような方は今一度見つめ直したほうがいいかもしれません。
ただ、投資などには元本が必要なので、貯金のない方はまずは貯金を作ったほうがいいでしょうね。

昔、バブルと言われた時期がありましたが、

それって、その当時の人たちはバブルとは思ってなかったんですよね。

そして、何もしてない人ってのは全く縁もなかったり、感じなかったんですよね。

不動産など投資した人はぼろ儲けみたいなね。



ということは、今どうしたらよいのだろうか・・・となりますよね。



posted by kaitenzushi at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

日経平均が20年ぶりの高値。景気はいいのか?

今回は経済指標の話です。

日経平均株価が本日、なんと21000円を超えてきましたね。

これは20年ぶりの高値となりました。

ちなみに、私は株式投資してますので、気にしているんですよね^^;

それでは果たして景気はいいのでしょうか?

ほとんどの方が景気がいい実感はないのではとも思います。

私は株価が上がってくれると、景気がよくなるのですがね。

企業の業績を見ると、業績好調な企業とそうでない企業はどんどん二極化していくように思えます。

先日、決算発表したユニクロやセブンイレブンなんかは好調ですよね。

しかし、そのライバルとなるしまむらやファミマなどは悪かったですよね。

例えば、自分の経験していた回転寿司業界も一緒です。

スシローのもはや一人勝ちになる勢いですね。

くら寿司やはま寿司なんかもそこそこ良いですが、かっぱ寿司なんかは悪いですよね。

企業が業績が上がっているということは、それが賃金に返ってきます。

また、株式上場企業であれば、それは投資家にも還元されますよね。

労働者の賃金が増えれば、消費も上がります。

消費が上がれば、企業は業績が上がります。

そのサイクルがうまくいっていれば、好景気に繋がります。

現在は数年前よりはこのサイクルがよくなってると思います。

しかし、消費者の懐は緩くなっているわけではないんですよね。

今でも節約志向は変わっていないと思います。

ただ、物価がそこまで上がっていないんですよね。

むしろ今までよりも安くなったものって多いですよね。

そこには何があるのか・・・・

それは「プライベートブランド」です。

独自ブランドで製造し、流通経路などを削減し、価格を抑えることができます。

セブンイレブンなんてけっこう多いですよね。

例えば、「発泡酒」を買うとしても、

通常の発泡酒は150円程度しますが、「BREW」とかいうPB(プライベートブランド)だと

100円程度で買えてしまいます。

安く買いたい人はPBを買いますよね。

拘りなどが強い人はメーカー品を買うでしょう。

そうなることで今までは「ちょっと高いから買わない」っていう層を

取り込んでしまうことができます。

つまり、総合的には選択肢が増えるので、消費が拡大するのでしょう。

ただ、賃金に関してはそうは増えていかないところでしょうね。

残業などが最近は厳しくなってきているので、

残業代で稼いでいた方は給料が減る方も多くなってくるでしょう。

数年後には「副業」は当たり前になるでしょうね。

企業としては残業を減らすためには、雇用を増やす必要も出てきます。

そうすると、会社負担は増えますので、1人当たりの賃金をそこまでは増やせないことになるでしょう。

景気を体感したい方は株でもやったほうがいいと思います・・・








posted by kaitenzushi at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年10月11日

壊れたものを直せない会社は終わってる・・・

飲食業界で働いた方のあるあるです。

例えば、お店のエアコンが壊れてしまいました。

しかし、店長などが「我慢しろ」などと修理を拒むことがあります。

これは私も店長経験あるのでわかりますが、修理費用が高いので少しでも利益を出したいんですよね。

お店で使っている備品や物品すべてになりますが、

壊れたら直してもらいたいのは当然ですよね。

もちろん、大事に使うことは当たり前です。

しかし、冷蔵庫など家電などには劣化、寿命は当然あります。

長い店舗ほど壊れていくものがたくさんあります。

こういった事例で、「直せない」というのが本当に多いんですよね。

これって、下手したら、お店の営業に本当に関わるものであったりします。

というのは「売上」はもちろんのこと、「人件費」にも繋がります。

物を直すことによって、導線が早くなったり、手際がよくなり効率的な仕事ができることも多々あります。

また、エアコンが壊れていると、夏なんかは暑いので汗をかきながら仕事することになります。

それって不衛生ですよね。

これはスタッフそのものの不満にも繋がります。

不満が増えれば、退職に繋がります。

結局、人手不足を引き起こす可能性すらあるんですよね。

そもそも、壊れたものを直せないほど利益の出ない営業なんて辞めたほうがいいと思います。

そんな利益の出ないような商売をやる意味はないですからね。

ということで、働いている方は、お店の壊れたものは直してもらったほうがいいですよ。

直せないのであれば、その店はけっこうな危機でしょう。

だとしたら、そこで働き続けることはもったいないかもしれませんね。

そういうところほど時給とか低く抑えて、上がることありませんからね。

利益が出てないのだから当然ですよね。

飲食業界で人手不足がよく言われているが、

儲かってるようなところには人は集まってるのではないでしょうかね。

というか飲食事態が利益率が低いほうなんですよね・・・

今後もこれは二極化していくような気もしますね。


posted by kaitenzushi at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

仕事だけで1日が終わるのって・・・

私が以前の会社に入社したのはもう15年くらい前のことでした。

新入社員ってやつですよね。

その時はまだ若かったので体力もけっこうありました。

しかし、仕事の日ってのは朝から晩まで仕事してたんですよね。

それが当たり前なのかなと思ってました。

でも、世の中にはアフター5などを満喫している人もいる。

不思議ですよね。

残業すれば残業代は貰える立場でしたが。

1日のサイクルとしては、

朝起きたら仕事へ行く。仕事終わって帰ってくるのが0時くらい。

飯食べて寝る。また翌日朝仕事に行く。

この連続でしたね。ちょっと仕事が遅い時は寝る時間が増えるだけで、

結局、「食べる」「寝る」以外のことってできないんですよね。

そして、店長になっても、そういう時期はありました。

店長の場合はもっと悲惨で、残業代というのがないんですよね。

最後の店舗なんかは朝起きて仕事に行く、帰ってくるのは深夜2時くらい。

土日以外は朝は少し遅く10時くらいでしたが、それでも寝る時間が多少増えるだけ。

疲れて帰って寝るのは3時前くらい。

また9時くらいに起きる。

結局、趣味に費やしたりする時間は休みの日だけ。

こういった生活してる人ってけっこう多いんじゃないでしょうか。

まぁ、このようなブログを見たりする余裕すらないかもしれませんね。

はっきり言って何のために仕事してるんだろう、何のために生きてるんだろうって思ってきます。

本来であれば「家族のため」というのもあるだろう。

しかし、可愛い子供も休みの日以外は会話もなく寝顔しか見ることができない。

そんな生活に嫌気がして、転職を決意しましたね。

それこそ働き方改革ってやつですよね。

せっかくの1度きりの人生はある程度は楽しんで働いていかないといけませんよね。

posted by kaitenzushi at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年10月08日

大手回転寿司の時間帯売り上げ・・・

回転寿司業界の時間帯売り上げをぶっちゃけます。

もちろん席数などの規模によりますが、

私が働いていた150席程度の店の感じだと、

だいたい1時間に満席で10万くらいですね。

昔は15万ほど売れることがありましたが、

最近はゆったりする方も増えたせいか回転率が落ちてきました。

客単価が高く取れるお店になると12万くらいはぶれます。

また、テイクアウトがある場合はそれが足されますね。

土日の流れだとだいたい15時で30万くらい。

1日で100万くらいが一般的な売り上げでした。

ちなみに平日だと、15時で12万くらいですね。

上りが40万前後が平均的なお店となります。

もちろんもっと繁盛している店になるともう少し高いですね。

でもこの数字ってけっこう普通の外食店からしたら、

高いと思われるようなんですよね。

もちろんラーメン屋などになると規模が違いますが。

平日の外食で40万売るっていうジャンルは少ないみたいですね。

しかし、薄利多売なだけに損益分岐点もシビアで、

平日で30万売れないと厳しくなります。

土日も70万を切ってくるようになると、もう閉店店舗の対象となってきちゃうんですよね。

客数を伸ばすというのは簡単ではないので、

客単価を伸ばす、テイクアウトを増やすなどをして各店、

時間帯売り上げを上げて売り上げを増やそうとするのですね。

でも、ある程度好きなものを食べて1000円前後でお腹いっぱいになれる回転寿司は

庶民の味方とは言えますよね。

ファミレスなどだと1つのメニューで1000円前後したりしますからね。

この業界が伸びているのもわかる気はします。

ただ、年々競争が激しくなっているだけに労働者としては厳しいということですね。

posted by kaitenzushi at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

労働人口の2/3は平日休みという現実・・・

って知ってますか?

これよく私が慕ってた上司が言っていたんですよね。

日本の労働人口の2/3は平日休みなんですよね。

土日休みってのは1/3程度らしいです。

これって一見、意外だ、そんなはずないだろって思う方もいると思います。

しかし、よく考えてください。

土日どこかに遊びに、食べに行ったら誰かしら働いていますよね?!

働いている人がいるからこそ、遊んだり食べたりできるんですよね。

要するにサービス業かそうでないかというのが大きなくくりになります。

土日休みの人ってのは公共事業や銀行、証券会社など金融関連、店舗外勤務の商業、工場なんかですよね。

一方の土日は仕事だっていう人は店舗を持って営業しているもの全般。

外食、スーパーなどの飲食からアパレル、行楽施設などが多いかな。

もちろんスポーツ選手やスポーツ関連の仕事なんかも土日は働いてますよね。

あとは不動産事業など住宅関連なんかも。

結局、土日休みの人に合わせて働いているということでしょう。

ではなぜ、土日休みの人が1/3なのにそれに合わせる必要があるのか?

そう、それはこれって労働人口なんですよね。

つまり、「学生」が抜けてるんです。

学生や幼児なんかも基本的に土日は休みとなります。

そしてそれは「家族」としてそこに合わせる必要が生じるんですね。

結局、働いてる側もそこに合わせます。

だから、いくら平日休みが2/3いようとも土日ってのは混むということですね。

また平日休みというのは月曜から金曜までにシフトで分散されるので、

2/3いても、1日あたりは土日以下になってしまうのですね。






posted by kaitenzushi at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

土日の外食は混みすぎ!やっぱり平日がいいね

最近、土日が休みになることがしばしばあるんですよね。

回転寿司で店長をやってる頃なんて、土日は基本仕事でした。

仕事ばかりしてると、土日の世間の流れとかほんとわからなくなるんですよね。

いざ、休みが土曜や日曜になると、どこか出かけて思う事は一つ。

こんなに人がいるものなのか!

ということだ。

ちなみに回転寿司なんかでも土日は忙しくて、

私が働いていたところでも、待ちが30組とかよくありました。

しかし、いざ自分が待つ側になると、こんなに待てるかと思ってしまうくらいですね。

働いていた時も「よくまぁ、こんな待つなぁ」なんて思ってましたが。

同じものが提供されるのであれば、

土日に外食するより平日に外食したほうがお得ですよね。

また平日だけの料金設定やメニュー設定があるところもけっこう多いですからね。

逆に土日だけしかないってのもありますけど。

私は待つのが苦手なのでスムーズに入れる平日が好きですね。

今日もお休みでお出かけしたのですが、

ファミレスってけっこう混んでるものなんですね。

あのガストや夢庵だとかファミレスがピーク時には溢れるばかりに人が入っているんだなぁと感じました。

特に都心で働いてるとお店が多いだけに、土日でも待つということが少ないように感じるんですよね。

待つくらいなら別のところに行こうというふうになりますからね。

しかし、郊外に行くと、近くに数店舗もあるわけではないので、

待つという選択肢になってしまうんだなと。

平日に行けば、待たずにゆったりと時間どうりに食べれるものが、

土日だとなんか窮屈だなぁと感じてしまいます。

休みを分散させるような働き方改革は経済効果的にはいいかもしれませんね。

土日で食べたくても食べることのできない人ってけっこういると思われますからね。

そういう人たちが平日に消費してくれれば、まだまだ日本の消費は上がりますからね。

でもまぁ、気分的には土日のほうが乗るんでしょうね^^;
posted by kaitenzushi at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年10月03日

メバチマグロが高騰・・・100円でマグロが食べられなくなるか

直近のニュースでメバチマグロが高騰しているということが話題となっている。

メバチマグロは通常の回転寿司などで「まぐろ」として出されているものだ。

値段が安かったので、庶民には人気なのだが、

これが高騰してなんとミナミマグロと同等の価格になっているというのだ。

さらには本まぐろにも近づく勢いになっている。

こうなってくると、100円の回転寿司ではマグロを100円で出すのは厳しくなってきますね。

これでも100円で出すのならば、マグロを食べまくったほうが高コスパということですね。

仮にこれでメバチマグロの価格を値上げするようであれば、

ミナミマグロや本マグロを食べたほうが絶対的にお買い得ですよね。

わざわざ赤身の中でもランクの低いメバチマグロを食べる必要がなくなりますね。

これで回転寿司業界はだいぶ大きなダメージを負いますが、

果たして、どうしていくのですかね。

マグロを出さないわけにはいきませんが。

100円でマグロ出すのを辞めて、200円皿などにするのが一番の手ではあると思いますが。

実質値上げとなりますが、原料高騰はしょうがないですからね。
posted by kaitenzushi at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
ファン
検索
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。